漢検1級模擬試験倉庫

意味以外の手がかり

二週間ごとに書いている個人的な計画の記事ですが、先週は試験日と重なったため、三週ぶりの計画記事です。

その前に、今後のお知らせです。

①「大見出し語表からの問題」シリーズのリニューアル記事を2週間後の11/5(月)から再開します。
それに伴い、10/24(水)頃に「その23」~「その26」の記事の公開を一時中止させていただきます。
現在記事の問題に挑戦されている方には申し訳ございませんが、予めお含みおきください。
(PDFはこれまで通りダウンロード可能です。)

②これまでは試験1ヶ月半前頃から「分野別対策」シリーズを開始していましたが、今季からは取りやめることにしました。
とりあえず今季はおおまかに以下のような予定を考えています。

~試験4週前:月水金のリニューアル記事(ただし、年末年始はお休みさせていただきます。)
試験4週前からの3週間:スーパー類義語問題や文章題書き取り問題などの記事
試験1週前からの1週間:直前模試

特に、試験4週前からの平日は毎日何らかの記事は出したいと思っています。

ちなみに、現時点では直前模試以外の模試の予定は決まっていません。
暫くはバタバタしそうなので出せそうにありませんが、復習模試も含めて2~3つぐらいは出したいと思っています。

お知らせは以上です。
リニューアル記事再開までは、不定期で少し出すかもしれませんが、基本的に記事はお休みさせていただきます。
出題用の資料の作成を行う予定です。

では、計画記事です。
興味のある方のみコチラ↓



◇作業中

・出題用の資料作成

◇計画中

・記事リニューアル


「出題用の資料作成」と一項目に纏めてはいるものの、実際はあれやこれやと手を出し過ぎて混乱中です💦
ある程度は諦めて、何とか問題作成に取り掛かっていかないといけません…。
年度第三回までは期間が短いので焦ってしまいますね…^^;



以下、今回の本試験H30-2の内容を含みます。

(余談1)

漢検1級において、文章題は最も厄介な分野の一つだと思いますが、以前に比べれば苦手意識が薄れてきたような気がします。
文章題の出題や、音読み問題の出題文の作成を通して、言葉の「使われ方」の感覚が身についてきたのではないかと思っています。
具体的に言えば、どのような意味で使われているかは勿論のこと、どのような文章で、どのような繋がりを持って使われている言葉なのかということを、少しずつですが感覚的に理解できてきていると感じます。

分かりやすい例として、今回の試験の「ソウソウ」の出題ですが、何かを形容する畳語に「を」が続く例はあまり見ないので、「ソウソウ"を"」と出題されただけでも、畳語の可能性は低いと考えられました。

意味以外でもちょっとした手がかりが得られていることに気付けたので、これまでの取り組みに自信を持つことが出来ました^^

(余談2)

昔のノートをチェックしてみたところ…

ノート

ありました(笑)

漢検学習に入る前、諺や慣用句の勉強をしていた頃のことで、日付は2009年でした💦
今回受検はしていませんが、色々と勉強してきて良かったと思いました^^;

(余談3)

絶対に負けられない戦いがそこにはある…

1ヶ月前までは、数か月間に亘って負けか引き分けがずっと続いていましたが、真剣に取り組み始めて今日で3連勝!!!





サザエさんとのジャンケンの話です(笑)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する