漢検1級模擬試験倉庫

文章題訓読み問題 その4

文章題訓読み問題を出題します。(詳しくはコチラ

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。



61.そこには甘蠅老師とて古今をしゅうする斯道の大家がおられるはず。(中島敦「名人伝」より) <答え>

62.「神はむべきかな!」とブロイニングが書いている――「永い間苦労の多かったこの受難の一生を神がついに終わらしめ給うたことを神に感謝しようではないか!」(Romain Rolland/片山敏彦訳「ベートーヴェンの生涯」より) <答え>

63.真楽吾隠さず、欣然として煩襟をうす。(幸田露伴「運命」より) <答え>

64.すなわち三つに分裂した殻片は存外その質が硬くその舟の様に成っている中央部へ縦に円い小さい種子がんで着いている。(牧野富太郎「植物記」より) <答え>

65.故に将士は営に至れば、即ち休息するを得、暇あれば王射猟して地勢を周覧し、禽を得れば将士に頒かち、塁を抜くごとに悉く獲るところの財物をう。(幸田露伴「運命」より) <答え>

66.たまたマ降参を申し込んでし得たるところ若干ぞと問えば、貴重な留学時間を浪費して下宿の飯を二人前食いしに過ぎず、さればこの降参は我に益なくして彼に損ありしものと思惟す、…(夏目漱石「自転車日記」より) <答え>

67.帝これを見て大いにきたまい、今はとて火を大内に放たせたもう。(幸田露伴「運命」より) <答え>

68.そう言うお雪の横顔が、お増の目に惨めに見えた。張り合いのなさそうな、懈いその生活がそぞろにれまれもした。(徳田秋声「爛」より) <答え>

69.昼間井元の家に馳せつけて、無惨な死体を見て来た田原は、酒が胸にえ、それをまぎらす為に飲むので、一層酔ってしまった。(水上滝太郎「大阪の宿」より) <答え>

70.この一話、操觚者流の寓意譚にあらず、永く西欧の史籍に載りて人の能く伝唱する所、唯これ一片の逸話に過ぎずと雖も、然も吾人にうる事甚だ深しとなす。(石川啄木「閑天地」より) <答え>

71.だが、身をもがけばもがくだけ、彼女には自分がせて蒼白い一人の少女に過ぎないことがはっきりと感じられた。(神西清「青いポアン」より) <答え>

72.夜永の夜延(よな)べには、親子兄弟大きな炉側でコトコト藁をっては、俺ァ幾括(いくぼ)だ卿(おめえ)は何足(なんぞく)かと競争しての縄綯い草履草鞋作り。(徳冨健次郎「みみずのたはこと」より) <答え>

73.松岡はまた先刻の横に幅のひろい、何かがんで逃げたような物かげを不図思い出して見た。(室生犀星「三階の家」より) <答え>

74.何らかの意味において基底的なるものが考えられるかぎり、それは自ら働くものではない。自己否定を他にたなければならない。(西田幾多郎「デカルト哲学について」より) <答え>

75.道衍の卓敬に対する、衍の詩句を仮りて之を評すれば、道衍量何ぞきやと云う可きなり。(幸田露伴「運命」より) <答え>

76.そのベルナルドオを難ずる詞は、多少我創痍に灌ぐ薬油となりたれども、アヌンチヤタをむる詞は、わが容易く首肯し難きところなりき。(Hans Christian Andersen/森鴎外訳「即興詩人」より) <答え>

77.めずらしく激しい声であった。捉えどころのない侮辱が彼の脳裡にった。(本庄陸男「石狩川」より) <答え>

78.たとえば、古エジプトの神ホルスは、日を右眼とし、月を左眼とし、その眼力能く神敵たる巨蛇アペプをる。(南方熊楠「十二支考 -蛇に関する民俗と伝説-」より) <答え>

79.お清は、平ったい竹籠から火鉢に炭をついで、細い息で吹きした。(豊島与志雄「反抗」より) <答え>

80.願わくは陛下(きみ)、天の下を挙げて皇后に附けよ。りて大友皇子を立てて、宜しく儲君(もうけのきみ)と為たまえ。(亀井勝一郎「大和古寺風物誌」より) <答え>
関連記事

コメント

今日もねむい

おはようございま~す
正月明けから連日の飲み・・・今日もねむいです
年末年始で摂生した身体が、すでに老廃物の塊と化した(汗)

61.「曠古」なんですね~
「古今を曠しゅうする斯道」
読めましたが、意味がいまいち取れなかったので、調べたらわかりました~

78.「き-る」にしてしまいました~
  「くびき-る」しか無いんですね~

文語体が多いので結構難しかったですが、訓練になりました。

ありがとうございました!

  • 2018/01/11(木) 09:54:03 |
  • URL |
  • rikuroku #-
  • [ 編集 ]

ご自愛ください

rikurokuさん、コメントありがとうございます。
「古今を曠しゅうする」飲酒量でしょうか?^^;
肝臓を油断させた分、ダメージが大きそうですね💦
体調を崩さないよう気を付けてくださいね。

「剄る」…悩ましい出題でした。意味も「くびきる。くびをはねる。」となっていて、単に「切る」意の使い方はしないようですね。

文語体での出題は訓練になりますよね^^
こちらこそありがとうございました。

  • 2018/01/11(木) 10:59:19 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する