漢検1級模擬試験倉庫

分野別対策・出題範囲 その1

この記事は、学習記事「大見出し語表+αからの問題」が難しいと感じておられるビギナーおよびチャレンジャーの方に向けたものです。
今後の学習記事での出題内容を含むため、ある程度の実力をお持ちで「学習記事で力を試したい」と思われる方は閲覧に十分注意してください。

上記に該当するビギナーおよびチャレンジャーの方のみ「続きを読む」をクリックしてご覧ください。



まず始めに、学習記事「大見出し語表+αからの問題」シリーズは今週で終了します。
来週はお休みをいただき、再来週から「分野別対策」として引き続き学習記事を出す予定です。

出題範囲の制限を無くす予定なので、恐らくはこれまでより難化すると思われます。
これまでの出題を難しく感じておられた方には、さらに大変になることが予想されます。

そこで今回は「出題範囲」を予め示しておくことにしました。

具体的に言い換えると…
「分野別対策 その1」は8/28(月)、8/30(水)、9/1(金)にそれぞれ10問、計30問を出題しますが、以下に示す「出題範囲 その1」にある50の熟語の中から出題します。

「出題範囲」の対策をしておけば、その後の記事の問題は"復習"として挑戦する形になり、単純に問題に挑戦するよりも効率的に学習できると思います。

「たとえ難しくとも、他の方と同じように問題に挑戦したい」と思われる方は別ですが、問題のレベルが自分に合わなくて困っておられる方には是非オススメします。
何が出るかは分かりませんので、出題されない残り20の語の対策にもなると思います。

いずれにせよ、上手く活用していただければ幸いです。

それでは、「出題範囲 その1」を以下に示しておきます。
<出題範囲の表示>をクリックすると表示されますので、コピーするなどしてご活用ください。
(範囲を知りたくない方は、くれぐれもご注意ください。)



<出題範囲の表示>





以上ですが、あまり記事が出る直前に対策することはせず、どの程度記憶しているか、また、対類などの形式で出題されて思い付けるか、などを試していただければと思います。
「出題範囲」に関して、何かご要望・ご質問などあれば、コメントしていただければ極力対応いたします。

来週(出来れば金曜日までに)「出題範囲 その2」(9/4(月)、6(水)、8(金)出題分)を出す予定です。
中には週50語のペースが厳しいという方もいらっしゃるかもしれません。
記事は後からでも挑戦できますので、焦らずご自身のペースで進めていただくよう、お願いいたします<(_ _)>
関連記事

コメント

新しい試み。ワクワクしながら私はビギナー&チャレンジャーなので迷わず表示して内容を確認(笑)

知らない単語が10個もありました!

その単語だけ調べて、次に手帳に隔日ごとの出題日を書き込んで準備完了。

まずはこの状態で本番を楽しみに待っています。

大見出し+α-が終わるのは残念ですが、この形式は楽しみです。



  • 2017/08/13(日) 06:25:51 |
  • URL |
  • 而今 #eAb5nx9M
  • [ 編集 ]

新たな形式が浮かびました!

而今さん、コメントありがとうございます。

これまでの学習記事、而今さんでも難しいと感じていらっしゃいましたか…レベル高すぎましたかね…^^;

でも、範囲のうち、4/5はご存知だったということで、大見出しの対策をしっかりされていることが伝わってきます。

ご自身に合った活用法を考えてくださったようで、とてもありがたいです😊

金曜日の出題形式をこれまでとは変えているのですが、コメントを書いている間に新たなアイディアが浮かんだので、更に変更してみたいと思います。
多分、経験したことのない問題形式だと思うので、お楽しみに~(^^)/

とか、予告しといて、上手く出来なかったらすみません(苦笑)

どうもありがとうございました<(_ _)>

  • 2017/08/13(日) 10:03:32 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2019/09/24(火) 15:39:21 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

分野別対策シリーズについて

コメントありがとうございます。

分野別対策シリーズは、極力重複を避けて出題したつもりですが、1年以上続いたことや、文章題の出題など操作できない要素があることを理由に、中には重複してしまったものもあると思います。
(調べてみたところ、「僻陬」の出題は1度だけのようですが…。)
「大見出し語表」のシリーズとは全く別の形で出題しているものですので、その点はお含みおきください。

このシリーズでは、大見出しでない語も多く出題しています。
そのような語には、(PDFには載っていませんが、)各出題記事の解答にも「大見出しでない」という説明を併記しています。
それぞれの「範囲」記事の最後に意味も載せておりますので、参考にしていただければと思います。

また何かご不明の点があれば、お気軽にお声掛けください。
どうもありがとうございました😊

(追記)「1200問」と書かれていますが、出題は30×24=720問のみです。
範囲内の全ての語が記事で出題されている訳ではありませんので、ご注意ください。

  • 2019/09/24(火) 16:04:02 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2019/09/24(火) 16:31:49 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

説明が不十分だったようで、申し訳ありません。
「範囲」として示された50語のうち、30語を記事の問題で出題しているということです。
(残りの20語の出題はありません。)

具体例を挙げると、「範囲その1」の記事にある50語のうち、「対類その1」「語選択その1」「文章題その1」でそれぞれ10語ずつ問題になっています。
言葉だけでは分かりにくいかと思いますので、お手数ですが、実際の記事問題を幾つかご覧いただければと思います。

  • 2019/09/24(火) 17:50:37 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する