漢検1級模擬試験倉庫

くまモン登場

昨日、本試験H30-1の結果が届きましたが、分野別の平均点も判明しました。

今回はそのことに関して軽く書く…つもりでしたが、意外と長くなったので折りたたみます💦

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。



まず、今回の平均点は約102.4点でした。
1年ぶりに平均点が100点を超えて、難易度が少し落ち着きましたね。

28年度からの平均点は以下の通りです。

H28-1~H30-1
(「過去5回平均」はH28-2~H29-3の平均です。)

こうして見ると、28年度と29年度の中間の難易度だったと言えそうです。
受検者の対策が進んでいることを考慮すれば、落ち着いたとはいえ、全体から見れば比較的難易度が高かったとも言えるかもしれません。

上のデータを纏めたエクセルを色々といじっていたところ、いきなりグラフが出ました(笑)
割合に変換したものを載せておきます。

分野別平均正解数

こうして見ると、前回極端に難易度の高かった「語選択」「文章題書き取り」の正解率がグッと上がっていることが分かります。
全体の平均点は約10点上がりましたが、この2分野の上昇分を合わせると約9点なので、ほぼこの2分野の影響で易化したと言えそうです。

それにしても、分野ごとの正解率がバラバラだったものが、今回、「0.55」を中心に一気に集中したのがよく分かりますね。
そこら中を駆け回っていた子供たちが、くまモンの登場で一気に吸い寄せられたような感じです(笑)

そして、一人だけくまモンに興味の無い「対類君」…^^;

先生「対類く~ん、くまモンだよ~」
対類「…」
くまモン「(必死に手を振る)」
対類「…」


…みたいな映像が頭に浮かびました(笑)

我関せず焉とした「対類君」が今後もネックになりそうですね…。
また、ヤンチャで動き回る「語選択君」と、目を離すとスーっとどこかへ行ってしまう「文章題書き取り君」にも引き続き注意が必要です💦


さて、平均点が分かったとなると、次に気になるのは合格率ですね。
少なくとも去年度の5%前後よりは上がっているはずですが、どこまで上がっているかはいまいち予想がつきません…。

前回より10~20点上げて合格されている方も多いので、大きく上がる可能性もありますが、有益な情報を得られずに苦労されている方が多いと想定すれば、思ったほど上がらない可能性もありそうです。

前回と前々回は試験日から109日で合格率などのデータが公開されましたので、同じであれば10月4日(木)に公開されることになります。
多少早めに出る可能性はありますが、いずれにせよまだ先のことですので気長に待ちたいと思います。


最後に、試験直後の記事で音読み問題で試験中に迷ったものを書きましたが、それらの正誤について纏めておきたいと思います。
(間違い等ありましたら、ご教示ください。)

・「蟠」→「ハン」or「バン」

標準解答「ハン」、許容「バン」で両方正解

・「蕈」→「ジン」or「シン」

標準解答「ジン/シン」で両方正解

・「孱」→「サン」or「セン」

標準解答「サン」、許容「セン」で両方正解

・「率」→「ソツ」or「リツ」

標準解答「ソツ」は正解、「リツ」は不正解

・「摂」→「ショウ」or「セツ」

標準解答「ショウ」、許容「セツ」で両方正解

・「祓」→「フツ」or「バツ」

漢検辞典の音が「フツ」のみであることに今気付きました💦
(「バツ」は恐らく不正解でしょう。)

(追記)実際に「ばつじょう」と回答して不正解になった方がいらっしゃるようです。
情報提供、どうもありがとうございました。


・「灑」→「サイ」or「シャ」

標準解答「サイ」、許容「シャ」で両方正解

ということで、殆ど許容されましたね…^^;
「率」に関しては、かなりハッキリとした読み分けがありますが、そういう以外の複数音では、許容されることが多いと分かりました。
また、「便嬖(べんぺい)」の読みも「べんへい」が許容されていますね。

これらは今後の出題にも影響しそうな点だったので、ホッと一安心ですε-(´∀`*)ホッ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad