漢検1級模擬試験倉庫

spaceplusKK流記憶法

弊ブログではこれまで、「どう学習すると良いか」といった内容の記事は殆ど書いてきませんでした。
というのも、学習のきっかけや経緯などが、ちょっと特殊(?)だったので、参考になる記事を書く自信が無かったからです。

コメントで、「リピーターの方達は、どういう勉強方法を取ってるのか、とても気になります」とおっしゃる方がいらっしゃったので、改めて自身の学習法を振り返り、参考になるかは分かりませんが記事を書いてみることにしました。

テーマは「記憶」です。

長くなるので折りたたみます。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください。



まず初めに、「記憶」と一言で言っても、実際は次の三段階に分けられるようです。

①記銘 (=記憶に入る)
②保持
③想起 (=記憶から出す)

コンピュータの五大機能は「入力」「出力」「記憶」「演算」「制御」だそうですが、人の脳をコンピュータに喩えるなら、①が「入力」、②が「記憶」、③が「出力」に当たると言えるでしょうか?

漢検学習に当てはめると、漢字や熟語などを…

①学習して「記銘」する
②一定期間「保持」する
③問題を解く際に「想起」する


の三段階が必要になるということです。
このように書くと、物凄く難しいことをしているような気になりますね(笑)

さて、それでは①②③のうち、皆さんはどこに重点を置いて対策されているでしょうか…?

まず、②は恐らく殆ど対策のしようがありません。
「記憶を『保持』しよう!」と思って「保持」するわけではありませんからね…^^;
ただ、「適度な運動」「十分な睡眠」によって長期記憶がしっかりするらしいので、こういったことが②の対策と言えるかもしれません。

残りは①と③ですが、どちらを重視するでしょうか…?
どちらも勿論重要なのですが、私がより大事だと思うのは「③想起」の方です。

この2つの大きな違いは、「問題」と「答え」の間の「思考のベクトル」の向きです。
どういうことかというと…

①は「答え」を知った状態でそれを覚え、「問題」に対応できるようにするので、思考の向きは、
「答え」→「問題」

③は「問題」を見て考えて、「答え」を導き出すので、思考の向きは、
「問題」→「答え」

となります。
肝心の試験で必要なのは、「問題」→「答え」の思考ですので、③の対策の方がより重要、というのが私の意見です。

このことから私は、間違えた問題の復習の際に、①を重視する方法より、③を重視する方法を取っています。

具体的に言うと…
仮に「失当」の対義語問題の「剴切」を間違えたとします。

意味などを調べてノートに書くと、こんな感じでしょうか?

剴切(がいせつ):ぴたりとあうこと。適切なこと。(⇔失当)


そしてノートを繰り返し見直して、熟語をしっかりと頭に叩き込む、これが①を重視した対策になると思います。
勿論、こういった対策も有効ではあります。

しかし私の場合は、③を重視しているので次のような対策を取っています。
例えばPCのメモ帳に、

失当⇔ガイセツ 剴切


(↑横に答えが白文字で書かれていますので、ご確認ください。)

といった感じのミニテストを作成しておくようにします。
これを繰り返し見直して解く、という対策です。

このとき、ミニテスト作成の際に「剴切」という言葉を頭に叩き込むことは殆どしていません。
そこに時間を費やすのではなく、ミニテストで「剴切」を思い出す時間を少し長く取るようにしています。
曖昧な状態で覚えているものを記憶の底から引っ張り出す、ということが良い訓練になると考えているからです。

「記憶の底から引っ張り出す」と言っても、ただ問題を見て唸るだけではありません。
少しでも手掛かりになりそうな関連の記憶を探るようにしています。
「音読みは確かこうだった」、「部首は竹冠だったはず」、「この辺りを辞書で調べた」、「前回はこう間違えた」、「あの問題集で見たはず」など、何でもよいので思い出せるだけの情報を思い出します。

ある程度学習を進めて、知識が身についていくと、過去の知識に「引っ掛ける」ように新たな知識を覚えていくようになると思います。

関連する知識に引っかける

(↑イメージ図…不要?(苦笑))

「記憶の底から引っ張り出す」訓練では、この「引っ掛かり」を利用して探っていくので、繰り返すことで「引っ掛かり」が強くなったり、新たに増えたりして、「思い出す」能力が鍛えられると思います。
「思い出す」能力が鍛えられれば、試験中にふっと漢字が浮かぶことも増えるのではないかと考えています。
頭の中の知識を増やすのではなく、取り出せる知識を増やす訓練と言えるかもしれません。
(このあたりは、コンピュータでいうところの「演算」や「制御」も加わっているでしょうか…?)


以上、纏めると「『叩き込む』より『思い出す』ことに重点を置く」というのが私の考え方です。

なんか…長々と書いたものの、後半の部分だけで良かったような気も…^^;
まあ、知識が順調に増えていけば、「引っ掛けられる」知識が増えて「叩き込む」時間は自然に減っていくと思うので、意識しなくても「思い出す」ことに重点を置いて学習している人は多いと思いますけどね…。

つづく。 (え?(笑))
関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2017/05/03(水) 19:05:56 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

こちらこそ長文失礼します

コメントありがとうございます。
タイトルに「記憶法」と書いたにもかかわらず、「方針」だけになってしまいましたが、とりあえず書かせていただきました。
(具体的な方法は次回書きます。)
どうしてもこういった記事は上から目線っぽくなってしまうので、ちょっと申し訳ない気持ちもあります(汗)

諺の意味は、実は私もよく分かっていないものが多いです(苦笑)
何度も間違えるものは調べますが、パッと答えを覚えられるものはあまり深追いしないので、私も後から「こういう意味だったんだ」と思うことは良くありますよ^^;
「全てを一気に」というのは無理なので、焦らず少しずつ理解していけばいいと思っています。

語呂合わせは、「思い出す」ための手掛かりにはなりますが、思い付かないことが多いので万能では無いですよね…。
折角作った語呂合わせを思い出せないこともあって、「叩き込む」手間と「思い出す」手間の両方がかかってしまうこともあるので、良いものが思い付いたときだけ活用するのが良いと思います。
高得点リピーターさんでも、語呂合わせを活用して覚えている言葉は一部のみで、殆どは語呂合わせを経由せずに記憶されていらっしゃるように思います。
ちなみに、熟字訓・当て字分野は深追いしないほうがいいですよ(笑)

良い学習法を探ろうと、様々なことを試みておられるようですね。
お忙しい中で工夫して学習しておられるようで頭が下がります。

思い出す訓練がすぐに実を結ぶとは限りませんが、思い出す時間を少しずつでも長く取ることを繰り返していれば、「思い出せた」という経験が少しずつ増えてくると思います。
漢検学習における楽しい瞬間ベスト3は、「良い点が取れた」瞬間、「閃いた」瞬間、そして「思い出せた」瞬間だと思いますので、思い出す訓練によって楽しみが増える、と言えるかもしれません^^

「漢検1級なんて意味がない」と仰る方は少なからずいらっしゃるようですね。
それに対して熱く反論されていますが(笑)、価値観は人それぞれですから、そう仰る方がいらっしゃるのは仕方が無いことです…^^;

ただ、貴殿が漢検1級学習を続けてくださっていることが、私にとって、そして他の多くの学習者にとっても嬉しいことですから、(他の人にとっては無意味であったとしても、)そこに意味は必ずあります。
なので、「意味がない」発言に動じる必要はありません^^

今回の記事は私にとっても、自身の学習法を振り返るいい機会になりました。
こちらこそありがとうございました。

  • 2017/05/03(水) 20:59:45 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

追記

書かれている「コメント」が最近のものとは気付かず、上のコメントを書いた後に目を通しました。
「意味がない」という意味をややはき違えていたようです、すみません。

そうした雰囲気に対する懸念というのは理解できます。
ただ、恐らく我々も、他の人が「意味がある」と思っているものを、「意味が無い」と判断してしまっている部分があると思うので、自分たちの興味があるものだけを「意味がある」と主張するのはフェアでは無いでしょう。
他の物事に目を向けるようにすれば、逆にこちらに目を向けてくださる方が現れることもある、と期待するより無いと思いますが、逆に受検者全体の空気が内向きになってしまわないことを祈るばかりです。
そういった点からも出題傾向の問題は、ちょっと厄介かもしれませんね…。

嚙みあわないコメントを返してしまって、申し訳ありませんでした。

(更に追記)
何だか読み返したら、説教臭い文章になってしまっていますね(汗)
「フェアでは無い」と言う部分は、自戒を込めて書いています。

  • 2017/05/03(水) 21:42:23 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad