漢検1級模擬試験倉庫

模擬試験その27(記事版)

「模擬試験その27」の問題と解答です。(ヒントはありません。)
問題文などは省略しておりますので、形式等にご注意ください。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。



(一)
1.蓼虫は苦さを知らず。
2.父母は戚戚たらず、妻子は咨咨たらず。
3.権力者の鬚塵を払う。
4.尭舜道に遵いて耿介なり。
5.滉瀁たる湖に扁舟を泛かべる。
6.鼎をのごとく玉を石のごとくす。
7.最後まで懃懃懇懇と説明する。
8.蟋蟀鳴きて嬾婦驚く。
9.事故により顱頂骨に罅が入る。
10.瓦甌篷底に独り斟む。
11.之に従うは搏景するが如し。
12.儁劭高邁なる天分を持つ。
13.驍将麾鉞を秉れば敗れるを知らず。
14.鷙禽が川下の方へ滑翔する。
15.瑇瑁が砂浜に産卵する。
16.賢臣は啓沃し、悪臣は讒諂す。
17.華嶽峨峨たり、岡巒参差たり。
18.暄燠なりて萌芽あり。
19.相手を軽んじて鼻哂する。
20.烏驪馬に騎りて北方を行く。
----------------------------
21.の着物を上から羽織る。
22.田にも畦にも腥物つけて。
23.窓から山がかに見える。
24.燗酒を一杯飲む。
25.後生畏るべし、来者い難し。
26.鵠を刻してに類す。
27.黒いが艶やかに光る。
28.事に当たるに、厳に身をむ。
29.道に迷いて東西る。
30.山のを観察し分類する。
 
(二)
1.蚯蚓が地面をシュンドウする。
2.ハンゴウで米を炊く。
3.シタモツれの状態に、脳梗塞を疑う。
4.野菜のトウが立つ。
5.モウドウ十艘が戦地へ向かう。
6.度々め事が起こる。
7.マロウドを丁重に持て成す。
8.天変地異に恐怖イクの念を抱く。
9.コケイを守る妻に、夫から手紙が届く。
10.過去の話をホジクり返す。
11.論文のヒョウセツが明るみに出る。
12.イガグリアタマの少年に会う。
13.コウコウの疾に侵される。
14.川のタンリュウに飲まれて溺れる。
15.丕績のある者を褒章しヒョウセイする。
16.ふとしたきっかけでオコリが落ちる。
17.馬牛にしてキンキョす。
18.木をキンキョで切り、縄墨で線を引く。
----------------------------
19.次の走者にタスキを繫ぐ。
20.イカルが朗らかに鳴く。
 
(三)
1.ねたましく思ってきらうこと。
2.むちで打つこと。
3.自分の考えを広く伝え賛同を促すこと。
4.賄賂を受け取る役人。
5.ほどこして救うこと。
 
けいてき、けんたい、さいき、しんじゅつ、
ぞうり、ちたつ、ひげき、ほうかん
 
(四)
問1
1.(   )万鈞
2.(   )明珠
3.(   )趺坐
4.(   )流涕
5.(   )焦頭
6.奔放(   )
7.造次(   )
8.国歩(   )
9.妖姿(   )
10.悪木(   )
 
