漢検1級模擬試験倉庫

復習模擬試験その1(記事版)

「復習模擬試験その1」の問題と解答です。(ヒントはありません。)
問題文などは省略しておりますので、形式等にご注意ください。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。



(一)
1.軒冕の士に拝芝し、悚懼して磬折す。
2.操觚界の翹楚として雷名を轟かせる。
3.曁曁たる驍雄は却行せず。
4.釣った魚を縷膾にして食べる。
5.廁竇の牖より見ゆる韶光を賞でたり。
6.吞噬荐食を重ね、広袤万里となる。
7.齔髫を涵養して寧馨児となす。
8.鍬を使い畑を耨耕する。
9.力は能く扛鼎し、才気は人に過ぐ。
10.遒勁なること九霄を翔る鷙隼の如し。
11.畚土の基は高きを成す能わず。
12.旅行先で彼女と迦逅した。
13.澆げども裂罅より滲漏す。
14.燧烽を通信技術の泉源と見做す。
15.失敗して喑噁𠮟咤される。
16.孱弱な孩提に憐愍の情を抱く。
17.外にて傅訓を受け、入りて母儀を奉ず。
18.黎元を発矇し民主主義の精神を恢闡す。
19.駸駸と戊戌の年が眉睫の間に逼る。
20.貨財粟米を日々中野に棲遅薛越す。
----------------------------
21.黒貂のを着る。
22.厥の嘉猷をし、其の祗植を勉む。
23.を植える季節となる。
24.地位を得てった態度を見せる。
25.事に当たるに、厳に身をむ。
26.如何に強くとも動かす能わず。
27.台を設えてるがごとく据える。
28.梁簀を仕掛けて魚を取る。
29.梨園の世嫡として生をく。
30.櫂先で抹茶を掬う。
 
(二)
1.様々な噂がジダに触れる。
2.メノウの付いた装飾品を贈る。
3.川底をシュンセツする。
4.ミソギのために川に入る。
5.発言に隠されたフウイを理解する。
6.話がコジれてややこしい。
7.過失を厳しくケンセキされる。
8.ゲッシルイの動物を飼う。
9.駕籠きが旅人の足元を見る。
10.物語の内容をヒトクサリ話す。
11.長時間の基礎練習にケンパイする。
12.川底の砂をヨナげて砂金を集める。
13.会談の途中でワヘイを転じる。
14.ヒワイロの衣を着る。
15.ここを進出のキョウトウホとする。
16.マサカリ担いで金太郎。
17.冬空にカンタクの音が響き渡る。
18.衣類をカンタクし、汚れを落とす。
----------------------------
19.カカア天下の家庭に育つ。
20.四分の一ガロンの牛乳を買う。
 
(三)
1.賢者が死ぬこと。
2.うそをつくこと。
3.まねき迎えて雇うこと。
4.周囲を見ること。
5.貴い家柄。名門。
 
えきさく、かちゅう、こべん、しょくげん、
しんしん、へいげい、ようせつ、ようへい
 
(四)
問1
1.(   )利口
2.(   )夜遊
3.(   )法守
4.(   )洗胃
5.(   )棘路
6.荊棘(   )
7.金塊(   )
8.画脂(   )
9.斬釘(   )
10.属毛(   )
 
いんかい、かいもん、しゅれき、しょくふ、せってつ、
どうき、どうだ、へいしょく、りり、ろうひょう
 
問2
1.自然を題材に詩歌を作ること。
2.美しいもののたとえ。
3.無意味なことを繰り返し行うこと。
4.兄弟や夫婦の仲が良いたとえ。
5.不見識な者がすぐれた言行を疑い謗る。
 
嘲風哢月大衾長枕、敲氷求火、束帛加璧、
牀上施牀、狗吠緇衣、珠襦玉匣蜀犬吠日
 
(五)
1.堅魚
2.直衣
3.蔓荊
4.繁縷
5.維納
6.巻丹
7.孑孒
8.見風乾
9.文珠蘭
10.麗春花
 
(六)
ア 1.熾肆 … 2.熾ん
イ 3.夐絶 … 4.夐か
ウ 5.流湎 … 6.湎れる
エ 7.鈔胥 … 8.鈔す
オ 9.餞筵 … 10.餞る
 
(七)
1.縦容
2.既存
3.胤裔
4.離床
5.稔熟
 
6.盛衰
7.晩秋
8.薦挙
9.瞳子
10.蕃衍
 
えいき、がんせい、きょうけん、こうこ、しゅうじょく、
すいこく、そうきゅう、ちょうも、のうそ、びょうしょう
 
(八)
1.吞舟の魚も水を失えば則ちロウギに制せらる。
2.ヒョウフウは朝を終えず驟雨は日を終えず。
3.ロウショウの喜び。
4.シトクの愛。
5.バカクに屍を裹む。
6.ソウを堕として顧みず。
7.セッキ骨を銷す。
8.ギョクシ当無し。
9.鯛なくばエソ
10.チュウチョウの藤は松に離れて便り無し。
 
(九)
A 圧制、貧困、罪悪を以て充塡されたる欧洲列国中に一個の自由、平等、平和なる瑞西を見るは、恰も1.ビョウマンたる砂漠の中に、緑陰清泉のオーシスを見るが如し、万国の社会主義者が2.ムビに之を憧憬して、足一たび欧洲に入る者、皆な此処を以て慰安、休息の地となさざる者なき、ア.なり。(幸徳秋水「筆のしづく」より)
 
B 自らの心をそうした大自然の深みとイ.脈搏相通ずる辺りにおいている者にとっては、枝にかけたウ.の調子に乗って、風に戯れる騒がしさは、彼が持ち前のほんの一寸した軽はずみに過ぎないにしても、冥想の静けさを邪魔だてするものとして、二度とこの3.ヒョウキン者にそんな機会を与えないように、彼を枝から取りおろしたものに相違ない。(薄田泣菫「独楽園」より)
 
C 今の士相率いて、媚を権門に納れ、款を要路に通ずるは、其の求むるところ功名聞達よりも、むしろ先ず黄金を得んと欲するの心急なればなり。その境遇や憐れむべし。其の志操や卑しむべし。しかるに天下一人の、是がエ.れを挽回するの策を講ずるなし、却って斯の気運を煽動し、人才登用を名として、為に門戸を啓き、名望あるの士を迎えてオ.らわしむるに黄金を以てし、籠絡して自家の4.ハンリに入れ以て使嗾に供せんと欲す。ああ銅臭、否鉱毒の感染する所、士の高節清操をカ.糜爛せしむ。豈慨歎に堪ゆべけんや。況んや其の弊害の及ぶ処、惹いて世運の進歩を妨げ、国威の拡張を障(さそ)うる事、決して浅少に非ざるをや、速やかに眼前に横たわるの5.トゾクを除き、士風の萎靡を振るい、社会の昏夢を6.ケイセイせんと欲し、斬奸の策を決行す。伏して惟(おもんみ)るに先生の盛徳実に是国士無双、謙譲以て人を服し、勤倹以て衆を率ゆ。加うるに経世の略、7.リョウリョウの節、今の時に当たって先生を外にして、将誰にかキ.つあらん。而も猶且つ其の隙を覗い、名望高節を傷つけんと試むるものあるに非ずや。(清水紫琴「誰が罪」より)
 
D 斯くの如く天平期の日本芸術の美は8.ケンランを極めているが言い得べくんばこれはすべて完成ク.綜合の美であって、真の意味での新しい芽は無い。すべて飛鳥白鳳期に9.ハイタイせられたものの進展成熟であり、例えば夢殿の救世観世音像に見るようなあの言語道断な、真剣な魂の初発性は見られない。(高村光太郎「美の日本的源泉」より)
 
E 千里の竜馬10.ソウレキの間を脱して鉄蹄を飛風に望んで快走す、何者も其の奔飛の勢いをケ.遏止する能わず、何物も其の行く所を預想する能わず。…(中略)…
 …斯くの如きのコ.逼仄なる天地、是豈人類の生活し得べき所ならんや。(山路愛山「明治文学史」より)



<解答の表示>

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する