漢検1級模擬試験倉庫

模擬試験その37 制作後記

「模擬試験その37」に挑戦していただいた皆さん、ありがとうございました。

模試公開記事にも追記しましたが、想定より難しかったようなので、予想の合格ラインの数字はあまり気にしないでください。
2,3分野で想定より1つずつ難問があるだけで、5点ほどのズレが出てしまうので、なかなか想定通りにはいきませんね…。
漢検さんも相当苦労されていることと思います(笑)

では、今回の後記です。「続きを読む」をクリックしてご覧ください。
(「その37」の解答等の内容に触れていますので、ご注意ください。)



(一)3「欣説(きんえつ)」

「喜ぶ」意の時は、「説」は「エツ」ですね。
分かっていても、慌てて誤答することがあるので、注意が必要です。

(一)20「加蜹魚(かぜいぎょ)」

鯛のことです。
もし漢字辞典に載っているとしたら、異体字の「蚋」の方での掲載かもしれません。

ちなみに、チェックしていただいた方に出題文を褒めていただいて気が付いたのですが、今回の音読み問題は、13以外は全部自作の文章になってしまいました(苦笑)
諺っぽいものもありますが、適当に作文したものですので、故事等がある訳ではありません…念のため(汗)

(一)29「白齏(しらあ)え」

「齏(あ)える」は第二版の読みです。
ただし、「白齏え」は第一版でも大見出しになっているので、第二版の読みの中では、比較的出やすいのではないかと思い出題しました^^;
「心延(こころば)え」など、他にもこういうパターンはありそうです。

(二)13「脂下(やにさ)がる」

漢字が思い付きにくいのではないかと予想しています。
「目脂(めやに)」「松脂(まつやに)」など、意外と「脂(やに)」の使用例は多いので、どういったパターンでも対応できるようにしたいところですね。

(三)5「献酬」

今回の語選択はそこまでの難易度では無いと思いますが、常用熟語の「献酬」だけは少し正解率が下がるでしょうか…?

(四)問1

「麦穂両岐」「電光朝露」が常用四字熟語でした。
「麦穂両岐」の方が難しいのではないかと思っていましたが、両方とも難問だったようです。
「朝露」は単独でも「はかないもののたとえ」として使用されますね。

(四)問2-2「怒猊抉石」

「怒猊の石を抉るが如し」のことです。
実はこの四字熟語、続きの四字熟語があります。
同じ意味を持つ四字熟語で、漢検四字熟語辞典の1級配当のもの(のはず)ですが…分かりますか?
検索フォームの「怒猊抉石」の後に「空白」(スペースキー)を入れてみると…?→怒猊抉石

<よく分からなかった方はここをクリック>


(七)3「責譲⇔宥恕」

「誚譲⇔宥免」が過去問にありましたが、「誚譲」と同じく「責譲」の「譲」は「責める」意です。

(七)5「皓白/[皎白]」

漢検辞典には無いものでしたが、推測できましたか…?
このあたりの語が推測で正解できるようになると、学習が特に楽しくなってくるのではないでしょうか?^^

(七)7「丹款」

こちらも漢検辞典に無く、かつ、推測も難しい難問でした。
「たんかん」という音も大した特徴が無いので、他の問題にも影響を与えてしまったかもしれませんね…。

(九)1「異同」

辞典にもある通り、「同」に意味はありません。
出題文だと、「異なるものと同じもの」という意味で捉えても成立しそうなので、なんとなく「異同」と書けた方もいらっしゃるかもしれませんが、語選択などでも自信を持って「異同」と書けるように正しく理解しておいてください。

(九)2「一介」

「イッカイの~」という表現は比較的使われるものだと思いますが、「介」が浮かびにくそうです。

(九)3「梓行」

「思考」は、その後の文が少し変になりそうなので不正解とさせていただきました。
ただ、いただいたコメントをきっかけに「施行」がありえそうな気がしてきましたし、「試行」も怪しく思えてきました…(-ω-;)ウーン
しかしながら、直前に「発刊」という語があるので、「梓行」という語が最も適しているとは言えると思います。

(九)4「裘葛」

「四年後」を「裘葛を更(か)うるに此四回」と表現していますね。
他の箇所でも「幾十載の星霜を費やす」「歳華の改まるを知らず」と、時が経つ表現をいくつものパターンで使い分けています。
こういったところに、牧野先生(著者・日本植物分類学の父)の知識の深さを感じます。
ちなみに、「歳華」は「広辞苑」によると、「(「華」は日月の意)としつき。歳月。」という意味です。

(九)5「曲尽」

一般的には難問かと思いますが、過去にどこかで出題しているので、そちらの対策をされている方には正解して欲しい…です^^;

(九)8「土陽僻陬の郷」

「土陽(=土佐)」としていますが、実は「土陽」についてはよく分かりませんでした(汗)
「土陽新聞」が高知に関係がありそうなこと、また牧野先生の出身が高知であることから、「=土佐」としておきました。
(本当は「≒」としたかったのですが、PDFで上手く表示できませんでした。)
出題に問題は無かったと思いますが、お分かりの方がいらっしゃったら、是非ご教示ください。

(九)ケ「干(もと)める」

第二版の読みでした。
前後から推測できる方もいらっしゃるかもしれませんが、難問と予想しています。


尚、作品名「新撰日本植物図説」とありますが、これは青空文庫にはありません。
「牧野富太郎自叙伝」の中に「新撰日本植物図説」の序文が引用されており、その部分を出題に利用しました。
また、原文には句読点がありませんので、こちらで判断して句読点を入れました。
もし句読点の不適当な箇所があれば、ご教示いただければ幸いです。


さて、既にお知らせしている通り、次回の模試「その38」は、2週間後9/16(土)の公開を予定しております。
実はまだ完成していないのですが、この記事が(予約で)出るころまでには、何とか完成させたいと思っています(汗)

尚、本試験29-2までのPDF版の模試は次回が最後です。
(ちなみに、試験直前週に「29-2直前模試」を記事で出す予定です。)
次回の模試もお楽しみに~(^^)/
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2017/09/03(日) 16:21:25 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

1級の土台が出来ています

挑戦およびコメントありがとうございます。
次回を1週早めることにしたので、急遽今回も1週早めることになりました。
喜んでいただけたようですが、模試の数は変化しません、すみません(汗)

・「徒口」…「徒跣(かちはだし)」からの推測で逆になってしまった感じでしょうか…?^^; 「徒」は読みが多いので、混乱しないように注意が必要ですね。
・「置酒」…ちょっと前の記事のせいで惑わされてしまったかもしれませんね。どちらかというと、実力者向けのダミーのつもりでした。

意外と触れるべきところが見つかりません…というのも、抑えるべき1級漢字の問題をほぼ抑えられているからです。
間違えられたのは準1級や常用のものばかりで、失礼な言い方になってしまうかもしれませんが、落差が激しい状態ですね。
ただ、1級漢字を抑えることがまず第一のステップですので、そこはクリアできていると前向きに捉えるべきでしょう^^

今回の文章題は読み書き共に下級の出題が多かったこともあるので、(苦手は苦手でしょうけど)貴殿が想像されているほど文章題が苦手な訳では無いと思います。
ミス部分をご覧いただければ分かると思いますが、1級漢字のミスは読み書き共に1つずつしかなく、1級漢字の対策が実を結んでいる証拠だと思います。

また、全体を通して1級漢字の知識の深さを感じさせる誤答がいくつかありました。
「1級の土台がしっかり出来あがっている」と自信を持っていただきたいです。

次のステップは準1級熟語や常用熟語でしょう。
ただ既にある程度対策は進めていらっしゃると思いますので、焦らなくても大丈夫です。
とりあえず出逢ったものを、他の出題形式でも正解できるようにしっかり対策していけば、1級熟語と同様に積み上げていけると思います。

とりあえずコメントを送信して、もう1件に関しても、この記事に続けて返信させていただきます。
少し時間が掛かるかもしれませんが、気長にお待ちいただければと思います。

  • 2017/09/03(日) 17:44:39 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

もう1件に関して

遅くなりましたが、もう1件に関して、返信させていただきます。

・その1に関して
触れられている番組に関しては、殆ど見たことがないのですが、仰りたいことは何となく分かります。
私は「泣ける映画」という宣伝文句があまり好きではありません。
(映画そのものに伝えたいメッセージがあり、見て結果的に涙するのは全く気になりませんが、)もし、泣かせることを目的として感動的な題材を探し、それを商業的に利用しているとしたら、それが正しいことだとは思えないからです。
なので、もしかしたら貴殿と似たようなことを感じているのかなと思いました。

弊ブログを「桃李」に喩えていただいて、大変光栄です。
「感動に値する」というのは流石に大袈裟だと思いますが(苦笑)、皆さんが「学習が楽しい」と思うきっかけになれているとしたら、私としても幸せです。

・その2に関して
実力のある人を見ると「何でこんなことができるのか」と驚いてしまいますが、私から見れば貴殿の趣味は同じように驚くべきことですし、そもそも準1級合格も、一般から見れば凄いことだということを忘れてはいけませんよ^^;
ちなみに、「自分が言われない様に~」の部分は私も同じことを思っています(笑)

確かに、もしかしたら凄い人をライバルにしてしまったかもしれませんね(汗)
本当に1級受検者の皆さんは様々な才能をお持ちですし、人として魅力的な方が本当に多いです。
勿論、貴殿もそのうちのお一人です^^

・その3に関して
いつも嬉しい言葉をかけてくださいますが、特に最近は本当に心を撃ち抜いてきますね(笑)
今は必死に堪えていますが(苦笑)、今晩思い出して泣いてしまいそうです^^;
出来れば貴殿には堂々と公開でコメントしていただきたいと思っていたのですが、最近のコメントは私が(勿論嬉しくて)恥ずかしいので非公開でいいです(笑)

「プレゼント」は必ず送らせて(?)いただきます<(_ _)>
確定したら、また記事でご報告させていただきますね^^
ちなみに、私の誕生日は11月ですので、「WEB合否結果公開」の頃でしょうか…?
お返しに何が良いかは…分かりますね…?(笑) (←勿論冗談ですからね^^;)

「その38」も楽しみにしていただいているようで、とても嬉しいです。
(まだ修正の必要はありますが、)何とか問題は完成しましたので、公開に向けて準備を進めたいと思います。

こちらこそいつも励みになるコメントをいただいて、本当に感謝しております。
ありがとうございました(^^)/

  • 2017/09/03(日) 20:08:08 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad