漢検1級模擬試験倉庫

ちょっとひとりごと…「武蔵」

猫姐硬筆講座第6回」を受講した。テーマは「しきがまえ(弋)」「ほこがまえ(戈)」

ということで、これらが付く漢字の書き練習をしてみた。

伐 城 惑 戚 籤 裁 減 武 蔵 …

ん?「武蔵」…「むさし」?
ははっ、偶然にも「武蔵」(むさし)に遭遇(笑)

そういえば、確か「武」は「戈」と「止」から出来た漢字だったはず…。
(「漢字カフェ」のコラム参照。「漢字ペディア」の「武」のページにリンクがあります。)

「蔵」にも「戈」があるから、どちらも「戈」(ほこ)を持つ漢字ということになる。

二刀流で有名な「武蔵」は漢字でも二刀流だったのか…(笑)

とまあ、どうでもいいことはさておき、書き練習の続き…

殲 滅 殲 滅 殲 滅 … (←怖っ(笑))
関連記事
スポンサーサイト

コメント

引っ張る量

相変わらず頑張って居られますね。画数の多い漢字は、全体に混み合うので 「引っ張る場所の余裕」 がないです。縦線よりちょっとでも右に出れば良いでしょう。教師冥利の生徒さん、これからもよろしくお願いいたします。

  • 2017/04/04(火) 08:55:43 |
  • URL |
  • 猫姐 #YG9ONXHE
  • [ 編集 ]

引っ張り過ぎていました

猫姐さん、更なるアドバイスありがとうございます。
「弋」「戈」を含む漢字は意外と多いですね。

練習した文字を見ると、やや引っ張り過ぎのものもありました(苦笑)
適度に引っ張るよう練習したいと思います。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

  • 2017/04/04(火) 12:25:54 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad