漢検1級模擬試験倉庫

続・昭和5年の新語・流行語

前回の記事の続きです。
私が面白いと思った言葉や説明文を一挙にご紹介します。

ご興味のある方は、「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

昭和5年の新語・流行語

「捨て嘴を突く」や「鼻中の白毛は閻王の使い」といった難しい故事諺問題…。
ふと気になって、「国立国会図書館デジタルコレクション」にある古い故事・諺辞典のいくつかで調べてみましたが、見つからないですね…。
Google書籍検索で調べると、比較的新しい辞典に掲載されているようですが、いつ頃、どの程度使用されていたものなのでしょうか…(-ω-;)ウーン



とまあ、それはさておき、本題です。
色々と調べているうちに、気になるものを見つけました。
昭和5年(1930年)に出版された「現代語新辞典」
中身はいくつかの編に分かれていますが、第一編は「新語・流行語」でした。

約90年前の辞典にある「新語・流行語」…気になりませんか?^^;
実は、どんなものか気になって見始めたのですが、夢中になってしまい第一編を一気に一通り見てしまいました(苦笑)

折角なので、面白かったものをいくつかご紹介させていただきます。
とりあえず、書籍のリンクはコチラです。

長いので折りたたみます。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

大見出し語表+αから 語選択問題その8

語選択問題です。

1.物事がひとところに集中すること。
2.死んだ母。
3.土地がけわしく狭いこと。
4.死者を、地中にほうむりおさめること。
5.書画や詩文などが、力強く勢いのあること。

語群:[けんあい、こうけつ、せんぴ、そうこ、
 ふくそう、ゆうこん、らくえき、れんそう]

6.無実の罪。ぬれぎぬ。
7.風などの自然に鳴る音。
8.切り傷のあと。
9.いしぶみ。
10.葬儀を助けるためにおくる財物。香奠。

語群:[えんおう、おうろう、かくれい、ぞうふ、
 そくしゅう、てんらい、はんそう、ひけつ]

<ヒントの表示>


答えはコチラ↓

続きを読む

29-1合否結果サービス

29-1本試験の合否結果サービスが始まっているようですね。
受検された皆さん、もうチェックはされたでしょうか…?

結果が分かった方にコメントを入れようかと思ったのですが、本来合格する実力のある方が不合格だったり、本来合否を気にしなくても良い実力の方が「なんとか受かった」というようにおっしゃっていたりして、言葉の選び方に迷ってしまいますね…。
結局、記事の方に逃げて、一般論として書くことにしました…^^;

まずは、合格された皆さん、おめでとうございます。
難化しても合格できたというのは、今後の自信に繋がったことと思います。

そして、残念ながら不合格だった方も、少なくとも「(前回の点数)-10点」以上の点であれば、実力は伸びていると思います。
点数や合否は、実力をある側面から切り取ったものに過ぎません。
従ってそちらは過度に気にせず、"本質的"な実力を伸びを感じていただければと思います。

次回に向けて、既にコツコツと努力されている方も多いと思います。
私も少しでもお役に立てるよう努力してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします<(_ _)>

訓熟語読み問題 その1

今週から何回かに亘って、訓読みの問題を出題します。
このシリーズで出題するのは、「青虫(あおむし)」「寒空(さむぞら)」のような訓読みからなる熟語です。
1級漢字を含む漢検辞典の大見出しから出題しています。
熟語のみの出題で、前後の文章はありませんのでご注意ください。

1つの記事で、45問前後出題します。
連濁するものが多くて少し厄介ですが、その辺りはあまり深追いしなくても良いと思います。

「◇」をクリックすると解答が表示されます。
また、記事の最後にも読みを全て並べております。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む
前のページ 次のページ

FC2Ad