漢検1級模擬試験倉庫

29-1直前模試(1/5)

本試験29-1まで1週間を切りました。
直前のチェック用に、記事形式で模試を公開したいと思います。
一度に出すと、対策などに時間が掛かると思いますので、月~金の5日間で40点分ずつ分けて出題します。

難易度は「模擬試験その33」と同程度を予想しています。
出来るだけ後半の記事程易しくしたつもりですが、分野の得意不得意がありますので、人によっては感じ方の異なる可能性もあります。

これまでの模試と比べて大きく難化している訳ではありませんが、基本的には実力のある方に向けたものです。
本試験まで時間の余裕の無い方や、難問で自信を無くす恐れのある方にはオススメしません。

本日は、「(五)熟字訓・当て字」(10点満点)と「(九)文章題」(30点満点)です。
文章題は敢えて中略を挟まず出題しました。
長くなっておりますので、ご注意ください。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。



(五)熟字訓・当て字

1.細雪
2.蚕豆
3.旗魚
4.時鳥
5.塩汁
6.葦牙
7.天鵝絨
8.紫雲英
9.馬酔木
10.望潮魚


(九)文章題 (鳥谷部春汀「明治人物月旦(抄)」より)

  個人としての伊藤侯と大隈伯
 伊藤侯と大隈伯とは当代の二大政治家なり、随って其の人物に対する批評の紛々たるは亦此の侯と此の伯を以て最も多しとす。是其の個人としての性格未だ明らかならざるに由る。故に之を観察して甲乙性格の異同を対照するは実に多少の趣味なからんや。
 概していえば、伊藤侯と大隈伯とは互いに相似たる所之なきに非ず。才を愛し士を好むは相似たり。辞令に.い談論に長ずるは相似たり。荘重にして貴族的姿致あるは相似たり。博覧多識にして思想.フセンなるは亦相似たり。然れども同中固より異質なくんばあらじ。
 大隈伯の思想は経験より結撰し来る。故に其の開展するや帰納法の形式を具う。伊藤侯の思想は読書より結撰し来る。故に其の開展するや.エンエキ法の形式を具う。大隈伯固より読書を嗜む。然れども抽象的理論よりも寧ろ具象的事実を貴ぶ。伊藤侯固より経験を非認せざる可し。然れども侯の得意とする所は寧ろ学理に在りて事実に存せじ、是其の均しく博覧多識なるに拘わらず、一は最も経済に精しく、一は最も立法に長ずる所以なり。
 伊藤侯は公卿華族の如く、大隈伯は大名華族の如し。故に荘重の中に優美を寓するは伊藤侯にして、荘重にして且つ豪華なるは大隈伯なり。伊藤侯は威儀を修めて未だ雋俗ならず。大隈伯は偉観を求めて終に閑雅の風に乏し。大隈伯に逢ふものは、其の敬す可くして狎る可からざるを思い、伊藤侯に接するものは、其の悦ぶ可くして畏る可からざるを感ず。是れ其の均しく貴族的姿致あるに拘らず、一は武骨を以て勝ち、一は文采を以て優る所以なり。
 伊藤侯の辞令は滑脱婉麗にして些かの.ケイカクなし、以て夜会の酬接に用ゆ可く。大隈伯の辞令は機鉾鏃々として応答太だ儁れ、以て戦国の外交に用ゆ可し。其の言を発して情致あるは伊藤侯の長所にして、其の語を行ること奇警なるは大隈伯の妙処なり。若し夫れ談論滔々として.きざるの概に至りては、未だ遽かに.ケンチし難きものありと雖も、伊藤侯の音吐朗徹声調抑揚あるは、演壇の雄弁として大隈伯に優ること一等。唯精明深刻舌端に霜気あり、座談久しゅうして益々聴者を倦ましめざるは是寧ろ大隈伯の特絶にして、其の一たび佳境に到れば、眉目軒昂英気颯爽として満座皆動く。故に大隈伯の雄弁は対話に適し、伊藤侯の雄弁は公会に利あり。
 才を愛し士を好むに於いて、伊藤侯と大隈伯とは共に他の元勲諸公に過ぐ。故に其の門下生に富むも亦実に当代に冠たり。然れども伊藤侯の愛好するものは、柔順御し易きの徒に非んば巧慧儇薄(けんぱく)の輩多し。大隈伯は然らず、伯は唯人を智に取りて其の清濁を論ぜず。故に愚者を近づけざるの外一芸一能あるものは勉めて之を容れんとす。量に於いては大隈伯確かに伊藤侯の上に出るを見る。蓋し伊藤侯は勉めて他の信服を求むと雖も、未だ意気を以て人を感ぜしめたるを聞かず。天下知己の恩あり、一たび之に浴するものは為に死を致さんことを思う。然れども知己の恩は私恩に同じからず。私恩を介するものは概ね利害にして、知己の恩は則ち意気を通じて来る。或いはいう侯は私恩を売るに巧みなりと。夫れ私恩は以て面従を得可く、以て信服を求む可からず。而も面従一変すれば主を.むの狗となり、獅子身中の虫となる。唯侯の聡明能く此の憂を免かるるのみ。顧みて大隈伯を見るに、伯は必ずしも信服を人に求めずと雖も、其の自ら来て信服するものは、亦善く之を用い善く之を導く。是其の伊藤侯と大いに異同ある所以なり。
 大隈伯の特質として最も著明なるは、精神常に活動して老いて益々壮んなるに在り。伯曽て人に語りて曰く、隠居制度は亡国の条件なりと。其の春秋漸く高くして壮心次第に加わる如き、其の向上精進毫も保守の念なき如き、其の.冀望抱負常に新たなるが如き、伯は実に天性進歩主義の人物なり。伯の進歩主義は独り政治上の智識より出でたるに非ずして、即ち伯の生命なり、伯の理想なり。之を伊藤侯の.ヤヤもすれば林下退隠の状を為すに比す、則ち本領の甚だ差別あるを知るに足る。伯又口を開けば常に自由競争を語る。自由競争は乃ち伯の人生観たる莫からんや。人生既に自由競争の運命ありとせば、優勝劣敗は天則にして、世界は優者の舞台なり。伯の老いて益々壮んなるは顧(おも)うに之が為のみ。
 伊藤侯の特質として最も著明なるは、風流韻事自ら高しとするに在り。暇あれば必ず詩人を.えて共に煙霞を吐納し、筆墨を揮灑す。是胸中の閑日月を示さんとすればなり。大隈伯は伊藤侯の風流韻事なく、未だ詩を作り文を品するの談あるを聞かずと雖も、伯の嗜好は反って一種瀟脱の天地に存するものあり。何ぞや、曰く園芸に対する嗜好是なり。伯は園芸を以て啻に一身を楽しましむるのみならず、亦交際を醇潔にし、人心を調和し、道心を養うの益ありと信ぜり。伯曽て客に戯れて言う、世間予の庭園に耽るを笑うものあれども、彼の千金棄擲解語の花を弄するものと得失.れぞやと。要するに伊藤侯の風流は東洋的にして、大隈伯の嗜好は西洋的なると謂う可し。
 伊藤侯の.ドウシュウなくして艶聞ある、大隈伯の艶聞なくしてドウシュウある、世之を称して好個の一対と為す。然れども財を好いて私徳を傷むるに至らずんば、未だ之を以て大隈伯を.る可からず。色を好いて公徳を.さずんば、未だ之を以て伊藤侯を累わすに足らず。況んや大隈伯の財に於ける、善く積みて善く散ずるの道に依り、伊藤侯の色に於ける、是英雄懐を遣るの余戯に過ぎざる可きをや。之を聞く、前年伊藤侯の邸に舞踏会あるや、偶々醜声外に伝わりて、都下の新聞日として侯を議せざるなし。人あり侯に勧むるに新聞記事の取り消しを以てす。侯笑って曰く、事の公徳に関するものは予固より之を不問に附する能はず、区々一身上の誹毀何ぞ意に挟むに足らんやと。侯の.ライラクなる洵に斯くの如し、是其の割合に世の憎疾を受けざる所以なり。独り大隈伯は、其の貨殖に巧みに経済に長ずるを以て、人或いは伯の平生を疑い、奸商と結托して往々私利を謀るものと為す、是亦思わざるのみ。世には其の言を孔孟に借りて盗跖の行あるもの少なからず。伯や固より清貧を装うの偽善家を学ぶ能わずと雖も、其の决して黄金崇拝の宗徒たらざるは、伯が親近するものの反って廉潔の士多きを以て之を知る可し。
 伊藤侯は信仰を有せず。若し之ありとせば唯運命に対する信仰あるのみ。故に侯は屢々高島嘉右衛門をして自家の吉凶を卜せしむ。大隈伯は宗教信者に非ず。然れども一種敬虔の情.リンコとして眉目の間に閃くは以て伯が運命の外別に自ら立つ所あるを見るに足る。蓋し伊藤侯の屢々失敗して毎に之が犠牲と為らざるは殆ど人生の奇蹟にして、大隈伯の屢々失敗して飽くまで其の自信を.げざるは猶献身的宗教家の如し。故に伊藤侯は得意の日に驕色あり。大隈伯は得失を以て喜憂せず。伊藤侯は英雄を尚び、大隈伯は功業を尚ぶ。夫英雄を尚ぶものは人の又己を英雄視せんことを求む、故に伊藤侯は外に向かいて英雄らしき詩を作り、内に向かいて伊藤崇拝の隷属を作る。夫功業を尚ぶものは唯自家の.ケイリン抱負を布かんことを望む。故に大隈伯は必ずしも英雄を畏れず、必ずしも歴史上の人物に感服せず。其の古今を吞吐し、天下を小とするの概あるは蓋し之が為なり。
 個人としての伊藤侯と大隈伯とは夫斯くの如し。約して之をいえば、伊藤侯は太平時代の英雄にして、大隈伯は乱世時代の巨人なり。大隈伯の10.リュウセツ豺目にして唇端の緊合せる、自然に難を排し紛を釈くの胆智あるを示し、伊藤侯の象眼豊面にして垂髥の鬆疎たる、自然に無事を喜び.恬熙を好むの風度あるを見る。又以て此の二大政治家の個性を諒す可し。(廿九年七月)




<解答の表示>





文章題は、本試験でも意味を取りにくい出題があるように思うので、敢えてそういったものも出題しました。
ややこしい熟字訓も出題していますが、直前なのであまり深追いはしない方が良いと思います。

明日は「(七)対義語・類義語」「(八)故事・成語・諺」を出題します。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

直前模試

こんにちは~

「満点とってやる!」と意気込んでチャレンジしましたが、1/5で既に無理でした~

詳細結果は全5回に挑戦してからご報告させていただきます。

ありがとうございます。
ここ最近で「中葉」「寒生」覚えられて良かったです。

  • 2017/06/12(月) 12:15:25 |
  • URL |
  • rikuroku #-
  • [ 編集 ]

本試験モードに突入!

ごぶさたしています。
直前模試はありがたいですね。まずは滑り出し順調!

休養されていたんですね。2度目なので心配しておりました。くれぐれもストレスを溜めないようにしてください。たまにはブログ上で「コーヒーブレイク」しましょうよ。

文章題は難しめでした

rikurokuさん、コメントありがとうございます。
満点を狙って取るのは至難の業ですよ(笑)

ミスは恐らく文章題の方でしょうか…?
今回の文章題は直前にしては難しかったと思います。
難易度よりも、本試験の文章題の雰囲気(?)を優先させました^^;

詳細結果の報告楽しみにしております。
こちらこそありがとうございました。

  • 2017/06/12(月) 12:57:17 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

いよいよですね^^

ひでまろさん、コメントありがとうございます。
「滑り出し順調」ということは全て正解されたということでしょうか、流石ですね~。

ご心配おかけしてすみません。
漢字の情報を追っているうちに、模試に関して辛辣なご意見を目にしてしまい、完全に自信を喪失していました(汗)
もともと作業量は減らしていたので、ストレスが溜まっていたということは無いのですが、ちょっとショックが大きかったのでゆっくり休んでおりました。
今後は反省して、あまり情報は追わないようにしようと思っていて、最近は(芋蔓式に情報が得られるため)ツイッターのチェックもしておりません。申し訳ありません。
本試験後は、もう少しゆる~い(?)感じでやりたいと思います。
お気遣いいただいて、ありがとうございました。

残り4日分の記事も、挑戦よろしくお願いいたします<(_ _)>

  • 2017/06/12(月) 13:20:58 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

とても助かります・・・

●直前模試(1/5)、とても助かります。ありがとうございます。
●特に難しいと感じた問題はありませんでしたが、私の場合は、今回はちゃんと“書けるかどうか”ですからなんとも言えない・・・残りの出題も期待しております。
●スーパー類義語のほうは、「窮措大」で“カンセイ”を書かせたらできなかったも・・・。広辞苑にもあるのに、ちょっと広辞苑も復習できそうにない・・・
●ところで、何か、最近、ブログやツイッターで漢検(検定問題?)に関して喧しいようですけど、「模試に関して辛辣なご意見」というのも、その種の類でしたか?何かspaceplusさんのブログ内容について、そのようなこと、ありましたっけ?・・・他人事ではないので・・・

  • 2017/06/12(月) 16:42:10 |
  • URL |
  • syuusyuu #8PXT0swg
  • [ 編集 ]

目の方は大丈夫でしょうか…?

syuusyuu師匠、コメントありがとうございます。
いや~流石ですね…この難易度でも「難しいと感じた問題が無い」となると、今後の出題は簡単すぎるかもしれません…^^;

目の方がまだ本調子では無いようで心配しております。
師匠の場合、試験の時間が足りないということは無いでしょうから、休みを挟みつつ無理の無いようお願いします。

「寒生」は、ひでまろさんのツイート記事(同音異義問題)の「おまけ」を出す際に偶然見つけました。
「カンセイ」の同音異義語は多いので、対策していても思い浮かびにくいかもしれませんね…。
「広辞苑の復習」…師匠以外にこの言葉を使える方は果たしていらっしゃるのでしょうか…?(笑)

ご心配おかけしております。
私の問題と、最近騒がしい「漢検に関する"なんやかんや"」は一切関係ありませんので、ご安心(?)ください。
「辛辣なご意見」と上で書きましたが、「辛辣に批判している意見」ではなく、「辛辣に感じてしまうような、少々配慮に欠ける書き方をされた意見」というのが正確で、決して悪意があったり、人を傷つけようとしたりしているものではありませんでした。
従って、そちらの「ご意見」に関しては、決して話題になったり問題が生じたりはしておりません。
その方一個人のご意見ですので、お気になさらず…^^; (←思いっきり気にした奴が言うか(笑))

こちらこそありがとうございました。
残りの問題の挑戦も(無理の無い範囲で)よろしくお願いします。

  • 2017/06/12(月) 17:54:57 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad