漢検1級模擬試験倉庫

常用漢字の読み分け ~塞~

先週に引き続いて、常用漢字の読み分けに関する記事です。

今日のテーマは「塞」です。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。



漢検辞典では読み分けの記載はありませんが、幾つかの辞典を参考にすると、それなりにハッキリとした読み分けがあるように思います。
ここでは、「デジタル大辞泉」の読み分けを載せておきます。

ソク
すきまなくふさぐ。ふさがる。「塞源/活塞・梗塞 (こうそく) ・充塞・栓塞・逼塞 (ひっそく) ・閉塞」
サイ
①通路をふさいで守りを固めた所。とりで。「要塞」
②国境地帯。「塞翁・塞外/辺塞」

簡単に言えば、様子を表せば「ソク」、場所を表せば「サイ」なので、自然と読み分けられている方も多いのではないでしょうか。

では、上の説明を踏まえた上で問題です!
次の音読みを答えなさい。

1.堡塞
2.壅塞
3.堙塞
4.塞徼
5.淪塞




<解答・解説の表示>





やはり、前後の文が無いと難しくなりますね…。
(六)音訓読みの出題では熟語のみの出題ですが、セットになっている訓の出題がヒントになる場合もあると思います。
例えば、「淪塞 … 淪む」という出題が考えられますが、「淪(しず)む塞(とりで)」ではちょっと変な感じがするので、「塞(サイ)」でないと分かるかもしれません。
意味が絡んでくる問題は、様々な手掛かりを基に考えることが必要ですね。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad