漢検1級模擬試験倉庫

「漢検漢字辞典」のお話

漢検漢字辞典には、初版と第二版がありますが、
「模擬試験その1」の中に、初版に無い訓読み(以下、「二版読み」)が出題されているというコメントを頂きました。
((一)22,23の二つが該当するそうです。)
今回はそれに関連して少々書かせていただきます。

そもそも、手元に第二版しか無い、というのが現状なので、
出題を初版にある読みに限定することができないのですが、
初版があったとしても、「二版読み」は出題した方が良いと個人的に考えています。
多くの訓を学ぶことが漢字の深い理解につながるから、という理由も勿論ありますが、
もう一つ大きな理由があります。公平性の問題です。

初版、第二版のどちらかを持っているとします。
「二版読み」を出題しない場合、初版を持つ人は困りません。
第二版のみを持っている人は、「二版読み」か否かを判別できないので、
学習範囲を絞れず、初版を持つ人に比べて(点を取るという意味で)学習効率が落ちます。

一方、「二版読み」を出題した場合、同様に第二版を持つ人は困りませんが、
初版のみを持っている人が困るかというと、あながちそうとは言い切れません。
なぜなら、昨秋「漢字ペディア」が公開され、
誰でも無料で第二版の内容が確認できるようになったからです。
(「漢字ペディア」を使うと学習効率が落ちる方もいるかもしれませんが、慣れると結構便利ですよ)

「初版を持つ方が相対的に得をする」というのは違和感がありませんか?
(逆なら、仕方がないと思えるのですが…)
勿論、人によって感じ方は違うとは思いますが、
これからは、第二版しか持たない人が増える一方ですから、
そちらに対応するのが妥当ではないかと思っています。

同じことは本試験にも言え、しかも漢検さんが第二版を出した張本人なわけですから、
そろそろ「二版読み」が出題されるのではないかと思うのですが…。

ということで、長くなりましたが、今後「二版読み」を模試で出題することをお許しいただければと思います。
合格を目指すチャレンジャーの方には厳しいとは思いますが、
ややこしくなるような出題はあまりしていないと思うので、知っておいて損は無いと思います。
まあ、「二版読み」を出題しているかどうか、本人が分かっていないんですけど…(汗)


そういえば、2020年には、都道府県名に使われる漢字を全て、小学校で学ぶようになるらしいですね。
配当級が変わることになる訳ですが、それに合わせて「第三版」が出ることになるのでしょうか…?
関連記事

コメント

訓読み

こんにちは。訓読みについて指摘させていただいた張本人?ですW。これは悩ましい問題ですね。私の理解は「漢字を翻訳し和語で説明・表記したものが訓読み(和訓)であり、和訓はすべての字義に対応してはいない」です。さて、いまだに漢検2で訓読みを大幅に増やした意図・背景がわかりません。一般に字義と解釈されるものが相当数含まれていることは事実でしょう。もちろん、字義を知ることは漢字を理解する上で重要ですが、字義=訓読み ではないと思います。
手元にある漢和辞典(漢語林、漢字源、字通)を参照しつつ、個別に検証してみました。
22「嫖い」はすべての辞典に「かる-い」の訓読みが掲載されています。むしろ漢検1に未掲載なのが不思議です。
23「恕る」漢検2以外の辞典には「おもいや-る」の訓はありません。字義としてのみ掲載されています。協会は作問するにあたり、漢検辞典を持っていない受検者も視野に入れているはずで、事前に市販の漢和辞典の記載内容をチェックしていると思われます。
結論:一般に訓読みとして認知されていない「恕る」は問題として適切とはいえないのではないでしょうか。もし出題されれば私は当然クレームします(笑)。「ゆる-す」を知っていれば必要十分でしょう。漢検2の訓読みを学習する際は注意が必要です。
以上まとまりのないコメントになりましたがあくまで私の個人的見解ですので、貴殿ならびに諸兄のご意見をいただければ幸いです。

泥沼に入りました

ひでまろさん、貴重なご意見ありがとうございます。
ひでまろさんの見解を基に色々と考えたのですが、様々な視点で考えているうちに自分の意見がコロコロと変わってしまって纏まりません(苦笑)

長くなりそうなので、纏まり次第、また記事にします。
他の方のご意見も是非伺ってみたいですね。

  • 2016/06/23(木) 17:35:01 |
  • URL |
  • spaceplusKK #nuV3bpMk
  • [ 編集 ]

もてなす

最近、「漢検常用漢字辞典」というものを購入しました。

常用漢字について説明されている辞典で、恐らく現在は発行されていないと思います。

そこで気になったのですが、
「況」の意味に、「もてなす」がありました。

今、漢検漢字辞典が参照できないので、漢字ペディアを確認したのですが、「もてなす」の意味は入っていませんでした。

漢語林もチェックしましたが、ありません。

どんな熟語で使うのかが気になります・・

あと、「売」に、「ひろめる」とあって、そんな熟語あったかな・・と思ったら、漢語林に「売名」とあって、納得しました。

色々と再発見がありそうな辞典です笑

  • 2019/12/25(水) 19:31:02 |
  • URL |
  • まさ #f67BpHN6
  • [ 編集 ]

謎の訓読み

まささん、コメントありがとうございます。

「漢検常用漢字辞典」という辞典は初めて聞きましたが、そのような辞典があるんですね。

「況」の「もてなす」というのは不思議な意味ですね。
最初は音訓の共通点から「饗」に通じているのかと思いましたが、そのような情報は得られませんでした…^^;

代わりに「臨況」「来況」という言葉を見つけました。
(後者は情報が少なかったのですが、)どちらも「他者の来訪を敬っていう語」のようなので、「もてなす」意味に通じていると言えるでしょうか…?
ただし、「貺」に通じて「賜」と同じ意味だという説明が付いていて、「もてなす」という説明には行きつきませんでした。

「売名」で「ひろめる」というのは理解はできますが、やや強引な解釈にも感じます(苦笑)
一般に訓読みとはみなされないようなものが多いようですが、色々と調べてみると、漢字の意外な使われ方が見つかりそうですね。

また何か発見があれば、教えていただければ幸いです😊
どうもありがとうございました。

  • 2019/12/25(水) 21:53:21 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する