漢検1級模擬試験倉庫

H30-2直前模試(4/5)

「H30-2直前模試」の4つ目の記事です。

本日は、「(一)読み」(30点満点)と「(三)語選択」(10点満点)です。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください。



(一)読み

1.鷙鳥百を累ぬるも一鶚に如かず。
2.豺狼の如く悪しき胥吏に鞭笞せらる。
3.荊扉蓬戸の廬に孑然と索居す。
4.哀誄を聴きて、眷属潸潸と泣涕す。
5.桃夭の娘に嫁匳の品を餽る。
6.駅站に稠人接踵して来往す。
7.要津に船檣多く駢立したり。
8.焠掌刺股して登第の栄を得んと欲す。
9.横死した耆宿の追賁を行う。
10.兇賊を誅殄し、衝路を扼す。
11.儕輩と輸贏を競うも鷸蚌の争いとなる。
12.湯沐梳盥して身慎莫をする。
13.椿庭縲絏され、季父に投靠す。
14.一掬の芳醪を歠りて酩酊す。
15.暗君の専擅に臣妾困窘せり。
16.邯鄲の音の啾喞たるを佇みて聞く。
17.敗衄の因由を識らずんば讐いる能わず。
18.鸞輿蹊隧を通りて辺疆の地より還幸す。
19.奇偉俶儻の画策を好み肯えて仕宦せず。
20.鬒髪(しんぱつ)雲の如く、を屑しとせず。
----------------------------
21.でも落ちたように一瞥もしない。
22.伎倆を洞見して能士をぶ。
23.俥のが閊えて通れない。
24.蟹行の巻帙にみを註記す。
25.己をりて他を眷みず。
26.の魚の如き危急に陥る。
27.武芸にれ、数多の蘊奥を究めたり。
28.自他の幸いは相きものなり。
29.槐のは星に叫んで霰を喚ぶ。
30.瞋れる細民の匕首にる。


(三)語選択

1.文字や語句を削って直すこと。
2.風が肌寒く感じられるさま。
3.皇居。禁中。
4.器の底に残ったしずく。
5.作りごとで人をそしること。


語群:[かいさんきゅうけつきょたんふもう
 へんぽんよれきりょうしょうれんこく]


<ヒントの表示>


<解答の表示>





明日がいよいよ最後です。
「(二)書き取り」を出題します。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad