漢検1級模擬試験倉庫

分野別対策 文章題書き取り問題その1

分野別対策、金曜日は形式を変更して「文章題書き取り問題」を出題します。
(シリーズ全体の説明はこちらの記事をご覧ください。)

青空文庫にある作品を利用して、書き取り問題を特殊な形式で出題しております。

出題部分は全て空欄になっており、5問ずつその読みを語群に纏めております。
語群から適した読みを選択し、漢字で解答してください。
(語群の語はそれぞれ1度のみ使用可能です。)


問題数は5問×2題=10問です。
<ヒントの表示>を押すと、通常の書き取りの形式になります。
難しく感じられた場合はご利用ください。
(当たり前ですが、ヒントを使用した状態が通常の難易度です^^;)

また、別解の組み合わせがある場合もあると思いますので、答えを見る前にヒントを表示させて確認することをオススメします。

語群は文章よりに示しておりますので、ご注意ください。

難易度は前後の文脈にも依るので、回によって変動が大きいかもしれません。

では、本日の出題です。



文章題書き取り問題(選択形式)です。

語群(1~5):[かんぱいしんせいひんしつへんしゅゆうえき]

◇古来邦画家は先人の画風を追従するにとどまって新機軸を出す人は誠に寥々たる(1.)のごときものがあった。これらは皆知って疑わぬ人であったとも言われよう。疑って考えかつ自然について直接の師を求めた者にいたって始めて一新天地を開拓しているの観がある。(寺田寅彦「知と疑い」より)

◇血を吐いて死んでいた者は、その附近に出没する博徒であった。二人は老婆から金を(2.)する目的で、村の鎮守の神庫を破って、其処から神楽の装束を持ち出したものであった。(田中貢太郎「地獄の使」より)

◇坂口先生に御伴をして宮崎県西都原の古墳発掘にも行きましたが、此等は皆私が講師として留学以前のことであって、諸先生の若い人を如何に懇切に熱心に指導(3.)せられたかを、今日に至ってつくづくと(4.)する次第であります。(濱田耕作「考古學教室の思ひ出話」より)

◇一方に於いて吾々は、クリティシズムを出来るだけ常識的なものと考えなければならない。人物や事物の善し悪しを論じる所謂批判・批評・(5.)のようなものを除外するならば、クリティシズムは嗤うべきスコラ用語となる。(戸坂潤「クリティシズムと認識論との関係」より)

<ヒントの表示(1~5)>

語群(6~10):[きかんげんがくざんさしっぴせんしょう]

◇正月二日(6.)、硯に氷を生ず。そののち尋常。(森鴎外「伊沢蘭軒」より)

◇十一日、晴れ、かつ暖。午前七時、ホンコンへ入港す。ホンコンは台湾南部とともに熱帯圏内にあれば、わが内地の七月ごろの気候なり。(7.)の湾内に林立せるありさまは、東洋第一の要港たるの名に背かず。海上より岸頭を望むに、四階、五階の洋館(8.)せるが、焼余の廃屋のごとくに見ゆるは奇観なり。(井上円了「南半球五万哩」より)

◇その夕方、病人は発熱して、頻りに渇を訴えたので、看護婦が牛乳を取りに台所へ行くと、都合よく皿場の上に牛乳の入った缶があったので、そのまま病室へ持って行って、病人にのませた。ところが、牛乳を缶からあけてしまうと、彼女は、ふと缶の底に、緑色をした(9.)のあるに気附いた。(小酒井不木「誤った鑑定」より)

◇諸君は私の此の言い方を愚かな宣伝と冷笑してはならない。懐疑それ自身は別である、突きつめるところ、自信なく、且つ自己を主張せんとする因循な(10.)的な気取りはもう私に必要でない。(坂口安吾「新らしき文学」より)

<ヒントの表示(6~10)>



<解答の表示>


関連記事
スポンサーサイト

コメント

合わせ技

おはようございます。
文章題と語選択の合わせ技面白いですね~

文章読解力と想像力が同時に養えます。
一番悩んだのは「せんしょう」でした。
「林立」から想像するのが楽しい問題でした。

ありがとうございます。

  • 2017/09/01(金) 10:57:39 |
  • URL |
  • rikuroku #-
  • [ 編集 ]

通常より濃い文章題訓練

rikurokuさん、コメントありがとうございます。
楽しんでいただけて良かったです。
私もこの形式での出題はとても楽しいです^^

而今さんから「出題範囲」の記事にコメントを頂いた際に、「而今さんの実力で範囲を対策したら、書き取りは簡単すぎるのではないか」と思い、他の分野と同じように選択式にしてみました。
前後を必ず読む必要が出てくるので、より文章題の訓練になるのではないかと思っています^^

「せんしょう」は同音異義語がいくつかあるので、「入港」「湾内」「林立」あたりからイメージできるかどうかでしたね。
「きかん」があるので「○艦」と書く人もいそうですが、おそらく船は「林立」とは言えないので不正解でしょう。
色んな要素が複雑に絡み合って難しかったのではないかと思います。

とりあえず「その6」まで続きますので、よろしくお願いいたします<(_ _)>
こちらこそありがとうございました。

  • 2017/09/01(金) 11:37:20 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

ドキドキして開いて見たら、まさかの文章題形式!しかも、語選択も!

…余計にドキドキしながら解きました(笑)

「船檣」が浮かんでこなくて、頭に浮かんだ「先蹤」「尠少」「僣称」の三択で苦し紛れに「尠少」で×。同音意義で纏めていたのに復習不足。

勉強になりました。有難うございました。

  • 2017/09/01(金) 11:46:55 |
  • URL |
  • 而今 #eAb5nx9M
  • [ 編集 ]

「晨星」と「寥々」

而今さん、コメントありがとうございます。
rikurokuさんへの返信でも書いた通り、而今さんのコメントのおかげで、(個人的に)面白い出題形式が思い浮かびましたので、大変感謝しております^^

「船檣」は難問だったと思います。
文章から情景が浮かぶかどうかですね…。

ちなみに、(人の学習方針にとやかく言うべきではないのは分かっておりますが、)同音異義語の纏めすぎには注意していただきたいと思っています。
例えば、よく使う語で言うと、「給食」と「求職」、「交差」と「黄砂」などは普通頭の中で別々の引き出しに入っているものですよね…?
使いこなせる語に関しては、同音でまとめるようなことは普通はしないので、同音での纏めは、自然な語の認識の仕方に反するのではないかと考えています。
(ただし、「追及」と「追求」などのように似た意味であれば別です。)
勿論、試験の点数だけを考えればそれなりの効果はあるとは思いますが、私としては出来る限り自然な形で言葉を覚えていただきたいので、(「しょうよう」「しょうじょう」など一部の重要なものは対策すべきと思いますが、)同音のものを出来るだけ纏めよう、とはしないでいただきたいと思っています。
(ちなみに、私は「せんしょう」と聞いて「僭称」ぐらいしかパッと浮かびませんが(汗)、必要な時には他の語も大体ちゃんと出てきます。)

仰る通り、「晨星」は「数が少ない」意です。
「晨星」というと四字熟語の影響で「落落」とセットのイメージがありますが、青空文庫の使用例を調べると「寥々」と合わせて多く使用されているので、文章題対策としては「寥々たる晨星」「晨星寥々たり」という使い方を覚えておいた方が良さそうです。

長々と持論を展開して失礼いたしました。
こちらこそコメントどうもありがとうございました<(_ _)>

  • 2017/09/01(金) 12:57:59 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

申し訳ありません。
先ほどの分野別問題のコメントで「晨星」の意味を「数が少ないこと」と書いた後に悩んで勝手に削除してしまいました。間違っていなかったのですね(汗)

まだまだ、名前を出してのコメントは恐る恐るです…

誰もが見れる媒体は怖いし、私は何度か傷ついたり悩んだりしてきました。

恥を晒すのも楽しい事ではありません。

でも、私と同じようなチャレンジャーの人たちが、ブログでの凄い人たちばかりのコメントや点数を見て諦めてしまうより、「低いレベルの人も頑張って挑戦して色々間違えているなぁ~こんな間違えをするのか~」「自分より低いレベル、若しくは同じようなレベルの人は、今この記事に取り組んでいるのか~」と思って一緒に挑戦して貰えれば良いかな。と思って恐々ですが、書き込むようにしています。

同音意義については、きりがなくなってしまうのが最近判明しました(苦笑)

電子辞書を使うと尚更です。沢山出て来てしまって手に追えなくなりました。
やはりある程度推測して解答する力が必要なのかしら(^-^;

来週は「予習なし」パターンでの挑戦です!楽しみにしています。

あと、チェックをすると斜線が引けるのは大変便利です!有難うございます。

  • 2017/09/01(金) 13:29:35 |
  • URL |
  • 而今 #eAb5nx9M
  • [ 編集 ]

失礼しました

すみません、コメント編集のお知らせは来ていたのですが、編集されたのは行間だけだと思い込んでしまいました。
大変失礼いたしました。

他のチャレンジャーの方のことを考えてコメントしてくださっていることに、とても感激いたしました。
私もコメント等は得意な方ではありませんので、恐る恐るコメントするというお気持ちはなんとなく分かりますが、辛いご経験があるとのことで、尚更勇気が必要なのでしょうね…。
それでも思い切ってコメントしてくださることに、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

コメントしてから返信が来るまでの間、不安に思われる方もいらっしゃると分かっているので、出来る限り早い返信を心掛けているのですが、どうしても返信内容の推敲に時間が掛かってしまうことが多く、申し訳なく思っております。

ちなみに、而今さんは全然低いレベルではないです^^;
数年前の試験レベルなら180点以上取れるぐらいのレベルですから、過去の合格者より実力があると言えるでしょう。

同音異義語に限らず、語は自然に出逢ったものを大切にするのが良いと個人的には思っております。
「多くの人と仲良くなりたい!」といって矢鱈と声を掛けると、皆引いてしまいますが(苦笑)、偶々声を掛けてもらった人との交流を大切にしていけば、徐々に交流の輪が広がっていくように思います。
同じように、言葉も無理矢理どんどん覚え込もうとすると、一気に忘れてしまうことがあるので、無理なく焦らず自然に対策量を増やしていくべきかと思います。
「無理なく焦らず自然に」の線引きはなかなか難しいですけどね…^^;

次回も楽しみにしていただいてありがとうございます。
また、語群消去機能を活用していただいているようで、付けた甲斐がありました^^

「晨星」については、大変失礼いたしました。
わざわざご丁寧に返信していただき、こちらこそありがとうございました。

  • 2017/09/01(金) 14:05:29 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

頭の体操

こんにちは。この新企画、秀逸ですね。まず、語群を見ずに挑戦してみたところ、1、4,7、はお手上げでした。その他はなんとなくイメージが浮かんできました。推理力を鍛えるには恰好な問題だと思います。ハイレベルの推理ゲームを楽しめました。

他の方へのコメントで触れられていた同音語の件、私もまったく同感です。ツイッターなどで、これ見よがしにマイナー語を羅列しているのを見ると辟易しますし、漢字学習の本質を見失うような気がします。誰しも興味のある分野に深入りする傾向があるのはやむを得ませんが、とくに訓読みや当て字・熟字訓などは「やりすぎは禁物」が私の持論です。

この企画、来週以降も大いに楽しみです。

楽しんでいただいて光栄です

ひでまろさん、コメントありがとうございます。
新企画をお褒めいただき大変恐縮です。

出題側からだと、通常の形式より更に難易度がよく分からないのですが(汗)、段階的に挑戦して楽しんでいただけたようで、出題者冥利に尽きます。
数ヶ月前には、「文章題の対策はするつもりは無い」と宣言していたにもかかわらず、いつの間にやらかなり徹底的に対策してしまっている自分がいます(苦笑)

確かに、やりすぎ感のあるツイート等は(そこまでツイッターをチェックしていない私でも)見ますね…。
知らないものはメジャーでもマイナーでも同じように「難しい」と感じてしまうので、混乱されてしまうのかもしれませんが、語、読み、情報などの「玉石同匱」はやめていただきたいところです。
どこまで対策すべきかの線引きはとても難しいですが、重要なものを見極める能力は、他者の才能や長所を見抜く能力や、ネット上の膨大な情報から有益なものを見抜く能力にも通じるものだと思っているので、線引きをせず学習するのは色々と勿体ないと思います。
適切な学習で点を伸ばすことが出来れば、漢検1級学習を通じて多くのものが得られると私は考えています。
「やりすぎは禁物」は仰る通りだと思いますし、やりすぎるのは言葉がぞんざいに扱われている感じがして残念な気持ちにもなります。
長々と語ってしまいました(苦笑)

来週以降も楽しみにしていただいて、大変光栄です。
どうもありがとうございました。

  • 2017/09/01(金) 15:57:09 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad