漢検1級模擬試験倉庫

本試験H30-1について(表)

お伝えしていた通り、試験に関する記事を書きました。
弊ブログ内の情報でどの程度対応可能であったのかを調べた恒例の「我田引水」記事です(笑)
長くなるため今回も記事を3つに分けています。

標準解答を待ってから出す予定でしたが、地震の影響なのかなかなか届きません💦
既に届いた方に内容を見せていただきましたので、それを基に記事を書いて出してしまうことにしました(笑)

まだ届いていない方のために、幾つか気になると思われる部分の解答を書いておきます。
(一)3「はんけつ」4「べんぺい」7「きんじん/きんしん」13「さんがん」20「きょくそつ」
(二)7「塹壕」
(六)7「わんしょう」
(九)7「昧昧/昧々」ウ「いっさい」カ「ざん」
こんなところでしょうか…?

思ったほど別解は載らなかったようです。
ただ、標準解答に載っていないからと言って不正解とは限りません。
例えば、「便嬖」は漢検辞典に「便嬖(ベンヘイ)・(ベンペイ)」と載せているので、「べんへい」も正解にせざるを得ないと思います。
他の問題も「塹濠」「超逸(絶塵)」「偓促」など、別解になりそうなものが載っていませんので、最終的に正解になるものがまだあると思われます。
過去問の標準解答と比べると、スカスカになっている印象なので、ごく標準的な解答のみを載せるように方針を変えたのかもしれませんね…。

それでは、分析記事です。
今回は表面についてです。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください。
(本試験の内容に触れますので、閲覧にご注意ください。)



分野ごとに順に触れていきます。
まずは、番号の説明です。

①模擬試験(計47作)
・模擬試験(その1~40)
・チャレンジャー向け模擬試験(その1~3)
・直前模試(29-1,29-2,H29-3,H30-1)

②大見出し語表

③定期記事
・「大見出し語表からの問題」リニューアルに伴うおまけ訓読み問題(その1~15)
・「大見出し語表+αからの問題」(その1~12)
・「分野別対策」(その1~18)
・「訓読み書き問題」(その1~23)
・「音熟語書き問題」(その1~5)
・「四字熟語特訓」(その1~12、特別篇、特別篇2)
・「音読み問題」(その1~14)
・「訓熟語読み問題」(その1~5)
・「文章題訓読み問題」(その1~5)

④その他
・上記以外の記事全般
・訓読み表

⑤参考

H30-1の問題を、①→④の優先順位で出題しているかどうか調べました。
(例えば、①②で共に出題していても、①のみしか調べていませんので、ご注意ください。)
⑤は関連情報のあるものを載せています。

今回①に関しては、模試番号、および、問題番号は省略しました。
もし、どこで出題されたか気になる方がいらっしゃったとしたら、画面右側にあるブログ内検索フォームを用いて検索していただければと思います。

(一)音読み
(一)音
オレンジのものは、ちょっとした応用で対応可能と考えたものです。
常用漢字の表内読みは読めるとし、また「巌」は模試などの書き問題で出しているので、「①模試」で(「巉」と合わせて)対応可能としました。
①~④で対応できていないものの番号に色(緑か灰色)を付けました。
辞典によっては標準解答に無い別解が載っていて、かつ、その解答には対応しているものを緑にしています。
(画像に変えたところ、思っていたより見にくくなってしまいました💦)

今回の傾向としては、複数の音があってややこしい字が多かったことでしょうか。
3「蟠(ハン)」13「孱(サン)」は特に厄介で、別解が認められない場合は、正誤の基準が曖昧になって、今後にも大きな影響を与えそうですね…。

上記の2つを除けば、弊ブログで対応できていなかったのは、16「缶(フ)」19「茜(セン)」の2音のみでした。
複数音を除けば、1級漢字の音がすべてカバー出来ていたので、個人的には上出来だと思っています。

(飽くまで個人的な意見ですが)チャレンジャーの方の目標は別解次第ですね。
3,13以外では厳しめですが、17点を目指したいところですので、別解次第で17~19点としておきます。

(一)訓読み
(一)訓
黄色は漢検辞典第二版で新たに追加された読みです。
青は書き問題で出題したもので、対応可能と考えました。

今回も第二版から2問出ましたが、「采女」は大見出しであり、また、「懋ん」は送り仮名から推測出来た方も多いと思うので、難易度は下がっていそうです。
ただし、前回と比べて超難問は無くなりましたが、「鯡」「秕」「蓍」といった送り仮名の無い読みは、知らなければ推測しようがないものなので、難しいと感じた方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

ちなみに、「采女」は第一版では熟字訓扱いで「巻末索引」にも出ていたものです。
訓読みで出題しているということは、やはりもう完全に第二版を基準としているということでもありますね。

第一版と第二版の「巻末索引」を比較した記事がコチラですが、またもやここに記載されているものが出題されたことになります💦
(熟字訓で「麺麭(28-1)」「円座(28-2)」「王余魚(29-1)」「金漆(29-2)」「僂麻質斯(29-3)」が出題されました。)
勿論偶然もありますが、態々変更を加えているものは、重要だということなのかもしれませんね…。

弊ブログで対応できていなかったのは28「懋ん」のみ、訓読み表を除いても21「鯡」と合わせて2つのみでした。
ちなみに、25「怕る」という文語体での読みも「文語体・終止形の読み その2」で対応していました。

(飽くまで個人的な意見ですが)チャレンジャーの方の目標は8点としておきます。
いつも述べていることですが、1級漢字の第一版の訓読みは全て読めるようにしておきたいところです。

(ニ)
(二)

国字は除いて、1級大見出しがメインなのは変わらず、唯一13「隠約」は常用かつ大見出しでないものでした。

弊ブログでは、模試、大見出し語表、定期記事の範囲だけで全て出題していました。
これは嬉しいですね\(^o^)/
特に、個人的に注目していた13「隠約」が出題され、更に直後の同音問題に、比較的最近出した「同音過去問」の記事の「センショウ」の組み合わせが出てきて、思わずガッツポーズを取りたくなるほどでした(笑)

(飽くまで個人的な意見ですが)チャレンジャーの方の目標は36点、「隠約」以外のミスは1つまでに留めておきたいところですね。

(三)
(三)

こちらも1級大見出しが4つ、残る「蹉躓」は過去問でした。
ダミーも個人的にはそこまでややこしく感じず、難易度は低めだと思っています。
ちなみに、試験中はダミーの「じんぎ」が何のことか分からず不安になりましたが、「神祇」だと後で気が付きました💦

弊ブログでは(二)と同様、定期記事までで対応可能でした。

(飽くまで個人的な意見ですが)チャレンジャーの方の目標は、厳しめですが満点の10点を取りたいところですね。

(四)問1
(四)問1

今回は常用が2つに戻ってやや難化したと言えるでしょうか。

弊ブログでは珍しく(?)1級のものは全て出題箇所の同じものを出題していました。
また、常用のものはどちらも「常用四字熟語800」にあったものなので安心しました^^;

(飽くまで個人的な意見ですが)チャレンジャーの方の目標は、常用を除いた16点です。

(四)問2
(四)問2
5「攀轅臥轍」は応用問題として「攀轅扣馬」を出題し、また書き問題でも出題しているので、模試で対応可能としました。
4「束皙竹簡」は「四字熟語特訓 特別篇」出題していますが、出題した意味が大きく異なるために「⑤参考」に含めるに留めました。

4「束皙竹簡」の出題文は「比類のない碩学をいう。」というものでした。
ネットだと「昔の資料を解読した故事のこと。」という随分と違う意味が出てくるのですが、他のサイトには「博学なこと。」「博学を讃える言葉。」とやや近いものもありました。
漢検四字熟語辞典は「束皙は古墓などから出土した竹簡を解読して博学を称された。」となっているそうですね。
こちらも出題文とは違っているようで、ちょっとややこしい出題だったように思います。
特に「比類のない」という表現はどこにも見当たらなかったので、悩まれた方もいらっしゃったかもしれません。

(飽くまで個人的な意見ですが)チャレンジャーの方の目標は8点としておきます。
本来は10点と言いたいところですが、私も最後の最後まで4の自信が持てなかったので…^^;



ということで、表面は終了です。

チャレンジャーの方の目標は、前回と同じぐらいの基準で設定しましたが…
(一)25~27/30
(二)36/40
(三)10/10
(四)24/30
として、表面合計:95~97/110 という目標になりました。
繰り返しになりますが、飽くまで私の個人的な感覚ですから、単なる目安として考えてください。

では、裏面の記事に続きます。
関連記事

コメント

もう八回目の受験だったが、
記憶ではいままで内容的にもっとも簡単なものだった

というのは、部分的に難易度の高い要素があったにせよ、
そこそこ勉強してたら、受かってもおかしくないレベルだ

ある意味で、親切な感じ

もっとも、当方のような仕事で忙しい平凡なサラリマンには相変わらずハードルが高い

こうして八回目でもせいぜい140



それはそうと、”伯剌西爾”を”ぶらじる”(つまり、平仮名で)書いたら、正解?不正解?

  • 2018/06/23(土) 16:03:11 |
  • URL |
  • 在日ロシア人 #-
  • [ 編集 ]

お忙しい中での受検、頭が下がります

在日ロシア人さん、コメントありがとうございます。

学習時間が十分に取れなかったようで残念ですね…。
ただ、恐らく今回でも、平成29年度の回を除けば難易度はかなり高い方だったと思われますので、簡単だと感じられたのは、実力をお持ちであるという証拠ですね。
あとは試験でその実力を発揮できるかどうかだと思いますので、事前の準備が十分に出来ないのはもどかしく感じていらっしゃるのではないかと想像します…。

熟字訓・当て字問題に関しては、ひらがな、カタカナどちらも正解です。
確か、どなたかが直接お問い合わせして確認されていたと記憶しています。

お仕事との両立は大変だと思いますが、少しずつ無理のないペースで学習を続けて行っていただければと思います。
お忙しい中、態々ご報告いただきありがとうございました。

  • 2018/06/23(土) 17:35:36 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

なるほど、”ぶらじる”でも可か、
それはよかったです。

なお、
”あくせく”の正解に”イ屋促”が認められてほしい
(´・ω・`)

  • 2018/06/23(土) 18:24:10 |
  • URL |
  • 在日ロシア人 #-
  • [ 編集 ]

標準解答に何故ないのか分かりませんが…

漢検辞典には「齷齪」の項目に「『偓促』とも書く。」とあるので、「偓促」も正解になると思います😊
モヤモヤするので標準解答には別解を広く載せてもらいたいものですね…^^;

  • 2018/06/23(土) 18:36:22 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する