漢検1級模擬試験倉庫

ホトケノザとタビラコ

二週間ごとに書いている個人的な計画の記事です。

今回も、私のツイートの一部を貼り付けておきたいと思います。
興味のある方のみコチラ↓



◇作業中

・「H29-3直前模試」問題は完成、これから記事化
・「四字熟語特訓その9」これから作成予定

◇計画中

(特になし)


あと少しで試験までの準備は一通り終了。
ランダム記事の管理などもボチボチやるとして、その後どうしよう…?
若干数学ブームが来ているようなので、数学でもしようかな?(笑)



以下、私のツイートからです。
年末のツイートです。
今までは聞こえてきてもあまり意識することはなかったのですが、「寒柝」という言葉を知ってからは、何となく興味が出てきて、これまでとは全く違う感覚で風情を味わうことができました。
新たな知識を得ると世界の見え方が変わってくるということを、改めて感じることが出来ました^^



主なツイートは以上ですが、折角なので今日のカウントダウンツイートに関して…

…ということで、「ホトケノザ」についてです。

以前に2度文章題で出題している牧野富太郎先生の「植物記」に、「ホトケノザ」についての記述がありましたので、ご紹介したいと思います。
やや長いので、少しずつ区切って載せておきます。
また、植物の区別に関するところを太字で表記しています。
お時間に余裕のない方は適当に読み飛ばしていただければと思います。

ホトケノザ

 小野蘭山時代頃よりしてそれ以後の本草学者は春の七種の中にホトケノザを皆間違えている。これらの人々のいうホトケノザ、更にそれを受け継いで今も唱えつつある今日の植物学者流、教育者流のいうホトケノザは決して春の七種中のホトケノザでは無い。右(※1)のいわゆるホトケノザは唇形科に属して Lamium amplexicaule L. の学名を有しそこここに生えている普通の一雑草である。欧洲などでも同じく珍しくもない一野草で自家受精を営む閉鎖花の出来る事で最も著名な者である。日本の者も同じく閉鎖花を生じその全株皆悉く閉鎖花の者が多く正花を開く者は割合に尠ない。秋に種子から生じ春栄え夏は枯死に就く。従来の本草者流はこれが漢名(支那名の事)を元宝草(※2)といっているが、これは宝蓋草(※3)(一名は珍珠蓮)と称するのが本当である。


※1:原文が縦書きだったため「右」と書かれているが、ここでは「上」で述べたものの意と思われる。
※2:「元宝草(ほとけのざ)」は漢検辞典の巻末索引にもあり。
※3:漢検辞典の「仏の座」の項目内に、「『元宝草・宝蓋草』とも書く。」と記載あり。

この草が春の七種中のホトケノザでは無いとすると、しかればその本物は何であるのか。すなわちそれは正品のタビラコ(※4)であって今日いうキク科のコオニタビラコ(漢名は稲槎菜、学名は Lampsana apogonoides Maxim.)である。このコオニタビラコは決してこの様な名で呼ぶ必要は無く、これは単にタビラコでよいのである。現に我が邦諸処で農夫等はこれをタビラコとそういっているでは無いか。このキク科のタビラコが一名カワラケナであると同時に更に昔のホトケノザである(すなわちコオニタビラコ〔植物学者流の称〕=タビラコ〔本名〕=カワラケナ〔一名〕=ホトケノザ〔古名〕)。


※4:「田平子(たびらこ)」は漢検辞典にもあり、「春の七草のホトケノザは本種のこと。」と記載されている。

 この今名タビラコ古名ホトケノザは、我が邦諸州の田面に普通で秋に種子から生じ早春に漸く繁茂し、春闌にして日光を受け競うて小なる黄色の頭状花(舌状花より成る)を開きすこぶる美観を呈する。草状はタンポポを極く小形にした様にその羽裂葉を四方に拡げ柔らかくして毛なく、サモ食ってよい様な質を表わしている。ゆえに農家の子女などは往々タビラコあるいはタビラッカを採りに行くと称して田面に下り立ちそれを採り来りて食用に供する事がある。その田面に小苗を平布し円座を成した状が宛も土器(かわらけ)を置いた様に見ゆるから、それでこれをカワラケナといったものであろうと思う(マサカ毛が無いからではあるまい、ハハハハハ)(※5)。またその苗が田面に平たく蓮華状の円座を成している状を形容してこれをホトケノザ(仏ノ座)と昔はいったものと見える。また苗の状から田平子、すなわち田面に平たく小苗を成しているのでそこでタビラコという名が出来たといえる。


※5:牧野先生…飲んでいらっしゃいます?(笑)

もしタビラコという名が田平子なる字面通りの意であったならこのキク科のタビラコこそ最も適当な者であるが、しかし今日いう所のムラサキ科のタビラコは頗る不適当の者である。何となればこの草は普通に田面には生ぜず常に田の畦とか路傍とか、または藪際とかの寧ろ乾いた地に生えているからである。そしてまたその葉は余り平たく地に就いてはいない。しかるに世人はこのムラサキ科のいわゆるタビラコ(すなわち学名を Trigonotis peduncularis Benth. と称する)を本物と間違え、妄りにこれを春の七種の一つだと称えスマシ込んでいる


