漢検1級模擬試験倉庫

チャレンジャー向け模擬試験その1(記事版)

「チャレンジャー向け模擬試験その1」の問題と解答です。(ヒントはありません。)
問題文などは省略しておりますので、形式等にご注意ください。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。



(一)
1.猝かに百雷の如き吶喊の声が響く。
2.仏龕が開かれるや否や人々は跪拝した。
3.濛濛たる黯靄に東西眩る。
4.智勇兼備せる宿将、軍旅を統馭す。
5.童丱より彝倫を践み、志士仁人となる。
6.人事を総攬し吏員の黜陟銓次を重ねる。
7.主の嬖臣を猜忌し、密かに鴆殺を謀る。
8.或いは茵席に堕ち、或いは糞溷に落つ。
9.霑体塗足の民多く、皆盻盻然と劬労す。
10.剽姚たる驃騎兵が敵の堡砦に攻め入る。
11.三釁三浴の心で佳賓を招邀する。
12.哭泣する親類に見送られ輀車が行く。
13.闃寂たる梵砌に、孑然と漫歩す。
14.其の田漢、豕喙を持つが如く貪婪なり。
15.飆飆たる朔風に旌旆翩翻と閃く。
16.脂粉を揩いて膩理の肌を露にす。
17.悽愴たる惨状に逬涕滂沱たり。
18.上司の頤令に忿懣遣る方無い
19.聖躬は見えずとも乾徳は海内に普覃す。
20.復楊柳に泥鰌を徼むべからず。
----------------------------
21.巫覡の修祓により殃禍をう。
22.亀鏡にわぬ一国者に手を焼く。
23.嚇怒した蝲蛄がを烈しく掉う。
24.雄勁にして筆力鼎をぐべし。
25.海岸を逍遥して磯蜷を集める。
26.華表のに靠りて竢つ。
27.一番綺麗な俥をって客を乗せる。
28.生を華胄の家にく。
29.藺筵を展べて讌飲を楽しむ。
30.贍給を仰ぐ事わねば輒ち困阨す。
 
(二)
1.その程度では何らツウヨウを感じない。
2.春タケナワの庭でお花見をする。
3.セッカンされた子どもが泣き噦る。
4.愛情を注いで子をキクイクする。
5.インビな遊び場を取り締まる。
6.左官がコテを器用に使う。
7.兵燹により街はジンカイに帰した。
8.メクルメく光に包まれる。
9.火傷のハンコンが腕に見られる。
10.航空機が大陸間をショウハする。
11.コウシツの如く親しく交わる。
12.卒業生にハナムケの言葉を贈る。
13.るか反るか、孤注の勝負に臨む。
14.動揺してシンキ亢進を起こした。
15.シンキするつもりが、逆に寝坊した。
16.策士のシンキ妙算に感歎する。
17.昇進のため、上司に胡麻をった。
18.財布をった犯人が捕まった。
----------------------------
19.塩をカマスに入れて持ち運ぶ。
20.クヌギの木から団栗が落ちる。
 
(三)
1.情けと仇。
2.いいかげんで手抜かりが多いこと。
3.からまりつくこと。
4.後輩を奮起させ指導する。
5.追い詰められ苦しむこと。
 
おんしゅう、きんぱく、しゅうそう、ずろう、
そこつ、ていせい、てんじょう、らくはく
 
(四)
問1
1.(   )無欠
2.(   )低唱
3.(   )停機
4.(   )続鳧
5.(   )高楼
6.繁文(   )
7.心広(   )
8.竜蟠(   )
9.断章(   )
10.狗吠(   )
 
きんおう、こきょ、しい、しゅぎ、じょくれい、
せんしん、たいか、たいはん、だんかく、ちょし
 
問2
1.弱みに付け入り、追い討ちをかける。
2.才能のある人ほど衰えやすい。
3.質素で慎ましいたとえ。
4.非望を抱いて破滅する。
5.力の強いものが、更に力を付ける。
 
呉牛喘月、為虎傅翼猿猴取月、甕牖縄枢、
甘井先竭、突怒偃蹇落穽下石、藜杖韋帯
 
(五)
1.手水
2.海蘿
3.皁莢
4.車前
5.忍冬
6.紅絹
7.兄鷂
8.金翅雀
9.大口魚
10.人面竹
 
(六)
ア 1.匯滞 … 2.匯る
イ 3.脩迥 … 4.迥か
ウ 5.噬螫 … 6.螫す
エ 7.厳愨 … 8.愨む
オ 9.闡繹 … 10.闡く
 
(七)
1.旭日
2.幫助
3.瞰臨
4.精進
5.稀疎
 
6.孺子
7.甘酸
8.星座
9.僻陬
10.籬落
 
きゅうせき、ぎょうせん、けたい、しょうえん、しんしゅく、
せいちゅう、ちゅうみつ、へんすい、ようがい、らっき
 
(八)
1.ネイゲンは忠に似たり。
2.目はゴウモウを見るも睫を見ず。
3.文籍腹に満つと雖もイチノウの銭に如かず。
4.ヘソが西国する。
5.三界の火宅、シクの露地。
6.ルイランの危うき。
7.ケラの水渡り。
8.目、鏡を失えば則ち以てシュビを正すこと無し。
9.デンソ化して鶉となる。
10.ザンシン国を乱し、妬婦家を破る。
 
(九)
 明治三十四年一月廿五日、予、先生を三田の邸にア.いしは、午後一時頃なり。例の通り奥の一間にて先生及び夫人と1.テイザし、2.カンケンの挨拶了わりて先生先ず口を開き、この間、十六歳の時咸臨丸にて御供したる人来たりて夕方まで咄(はな)しましたと、夫人に向かわれ、その名は何とか言いしと。…(中略)…談次、先生イ.かに坐を起ちて縁の方に出でらる。その3.キョシ活潑にして少しも病後疲労の体見えざれば、予、心の内に先生の健康全く旧に復したりと窃かに喜びたり。
 夫人云わるるよう、この頃用便が至って近くなりまして、いつもあの通りで困こまりますと。やがて先生座に復され、予、近日の飲食御起居如何と問えば、…(中略)…食物は魚ウ.びに肉類は一切用いず、蕎麦もこの頃は止めました、粥と野菜少しエ.り、牛乳二合ほどつとめて吞みます、すべて営養上の4.シコウはありませんと。この日、先生頗る心能(よ)げに喜色5.ビウに溢れ、言語も至って6.メイセキにして爽快なりき。…(中略)…
 嗚呼、先生は我が国の聖人なり。その碩徳偉業、宇宙にオ.炳琅として内外幾多の新聞皆口を極めて讃称し、天下の人の熟知するところ、予が7.チョウチョウを要せず。予は唯一箇人として四十余年、先生との交際及び先生より受けたる親愛恩情の8.イッパンを記し、いささか老後の思いを慰め、またこれを子孫に示さんとするのみ。…(中略)…
 予が新銭座の宅と先生の塾とはカ.咫尺にして、先生毎日のごとく出入せられ何事も打ち明け談ずるうち、キ.に幕政のク.敗頽を嘆じける。…(中略)…
 先生の親友に高橋順益という医師あり。至って9.バクゲキにして管鮑ケ.ならず。いつも二人相伴いて予が家に来り、互いに相10.チョウギャクしてコ.旁人を笑わしめたり。(木村芥舟「瘠我慢の説 -福沢先生を憶う-」より)



<解答の表示>

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する