漢検1級模擬試験倉庫

模擬試験その31 制作後記

「模擬試験その31」に挑戦していただいた皆さん、ありがとうございました。

今後の予定ですが、ペースは速くなりますが、「その22」を来週に、「その23」を再来週に公開する予定です。
本試験29-1までにPDF形式で出す模試は「その23」までですので、お時間に余裕のあるときに挑戦していただければ幸いです。

では、今回の後記です。「続きを読む」をクリックしてご覧ください。
(「その31」の解答等の内容に触れていますので、ご注意ください。)



(二)9「我関せずエン(焉)の態度を堅持する。」

小村雪岱「泉鏡花先生のこと」の文章を利用して出題しましたが、文の切れ目が分かりにくかったかもしれません。
正しくは「我関せず焉」が一纏まりですが、「我関せず、エンの~」と読んでしまうと分からくなるでしょうね…。
自分が解答者なら、過去問の影響で「宛」と書きそうな気がします…(汗)

(二)13「テンシ(展翅)板」

物を知らないとピンと来なかったかもしれません。
大見出しでもありませんし、出題が妥当かどうか微妙なラインでしょうか…(-ω-;)ウーン

(三)4「社鼠」

こちらも大見出しではありませんが、四字熟語「城狐社鼠」からの応用問題でした。
どうでもいいことですが、「じょうこしゃそ」って言いにくくないですか?(笑)

(四)問1

「英華発外」「乱雑無章」が常用のみの四字熟語でした。
ちなみに「英華発外」は「栄華秀英(えいかしゅうえい)」と混同しやすそうなので、注意が必要です。

(四)問2-4「百骸九竅」

漢検辞典にはありませんが、「人体」を表しそうな四字熟語は他には無く、答えを絞るのは難しくなかったと思います。
勿論、この四字熟語よりも、大見出し「九竅」の方が重要でしょう。

(七)2「峭峻」

大見出し「峻峭」の逆ですね。
丸暗記するような語でもないと思うので、逆にしたところで難易度はそう変わらないような気もしますが…。

(九)9「師傅」

大見出しでなく「傅」の項目にあるだけなので、難問だったと思います。
ちなみに、「(注)」を付けたのは「師父」という熟語を解答から外すためです。

(九)10「奸譎/姦譎/[奸桀]」

こちらは恐らく漢検辞典に全く載っていない語だと思います。
青空文庫で検索するとそれなりに引っかかる語なので、「下つき」欄にも無いのが少し不思議です。
最後にして最大の難問だったでしょうか…?

模試公開記事でも触れましたが、文章題Bはやや変則的な出題でした。
五・七・五の文字数がヒントになってしまったかもしれませんね…^^;
次回の文章題も同じ形式で出題します。


さて、冒頭でも触れた通り、次回の模試「その32」は来週5/6(土)に公開予定です。
次回の模試もお楽しみに~(^^)/
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad