漢検1級模擬試験倉庫

分野別対策 文章題書き取り問題その10

文章題書き取り問題(選択形式)です。

語群(1~5):[でんちゅうてんめんぶべんへいそくらくいん]

◇十一月十四日。晴れ又陰る。午前凌霜子来話。午後海神無線電信所附近の畠地を歩す。葱大根白菜菠薐草をつくる。土地に高低あり。此方なる高処に立ちて松林の間に彼方なる低き(1.)を望めば冬の日うららかに野菜の葉を照らしたる色彩の妙言うべからず。灯刻中山の町にて鰻蒲焼き(一串十五円)を購い帰る。(永井荷風「荷風戰後日歴 第一」より)

◇元治元年の禁門戦争の結果は、いよいよこの反動的な時勢の動きを、露骨に示している。凡そ無分別な長州勢の禁裡に対する発砲は、今まで勤皇運動の総本山とも云うべき長州藩に対して、ハッキリと朝敵の(2.)を押しつけた。勤皇側の公卿の参朝停止、これは有名な七卿落ちとなって、惨憺たる急進派の敗北である。
 京都の市中は、今や勤皇の志士は全く(3.)して、所司代の役人や、会津桑名の藩士、さては新選組の浪士たちが、肩で風をきって、闊歩している。
(菊池寛「二千六百年史抄」より)

◇おやじは僕を兵隊にしようと、その頃から思っていたらしい。そして、僕が、後年、文学をやり出したのを見て、心甚だ平らかでなかったのは確かである。
 然るにおやじが、嘗て、一篇の新体詩をものしたことのある事実を、最近に至って発見したのである。
 それは、日清戦争が始まって、将に戦地に向かおうとする時、宇品から、母に送ったものである。勇壮な歌調、しかもおのずから(4.)たる情緒を漂わせたものであることはいうまでもない。一介の(5.)、あれでも三十にして多感の詩人であったかと思うと、僕の幼時は、案外文学的に恵まれていたかもしれぬ。
(岸田國士「『追憶』による追憶」より)

<ヒントの表示(1~5)>

語群(6~10):[あいたいえんぷさんらんばんくつひしゅ]

◇そこから路は右を指して急な登りとなり、(6.)せる樹根を蹈んで、巨巌の欹てる間を右に左に辿り行くさまは、木曽駒の登りに能く似ていた。(木暮理太郎「木曾駒と甲斐駒」より)

◇眼がくらくらして、最初は物の相が、ハッキリと見えなかった。が、漸く眼を定めて見渡すと自分の立って居る足下には、(7.)と輝く金砂と銀砂が、鴨川石か何かのように惜しげもなく撒き散らされて居るのを見た。頭上を見上げると、澄み渡った大空の金のささべりをとった紫雲が、(8.)と棚引き渡って居た。(菊池寛「極楽」より)

◇始皇は細心であると同時に大胆であつた。六国を滅ぼした彼が、如何にその遺族旧臣の(9.)となって居るかは、彼自身は万承知して居る。前には荊軻の(10.)閃き、後には張良の鉄椎が投げられた。尋常一様の君主であつたら、必ず警戒して出遊せぬ筈であるが、彼は何等顧慮する所なく、連年巡幸を継続した。(桑原隲藏「秦始皇帝」より)

<ヒントの表示(6~10)>



<解答の表示>


関連記事

コメント

鰻たべた~い

おはようございます。

ひでまろさんも昨日食してるし、ここにも出てきたし鰻食べたいよ~
当時十五円か~物価はどんなもんだったのかな~

文章題楽しかったで~す
このぐらいわかりやすい文章だといいな~(笑)
「えんぷ」は僕も最近「熟語訓練」出題リストに入れていたところです。
「2018/1/12space+さん文章題出題」と備考にいれておきました~

ありがとうございました!

  • 2018/01/12(金) 10:05:36 |
  • URL |
  • rikuroku #-
  • [ 編集 ]

鰻ハウマッチ

rikurokuさん、コメントありがとうございます。

「えんぷ」は難問のつもりで出しましたが、チェック済みだったようで流石ですね👏👏👏

鰻の値段、調べてみました。
消費者物価指数での比較です。
日付は昭和21年11月14日ということですが、昭和21年は数値がありませんでした💦
昭和22年から数値があり、年平均は5.4でした。
去年が99.9なので、15円×99.9/5.4=277.5円ということになりますね。
ただし、企業物価指数は昭和21年も数値があって昭和22年の1/3程度しかないので、3倍程度の800円近い値段だったのかもしれません。
戦後なので物価の上昇率が大きく、はっきりとは分からないですね…。

↓コチラを参考にしました。
https://www.boj.or.jp/announcements/education/oshiete/history/j12.htm/

お腹がすいてきました(笑)
こちらこそありがとうございました😊

  • 2018/01/12(金) 11:01:49 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する