かんなん、けっか、せいそう、てんぱい、とうせん、
びたい、ふき、よくい、らいてい、らんがく
 
問2
1.非常に珍しいもののたとえ。
2.徳のある人やすばらしい詩文のたとえ。
3.優劣の区別無く入りまじること。
4.災いを払うこと。
5.月。
 
九皐鳴鶴、玉石混淆玉蟾金兎、典謨訓誥
桃弧棘矢瓊枝栴檀、麟角鳳嘴鑿歯尺牘
 
(五)
1.柑子
2.山藤
3.牛膝
4.胡籙
5.蠑螈
6.岩棠子
7.海松布
8.君遷子
9.剪秋羅
10.赤楝蛇
 
(六)
ア 1.踰垣 … 2.踰える
イ 3.搴攬 … 4.攬る
ウ 5.偃武 … 6.偃める
エ 7.抑遏 … 8.遏める
オ 9.輾転 … 10.輾る
 
(七)
1.傭役
2.礼服
3.赫曄
4.前腕
5.倹素
 
6.忸怩
7.玉章
8.月鼈
9.操守
10.裴回
 
かくしゅ、かし、こうちょう、こんめい、ざんき、
しょうじょう、じょうはく、せつい、だうん、ほうこう
 
(八)
1.名をチクハクに垂る。
2.馬鹿とハサミは使いよう。
3.セキウ舟を沈む。
4.衣はカンに至り袖腕に至る。
5.ホウロクの一倍。
6.ジュヨウ天にあり。
7.越人の秦人のヒセキを視るが如し。
8.寒にカタビラ土用に布子。
9.花を賞するに慎みてリヒに至る勿れ。
10.倹約とリンショクは水仙と葱。
 
(九)
A 近日何ぞ傷心の事多きや、緑雨は窮死し、枯川は1.ルイセツの人となる、風日暖かにして木々の梢緑なる此の頃の景色にも、我は中心ア.た寂寞の情に堪えず、意強き人は女々しと笑わん、我は到底情を矯むるの力なし。…(中略)…
 圧制、貧困、罪悪を以て充塡されたる欧洲列国中に一個の自由、平等、平和なる瑞西を見るは、恰も2.ビョウマンたる砂漠の中に、緑陰清泉のオーシスを見るが如し、万国の社会主義者が3.ムビに之を憧憬して、足一たび欧洲に入る者、皆な此処を以て慰安、休息の地となさざる者なき、イ.なり。…(中略)…
 去八日、ウ.戦捷祝賀の行列で、八百八衙、万歳の響き、軍歌の声、怒濤4.キョウランの押し寄するが如き中で、平民社の楼上には静かに婦人講演と社会主義研究会とが開かれた。…(幸徳秋水「筆のしづく」より)
 
B 近時世界の耳目を5.ショウドウせる仏国ドレフューの大疑獄は軍政が社会人心を腐敗せしむる6.コウチョなる例証也。…(中略)…
 然り是実に普通エ.法衙のオ.も為さざる所也。普通民法刑法の苟も許さざる所也。
 而もカ.赳赳たる幾万の豼貅(ひきゅう・注)、一個の進んでドレフューの為に、其の冤を鳴らし以って再審を促す者あらざりき。皆曰く。寧ろ一人の7.ムコを殺すも陸軍の醜辱を掩蔽するに如かずと。而してエミール・ゾーラはキ.蹶然として起てり。…(注:つわもの。)(幸徳秋水「ドレフュー大疑獄とエミール・ゾーラ」より)
 
C 正午までには楽に頂上に着けると小屋の主人がいうので、雨のク.れたのを幸いに、安心して岩の梯子を上るような急な登りにかかった。喬木帯を抜けて大きな岩の上に立つと、行く手の空に8.トッコツと五丈石が見上げられた。其の南下に蔵王権現の奥の院は鎮座していたが、絶頂にはまだ測量の櫓は無く、五丈石には粗末な梯子が架けてあった。私はいきなり五丈石に9.じ登って、暫く四方の眺望をケ.にし、そして岩を下りると、コ.のようにやわらかいふっくりした青い岩高蘭や苔桃の中に身を埋めて、仰向けに寝ころんだまま、経文を10.ジュする人声が耳に入るまで、長い間空を見詰めて考えに耽っていた。そして此の時初めてしみじみと山を味わうことを体得したのであった。(木暮理太郎「金峰山」より)



<解答の表示>

関連記事
スポンサーサイト

コメント

こうちょう/けんたい

29-1直前の勉強会で、超難問を出題した時の模試ですね~

とても反省しました(汗)

後凋/後彫
献替

出ないかな~

  • 2017/09/21(木) 12:07:19 |
  • URL |
  • rikuroku #-
  • [ 編集 ]

訂正

28-3直前でちた

  • 2017/09/21(木) 12:16:25 |
  • URL |
  • rikuroku #-
  • [ 編集 ]

つい最近のような…?(苦笑)

そんなに前の話でしたっけ…^^;

「後凋/後彫」「献替」出ると良いですね^^

  • 2017/09/21(木) 12:19:11 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad