漢検1級模擬試験倉庫

ことわざ・慣用句類(91~120)

ツイッターで紹介している「ことわざ・慣用句類」のまとめ記事です。(詳しくはコチラ。)
今回は91~120のことわざ・慣用句類です。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。



91. 同気(どうき)相求(あいもと)める
92. 普天(ふてん)の下(もと)率土(そっと)の浜(ひん)
93. 董狐の筆
94. 南(みなみ)に翔(かけ)り北(きた)に嚮(むか)えども寒温(かんうん)を秋雁(しゅうがん)に付(つ)け難(がた)し
95. 館舎(かんしゃ)を捐(す)つ
96. 自彊(じきょう)息(や)まず
97. 人生(じんせい)朝露(ちょうろ)の如(ごと)し
98. 巧言(こうげん)令色鮮(すくな)し仁(じん)
99. 少壮(しょうそう)幾時(いくとき)ぞ
100. 聖人(せいじん)は物(もの)に凝滞(ぎょうたい)せず
101. 郷原(きょうげん)は徳の賊
102. 赤子(せきし)の心(こころ)
103. 長袖(ちょうしゅう)善く舞い多銭善く商う
104. 浮生(ふせい)夢(ゆめ)の如(ごと)し
105. 女郎(じょろう)の千枚起請(せんまいぎしょう)
106. 腰間の秋水
107. 輔車(ほしゃ)相依(あいよ)る
108. 落月(らくげつ)屋梁(おくりょう)の想(おも)い
109. 福徳(ふくとく)の三年目(さんねんめ)
110. 高閣(こうかく)に束(つか)ねる
111. 哲婦(てっぷ)城(しろ)を傾(かたむ)く
112. 美言(びげん)は信ならず
113. 水辺の鳥
114. 桂林(けいりん)の一枝(いっし)
115. 信(しん)は荘厳(しょうごん)より起こる
116. 歯牙(しが)の間(かん)に置く
117. 科(か)に盈(み)ちて後(のち)進(すす)む
118. 胡馬(こば)北風(ほくふう)に依(よ)る
119. 舎利(しゃり)が甲(こう)になる
120. 塁(るい)を摩(ま)する


(94「嚮(むか)えども」は漢検辞典の送り仮名に基づけば「嚮(む)かえども」ですが、デジタル大辞泉の表示に従って表示しています。)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する