ここまでを整理すると、「ホトケノザ」と呼ばれる植物が2つ、「タビラコ」と呼ばれる植物が2つあり、1つが共通しているので、3つの植物が登場したことになります。

さてそういう様に始めて俑を作った人は『本草綱目啓蒙』の著者の小野蘭山である。大学者の蘭山がそういうのだから間違いは無いと尊重してそれから後の学者は翕然として今日に至るもなおその学説を本当ダと思い、この誤りを踏襲してやはりその名でその植物を呼んでいる。(※6)蘭山がイクラ偉いと言って見た所でタカガ人間ダ、神様では無い、千慮の一失も二失も確かにあるヨ。このタビラコ問題も蘭山に取っては正にその一失である。蘭山が何故にそれを間違えたか、これは恐らくは蘭山がそれを実地に試食して見なかったセイだろうと思う。もし一たび食って見たならそれは吾々と同じ様な結論に達したに違い無かろうが、ただ蓋し衆芳軒の書室の机の上で想像して極めたであろうから、そこでこんな間違いを千載の下にまで遺す様に成った次第ダと思われる。


※6:「模擬試験その28」でこの辺りの文章を出題しています。

蘭山の様にこれをタビラコだと信ずる人はマー一たびこれを煮てヒタシモノにでもして食って見たまえ。細やかではあるが葉に沢山な毛が生えて毛の本に硬い点床(ムラサキ科の植物には普通にそれがある)があって、嚥下する時それが喉を擦って行って気持ちの悪い感じがする。そんな者を強いて好んで食わ無くてもそのお隣りに柔らかくてオイシそうな本当のタビラコがウントコサとあるじゃ無いか。常識から考えたって直すぐ分かる事ダ。学者は変にムツカシク説を立てねばならぬものと見える。(※7)私はこのムラサキ科の者を絶対にタビラコと認めぬゆえに、新たにこれに贋タビラコの新称を与えて置いたが、その後それにキュウリグサの名がある事を知った。これはその生の葉を揉めばキュウリ(胡瓜)の香りがするからである。


※7:何だか憤懣遣る方無いご様子…^^;

 また今日世人が呼ぶ唇形科のホトケノザを試しに煮て食って見たまえ。ウマク無い者の代表者は正にこの草であるという事が分かる。しかし強いて堪えて食えば食えない事は無かろうがマー御免蒙るべきだネ。しかるに貝原(※8)の『大和本草』に「賤民飯ニ加ヘ食フ」と書いてあるが怪しいもんダ。こんな不味い者を好んで食わなくても外に幾らも味の佳い野草がそこらにザラに在るでは無いか。貝原先生もこれを「正月人日七草ノ一ナリ」と書いていらるるがこれもまた間違いである。そうかと思うと同書タビラコの条に「本邦人日七草ノ葉ノ内仏ノ座是ナリ、四五月黄花開ク、民俗飯ニ加ヘ蒸食ス又アヘモノトス味美シ無毒」と書いてあって自家衝突が生じているがしかしこの第二の方が正説である。同書には更に「一説ニ仏ノ座ハ田平子也其ノ葉蓮華ニ似テ仏ノ座ノ如シ其ノ葉冬ヨリ生ズ」の文があって、タビラコとホトケノザとが同物であると肯定せられてある。そしてこの正説があるに拘わらず更に唇形科の仏ノ座を春の七種の一ダとしてあるのを観ると、貝原先生もちとマゴツイタ所があることが看取せられる。


※8:貝原益軒のこと。怒りの矛先が小野蘭山から貝原益軒へ💦

唇形科品の者をホトケノザという時はタビラコのホトケノザと混雑し、すこぶる不便を感ずる。それゆえ右の唇形科品の者はこれをカスミグサと通称する様にしたらよいと思う。このカミスグサの名は江戸の俗称で、この草が春霞の棚引く頃に咲き出ずるからそう呼ぶのダとの事である。しかしなおその他にホトケノツヅレ、トンビグサ、カザグルマ、サンガイグサ、シイベログサの数名がある。(※9)前に記したタビラコの稲槎菜は支那でも野人がこれを食する事が『植物名実図考』に見えていて「郷人茄之」だの「吾郷人喜食之」だのの語が記してある。


※9:Wikipediaなどでは「サンガイグサ(三階草)」の記述が多く、これが最も定着しているようです。

 要するに春の七種として今世間一般にいっている唇形科のホトケノザを用うるは極めて非でこれは誤認の甚だしいものである。仮令小野蘭山がそうダといっていてもそれは決して正鵠を得たものではない。七種のホトケノザはキク科植物の一なるタビラコの古名である。このタビラコは飯沼慾斎の『草木図説』にコオニタビラコとしてその図が出ている。前にもいった様にこれは支那の稲槎菜でその図が『植物名実図考』に在る。すなわち日本ではタビラコ、支那では稲槎菜である。人によりゲンゲバナ(レンゲソウはこの植物本来の名では無い)をホトケノザと称すれどこれは非である。タビラコの和名はキク科の者が本当でムラサキ科の品は偽者である。この偽者をタビラコの本物と吹聴したのもまた蘭山である。蘭山は実にここに二つの誤謬をあえてしている。


…ということで、牧野先生の「蘭山、このやろう💢」という声が聞こえてきそうな文章でしたが(笑)、途中で挙げた3つの植物の情報を整理すると以下の通りだと思います。(画像はWikipediaのものを使用しています。)

1.シソ科(≒唇形科)のホトケノザ
シソ科のホトケノザ
別名:サンガイグサ(三階草)
備考:不味い、「元宝草/宝蓋草」と表記される

2.キク科のホトケノザ=キク科のタビラコ
シソ科のホトケノザ
別名:コオニタビラコ(小鬼田平子)、カワラケナ(土器菜)
備考:春の七草

3.ムラサキ科のタビラコ
シソ科のホトケノザ
別名:キュウリグサ(胡瓜草)
備考:飲み込むときに気持ち悪い



…ということで、大して試験の点数に繋がるわけでもありませんが💦、面白い文章だったのでご紹介させていただきました。
とりあえずは、「元宝草(ほとけのざ)」「土器(かわらけ)」「胡瓜(きゅうり)」が読めればOKです👍
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する