漢検1級模擬試験倉庫

分野別対策 文章題書き取り問題その18

文章題書き取り問題(選択形式)です。

語群(1~5):[きぜんけいこつじゅへいどどひょうはく]

◇なかんずく吾人のもっとも視聴を驚かせしはタシケント地方よりトムスク市に達する鉄道(アルタイ線)布設の計画、いよいよ実行せられんとするの一事なりとす。その鉄道の敷設がイリに如何の関係をおよぼすべきやは、吾人の(1.)するを待たず、露国の有名なる政治家ミハイル、セリホフ氏がその鉄道に関する説明にてこれをつくせり。氏はまずその鉄道の敷設をもって、露領中央アジアにおける殖産興業を啓発し、民衆の移殖を増進するのみならず、また軍事上極めて重要なりとするゆえんを説き、さらに一歩を進めていわく。
 吾人は東方における有事の日、その鉄道は、わが辺境を掩護するため、軍事上決してこれを(2.)に付すべからざるを警告せんと欲す。露骨に(3.)すれば、その鉄道は露国の国境をして、漸次南方に拡張するがために、極めて須要なるものといわざるべからず。…(中略)…
 これ明らかに露国の野心を暴露して、遺憾なきものにあらずや。もしそれタシケント、トムスク鉄道にして、完成せらるるの暁にいたらば、これすなわちイリの側面を近く脅威せられたるに等しくイリは漸次に露国の侵蝕をこうむるべきは、ほとんど疑いをいれず。いわんやイリ地方は、露領セミレチエンスカヤ州と、イリ河の河盂によりて連接し露国よりの侵入容易なること、なお黒龍江河盂に沿える満洲に異ならざるにおいてをや。イリの運命あにひとり第二の満洲たらざるを得んや。さらに翻って兵略上より観察せんに、露国もしその首力をイリに進めて新疆を中断し、一支隊をタルバガタイに送りて、西湖を占領し、更に一支隊をザイサン湖方面より出して故城に進め、別働隊をカシガル方向より送り、南北相呼応して新疆を蹂躪する有らば、その結果はたして何ぞや。ことに新疆全土の(4.)わずかに六千を越えず、しかも脆弱恃むにたらず。想うてこれにいたれば、吾人は新疆の運命に関して、(5.)長大息せざるを得ず。
(日野強「新疆所感」より)

<ヒントの表示(1~5)>

語群(6~10):[かきけいせいしとうはいきゆうこ]

◇試みに地形上より観察すれば、新疆は清国に属するよりは、むしろ露国領、トルキスタン地方に付随するの(6.)なるは、何人といえども異議をはさむの余地なかるべきのみならず、その人種より論ずるも、言語、宗教よりみるも、また風俗、習慣より察するも、トルキスタン地方に酷似するを認む。加うるに交通の関係上、およびトルキスタン地方との商業的経済上の関係は、近時ますます、接近の度を増進しきたり、地方の住民は、次第に露人と親しみ、かえって清国に対して反抗せんとするの傾向あるより推論しきたれば、新疆が遠からずして露国の膝下に(7.)するにいたるの日あるべきは、燎々火を観るよりも明なり、いわんや露国が鋭意その心血を傾注して、その勢力扶植の策を講じつつあるにおいてをや。おしいかな清国いまだ悟らず、晏然長夜の昏睡中にあること。
 さらに転じて西南の境土を望めば、崑崙山脈を隔てて英領印度あり。英国がインドを根拠として、つねに露国の中央アジア経綸に対抗し来れるは、一朝一夕の事にあらず。由来パミール高原は、(8.)の伏在するの地、しかも新疆と相接壌するが故に、露国が指を新疆に染めんと欲すれば、英国あに黙してやむべけんや。形勢の変化は、もと意外のあたりより急転し来ることあり。現今いまだ危機の切迫せるものあるを見ずといえども、パミール問題忽然としておこらば、新疆もまたその渦中に投入せらるるなきを保すべからず。清国人たる者よろしくいまだ雨ふらざるに(9.)を綢繆するを要するとともに、わが国(10.)の士、また多大の注意を払わずして可ならんや。
(日野強「新疆所感」より)

<ヒントの表示(6~10)>



<解答の表示>





(お知らせ)
今季の「分野別対策」はこの記事が最後です。ありがとうございました。
来週は「H30-1直前模試」を公開します。
関連記事

コメント

訓練に最適

おはようございます。
この時期、ほどよい訓練になって助かります・・・文章題も慌てずに熟すことが大事ですね・・・体力も消耗して最後の時間帯で解かないとイケナイので、その点、気をつけないと思わぬ陥穽に嵌りますから(笑)
・ユウコの伏在するところ・・・熊虎
➪・カキを綢繆する・・・花卉
と、最初埋めてみたけど、どうにもオカシイ・・・
こんなの、すぐ「牖戸・・・」と出ないと・・・
ユウコが正解出たので、カキもなんとか埋まりました(笑)
もっとスラスラ解けないといけませんね。
ありがとうございました。

  • 2018/06/08(金) 09:12:45 |
  • URL |
  • syuusyuu #8PXT0swg
  • [ 編集 ]

出題順の影響

syuusyuu師匠、コメントありがとうございます。
今の本試験の難易度だと、全部やりきるには体力も時間も足りない感じがしますね…。
特に文章題は、解答が100%しっくりくる出題とは限らないので、どの時点で確定とするか、短い時間での判断力も問われる感じがします💦

「熊虎」「花卉」は何となく雰囲気を捉えていますね(笑)
「ユウコ」が先に登場していれば、何の問題も無かったんでしょうけど、出題順が変わるだけでも難易度がやや変わりますね。
本試験では対類で気を付けたい点でしょうか…。

こちらこそありがとうございました😊

  • 2018/06/08(金) 09:53:30 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

だめでちた

こんにちは~

今日の文章題はちと難しかったです。
じっくり考えたのですが

8.禍危
10.警醒

にしてしまいました。

ここからも焦らずに基本をしっかり書いて復習したいと思います。
あまり勉強時間がとれていないのですが・・・

ありがとうございました。

  • 2018/06/08(金) 10:12:39 |
  • URL |
  • rikuroku #-
  • [ 編集 ]

最後の砦…?

rikurokuさん、コメントありがとうございます。
文章の順に出したのですが、最後が難しくなってしまったようですね💦

「禍機」の「機」は思い浮かびにくそうですね。
類義語の「カイン(禍因)」「カコン(禍根)」ならそこまでの難易度ではなさそうですが、「カキ」は同音異義語もあってグッと難化するような気がします…。

「ケイセイ」は、出題のタイミングが意地悪だったかもしれません(苦笑)
また、「ケイセイの士」という形だと「"警世"の士」という言い回しがあるので、その点もヒッカケになっていました。
ここでの「ケイセイの士」の意味なら、辞書にあるのは「経世家」という言い方ぐらいでしょうか…。

ちなみに、3回に分けて文章の大部分を出題しました。
全文はコチラです↓
https://www.aozora.gr.jp/cards/001167/files/43740_30593.html

お忙しい中で学習されているようで、頭が下がります。
こちらこそありがとうございました😊

  • 2018/06/08(金) 10:57:10 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad