漢検1級模擬試験倉庫

H29-3直前模試(4/5)

「H29-3直前模試」の4つ目の記事です。

本日は、「(一)読み」(30点満点)と「(三)語選択」(10点満点)です。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください。



(一)読み

1.神算鬼謀を拈出し虎口の難を脱す。
2.自屎臭きことを覚えず。
3.廁竇に入りて審覈すれば、宜なり。
4.鎖鑰の地にて、勍敵の要殺を猷る。
5.破窓頽檐の宿も、楽しとも頼もしや。
6.史乗に誌されし波瀾、咄咄驚駭すべし。
7.馴雉を率え、敵の堡砦に攻め入る。
8.其の奇譚の棟甍、暹羅の驍雄に肖似す。
9.二君の釁隙を傍視して両端を持する。
10.冠者の首途を祝い贐餞を饋る。
11.を下して蒼氓の学徳涵蓄を促す。
12.憾むらくは雪冤協わず馘截梟首せらる。
13.風伝する謡言の妄誕なるを揣知す。
14.高旻に翰鳥の滑翔するを瞻る。
15.婚娶の允許には渾家の僉議を要す。
16.檻櫺から丱女が双眸を覘かせる。
17.高卑も齠耋も無く忘形の交わりを結ぶ。
18.儀仗兵が戛然と戟鐓を響かせる。
19.赳赳たる武夫は公侯の好仇。
20.帝祚を簒奪し虎鈕の玉印を紹ぐ。
----------------------------
21.一波かに動いて万波随う。
22.日中すればき月盈つれば虧く。
23.銹色の土の下に眠る妻子眷属を怛む。
24.障子をて切り、室に屛居する。
25.鬩牆の慟きを諷喩を以てう。
26.などを稼穡し活計を立てる。
27.華燭の典にて九献のを交わす。
28.親朋と腹をって絶笑する。
29.京師に俊彦衆くまり来る。
30.屑屑と拮き、の如き生命を維ぐ。

(三)語選択

1.無謀なことを行うたとえ。
2.きわめてわずかなこと。
3.身分に過ぎたことをすること。
4.恩を受けた人にはむかうこと。
5.弊害などの根本の原因を取り除くこと。
 
語群:[きょごうしいぎゃくしゅうごうそくげん
はんぜいひょうがひんせきゆえつ]

<ヒントの表示>




<解答の表示>




明日がいよいよ最後です。
「(二)書き取り」を出題します。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad