漢検1級模擬試験倉庫

(かんけんいっきゅうもぎしけんそうこ):漢検ブログの一。模擬試験を作成,公開している。略称,模試倉庫。

模擬試験その28 制作後記

「模擬試験その28」に挑戦していただいた皆さん、ありがとうございました。

今回は、模試公開記事で「多くの問題に触れる」と書きましたが、思い切って全問に触れたいと思います(^^)/
まあ、ほんの一言しか書いていなかったり、数問纏めて触れていたりもしていますが…^^;

全部は長いですので、間違えた部分や悩んだ部分だけ、ざっとご覧ください。
くれぐれも、読むのに学習時間を費やしてしまわないようお願いします(苦笑)
全ての過去問を調べた訳では無いですが、「過去問」とあるものを間違えていた場合は、しっかり復習されることをオススメします。
(基本的にネットで過去問かどうかを調べているので、間違いがあったら申し訳ありません。)

では、今回の後記です。「続きを読む」をクリックしてご覧ください。
(「その28」の解答等の内容に触れていますので、ご注意ください。)



メニュー …「飛びます!飛びます!」 彡(=゚ω゚)ノ
(一)読み (二)書き取り (三)語選択
(四)四字熟語 (五)熟字訓・当て字 (六)音熟語・一字訓読
(七)対義語・類義語 (八)故事・成語・諺 (九)文章題

(一)読み
1「潸焉(さんえん)として涕を出す。」
過去問「潸然(さんぜん)」からの応用。
「涕」は勿論「なみだ」です。

2「縄張りを争い互いに啀恚(がいい)する。」
「啀」は過去に出題されていないでしょうか…?
「厓」(配当外)が付くのは他に「崖」「涯」「睚」で全て「ガイ」音なので、分かりやすいです。
「恚」は「瞋恚(しんい)」から読めますね。

3「進路を卜筮(ぼくぜい)により決める。」
書きでも出ている重要語。
「占」「亀」「易」「卦」などが付く熟語を用いて、類義語でも出題可能ですね。

4「酥(そ)二十壺を貢進した。」
過去問そのまま。

5「千峰の晴昊(せいこう)に倚るを望む。」
過去問「昊天(こうてん)」からの応用。

6「饕餮(とうてつ)は飲食を好む。」
文章は変えましたが過去問ですね。
ここでは「むさぼる」意ではなく竜が生んだとされる怪物の名。
漢検辞典には「餮饕(てっとう)」という語も載っているので、よく見ないといけませんね(汗)

7「四つ辻の角で丫髻(あけい)の少女と出逢う。」
以前に模試で出題した文に「四つ辻の角で」を加えました(笑)
過去問「丫頭(あとう)」「髻鬟(けいかん)」の応用。

8「思わず赧顔(たんがん)し、恋心が露になる。」
過去問「愧赧(きたん)」の応用。
ちなみに1から順に問題を作成している訳ではないので、7→8とドラマが展開している感じになっていますが、偶然です…^^;
ラブストーリーは突然に?(笑)

9「吮墨(せんぼく)舐毫しながら悠悠自適に暮らす。」
以前の模試の問題そのままだと思います。
「吮疽の仁」は故事成語で出題されていた…かな…?

10「蒹葭(けんか)玉樹に倚る。」
こちらは確実に故事成語で出題されています。
見た目そのままの読みだったかもしれない…(汗)
ちなみに訓読みは「蒹(おぎ)」と「葭(あし/よし)」。

11「状貌崟崟(ぎんぎん)として峨峨たり。」
「崟崟」の例文を見つけて出題したら、過去問そのままになってしまっていました…^^;

12「衢肆(くし)に寄りて魚を買う。」
「街衢(がいく)」「肆廛(してん)」などで書いたり読んだりしていますね。

13「甘きこと諸柘(しょしゃ)の如し。」
「柘」は準1級配当なので、1級では出ていないのでは…?
「桑柘(そうしゃ)」が有名でしょうか…。
ちなみに「諸柘」は「さとうきび」のこと。

14「韜光晦迹すれど、その才丕闡(ひせん)なり。」
「丕績(ひせき)」「闡明(せんめい)」が書き問題で出ていますね。

15「齔髫(しんちょう)を涵養して寧馨児となす。」
過去問「髫齔(ちょうしん)」の逆。
しれっと「涵養」「寧馨児」という大見出し語も文に入れています^^

16「人を嗤易(しい)する者と交わること勿れ。」
過去問「嗤笑(ししょう)」の応用。
…ですが、ウッカリ「易」を「エキ」と読んでしまうかもしれませんね。
「嗤」は「あざわらう」意なので、「易」が「あなどる」意だと分かります。
よって、読みは「イ」です。

17「白花が群集攢簇(さんそう)して一面に満開する。」
実は、文章題で余った部分をこちらで出題しました。
「攢」は過去問にないかと思いきや、結構最近「攢仄(さんそく)」が出ていました…。
「簇」も出ていそうですが…見つからない…。
ただ、四字熟語の「簇酒斂衣(そうしゅれんい)」から分かりますね。

18「寒蜩(かんちょう)樹に躋りて鳴けり。」
「蜩」は出題されていなさそうですね…。
「寒蜩」=「寒蟬」のようですが、「ひぐらし」と説明しているものと、「つくつくぼうし」と説明しているものがあります。
ちなみに、漢検辞典の熟字訓だと「寒蟬(つくつくぼうし)」です。

19「鄭和は閹尹(えんいん)として大航海を指揮した。」
以前に模試で「奄尹」と出題したものを、文を短くして再利用しました^^;
過去問「閹奴(えんど)」「令尹(れいいん)」の応用。

20「針黹(しんち)の余、書若しくは画を作る。」
「黹」は流石に出題されていないと思います。
少しマイナーすぎたかもしれませんが、字体が特殊(?)なので、注目していた人は多そうです。

21「焼酎に漬けて醂(さわ/あわ)し柿を作る。」
過去問「醂(さわ)す」から。

22「倩(つらつら)考えて答えを出す。」
こちらも過去問。

23「老舗が軒を轢(きし)る道を巡る。」
「軋る」「轢る」ともに「きし(る)」ですね。
「軒を軋る」は「軒を並べる」と同じです。

24「豆を煮るに萁(まめがら)を燃やす。」
勿論、四字熟語「煮豆燃萁」から。

25「父、燕息の地に家を徙し、館舎を捐(す)つ。」
永井荷風の文章をちょっと組み替えて出題しました。
折角移り住んだ家を捨ててしまった訳ではありません…^^;
「館舎を捐つ」=「捐館」=「身分の高い人の死」です。
「捐館」は漢検辞典の大見出し語。

26「敵を礑(はた/はった)と睨みつける。」
過去問ですが、使い方が違いますね。
「強く打つ」「険しくにらむ」「胸にこたえる」の3パターンの使い方があるようです。

27「夕虹百日の旱(ひでり)。」
出題されていないように思いますが、こういうものは推測出来そうで意外と出来ないような気がします。

28「月も朧に白魚の篝(かがり)もかすむ春の空。」
「篝」の訓読みは「かがり」「ふせご(かご)」の2つ。
場面は明らかに屋外なので「ふせご」は無いと判断できそうです。
歌舞伎「三人吉三廓初買」の台詞で、「春の霞のせいで、月と白魚漁の篝火がぼんやり見えている」状況のようです。

29「百年河清を俟(ま)つ。」
「論を俟たない」「相俟って」など、「俟つ」は1級漢字の割によく使われている印象ですね。

30「針槐(はりえんじゅ)が蝶形花を咲かせる。」
「槐(えんじゅ)」は出題されていないと思いますが、「槐門棘路」「三槐九棘」の語源をちゃんと知っていれば読め………る、いや、読めないかもしれない(笑)

(二)書き取り
1「ケイケン(敬虔)な信徒が祈りを捧げる。」

調べたら28-1で出ていたんですね(汗)
個人的に「虔」は音読み「ケン」から思い出しにくいので、ど忘れしやすいです…。

2「失言で世間のヒンシュク(顰蹙)を買う。」
こういう画数が多いものは、大きく慎重に書いた方が良さそうです。

3「耳をツンザ(劈)くような音がする。」
てっきり「つ"き"さく」が転じたのかと思ったら、「つ"み"さく」の転なんですね(汗)

4「ハシケ(艀)から本船へ乗り移る。」
「艀船(ふせん)」を覚えておけば「艀」の旁(つくり)が思い出しやすいかも…?

5「ケッサ(譎詐)を擅にし、金を騙し取る。」
「譎詐」は語選択か対類で出ていたと思います。
「ケッサ」という音と「騙し取る」から推測できそうです。

6「怠け者のラクイン(烙印)を押される。」
「烙印」という言葉を見ると牛の鳴き声が聞こえるのは私だけでしょうか?^^;

7「彼はイナセハダ(鯔背肌)で皆に好かれる。」
過去問「鯔背」に「肌」を付けて出題。

8「提案を拒むようなコウフン(口吻)を洩らす。」
「口吻を洩らす」という慣用句での出題。

9「オトコヤモメ(男鰥)の一人暮らしだ。」
「やもめ」は他にも「寡」「孀」がありますが、男性を表すのは「鰥」のみ。
「鰥夫」も熟字訓で「やもめ」ですが、「男鰥夫」が正解になるかどうかは分かりません…。

10「東京のタイセキテン(対蹠点)は南米沖にあたる。」
過去問「対蹠」に「点」を付けて出題(苦笑)
7と共に、三文字目を書き忘れないように、というメッセージです^^;

11「着物の袖口をク(絎)ける。」
もう何回書いたか分からないほど書いている漢字ですが、未だに「絎ける」がどういう作業なのか分かっていません(苦笑)

12「兄弟比すればショウジョウ(霄壌)も啻ならず。」
27-2の文章題で書けなかった「霄壌」(汗)
「ショウジョウの差」であれば書けたと思いますが、「ショウジョウの異」とあったので思いついたのが試験終了直後でした…(涙)
ということで、「差」でも「異」でもない形式で出題してみました(笑)
「しょうじょう」は「蕭条」「猩猩」など重要なものが他にもありますが、「比すれば」が決め手ですね。

13「矯めつスガ(眇)めつ眺める。」
これは何回か出題されているようですね。

14「絵画を世に出さずキョウテイ(筐底/篋底)に秘する。」
漢検辞典の「筐底」の項目には「―に秘す」とあったので、「る」を付けるかどうか悩みました(笑)
意味は「他人の目に触れないように箱の奥深くしまう」とあります。

15「ケンペイ(権柄)晴れて夫婦となる。」
これは…過去問と言え…ないかも(苦笑)
「権柄晴れて」=「天下晴れて」です。
とりあえず「権柄」と書いた人もいそうですね。
空欄にするよりかは、何でもいいから書いてみる、というのも大事です^^

16「コウゾガミ(楮紙)で和傘を作る。」
音読みだと「楮紙(チョシ)」ですね。

17「青春をオウカ(謳歌)する。」
漢検辞典の「嘔」の意味欄に「嘔歌」とあるのですが、もしかして同じ意味なんでしょうか?
調べてもよく分かりませんでした…。

18「慶福に喜び、オウカ(殃禍)に慄く。」
「横禍」が正解にならないように文章を工夫しました。
「思いがけない災難」という意なので、少し合わないようになっていると思いますが…どうでしょうか…?

19「好調なスベ(辷)り出しを見せる。」
単に「辷る」だと縁起が悪いので、「好調な辷り出し」としました^^

20「イリ(圦)を開けて水量を調節する。」
未だに「圦(いり)」「魞(えり)」の両方を確認してから答えを書いています(苦笑)

(三)語選択
1「客を敬って、その来訪をいう語。=賁臨」
2「乳児。また、二、三歳の幼児。=孩提」
4「文章に手を入れて直すこと。=斧鉞」

全て過去問(対類)から。

3「考えしらべること。=稽査」
難問でした。
「稽(かんが)え査(しら)べる」ですね。
ちなみに、「考覈(こうかく)」も「考(かんが)え覈(しら)べる」。
類義語問題にすれば良かった、と後悔しています(笑)

5「身分不相応のことをのぞみねがうこと。=覬覦」
読みでは出題されていますが、書きはまだでしょうか…。

・ダミーについて
えんざん→鉛槧:詩や文章を書くこと。(4「斧鉞」と迷う?)
ぼうげい→旄倪:老人と子ども。(2「孩提」と迷う?)
りんけん→臨検:①現場に行って調べること。②③略。(3「稽査」と迷う?)

(四)四字熟語
問1
1「袒裼裸裎」5「秉燭夜遊」6「切歯扼腕」
7「甘井先竭」8「炊金饌玉」9「危言覈論」

少なくともこれらは過去問のはず…。

2「敲氷求火」3「膏粱子弟」10「群蟻附羶/群蟻付羶」
ここまでが1級配当ですね。

4「窮猿投林」
漢検漢字辞典から選びましたが、漢検四字熟語辞典に無いということは無いですよね…?

問2
1「前もって備えて災いを防ぐこと。=綢繆(ちゅうびゅう)未雨」
2「親孝行すること。=扇枕温衾(おんきん)」

これらは出ていると思います。
ダミーのうち「面折廷諍」「偕老同穴」も過去問で出ています。

3「能力に基づき人材の登用を行うこと。=黜陟(ちゅっちょく)幽明」
四字熟語では出ていないようですが、「黜陟」自体は出ているので分かりそうです。

4「戒めとなる失敗例は身近にある。=殷鑑(いんかん)不遠」
「按図索驥」と迷ったりします…?^^;

5「非常に驚くこと。=魂飛魄散(はくさん)」
見た目でなんとなく分かりそうな気もしますが…。

(五)熟字訓・当て字
2「行器(ほかい)」5「梅花皮(かいらぎ)」6「鼓豆虫(みずすまし)」
8「山小菜(ほたるぶくろ)」9「厚皮香(もっこく)」

過去問情報が得られず、最近の出題に偏ってしまいました…。

1「雨虎(あめふらし)」3「赤檮(いちい)」4「籬垣(ませがき)」
7「文珠蘭(はまゆう)」10「南五味子(さねかずら)」

この辺りは出題されていないかもしれません。
「籬垣」は音読み「りえん」が出たので、注目していた人もいたかも…。
「はまゆう」以外にも「はまごう」「はまぜり」など、「はま●●」という読みの熟字訓が多いのが困りものですね(汗)

(六)音熟語・一字訓読
ア「懶慢(らんまん)…懶(おこた)る」

「懶惰(らんだ)」が対類で出題されたので、そこから音読みも字義も分かりますね。

イ「吹煦(すいく)…煦(あたた)める」
「和煦(わく)」の読みは出題されていますね。
四字熟語「翼覆嫗煦」から推測可能…?
「吹煦」は「吹きかけて煦(あたた)める」です。

ウ「拯弊(じょうへい)…拯(すく)う」
「拯(すく)う」は過去問ですが、「俗を斉え弊を拯い民嘉せざるなし。」という文で出題されたみたいですね。
「拯弊」はこの文の「弊を拯い」に当たりますが、「拯弊」という語はここから取った訳では無く、偶然です(苦笑)

エ「峭訐(しょうけつ)…訐(あば)く」
誰もが一度は「訐」の音読みを間違えたことがあるはず(笑)
過去問では「訐直(けっちょく)…訐く」の形で出題されています。

オ「傀偉(かいい)…傀(おお)きい」
「傀儡(かいらい)」は読めるでしょうし、送り仮名が「きい」のものは「おお(きい)」しかないので、これは簡単だったかもしれません…^^;

(七)対義語・類義語
1「直諫⇔諂佞(てんねい)」

過去問そのまま。

2「緩行⇔驀進(ばくしん)」
「爆進」はダメです(苦笑)
ただし、分からないからとりあえず埋めたというなら、その姿勢は◎(笑)

3「序文⇔跋語(ばつご)」
「緒言⇔跋語」が過去問でした。

4「有罪⇔無辜(むこ)」
「ムコの民」の形で出題されていますが、対類で出してみました^^

5「嘉尚⇔讒毀/讒譏(ざんき)」
「そし(る)」意の熟語は良く出題され、「讒」もお馴染みですね。
「讒毀」を書くことより「嘉尚」の意味を捉える方が難しかったかもしれません…。

6「萍泛≒播遷(はせん)」
「萍泛(へいはん)」は「萍(うきくさ)が泛(う)かぶようにさすらう」意です。
漢検辞典の語だと「萍水」とほぼ同義です。
「播遷」は「流浪」の類義語として出題されました。
「はせん」の音から「播遷」を思い浮かべることができれば、あとは「萍」のイメージに合うことに気付けるかどうか、と言った所でしょうか…。

7「弁疏≒藉口(しゃこう)」
ざっくり言うとどちらも「言い訳」の意。
そういえば、以前の模試のコメント欄で「藉口」されていた人がいました(笑)

8「蕃衍≒暢茂/鬯茂(ちょうも)」
ある程度、語群を絞ることが出来れば、「蕃(しげ)る」から「茂」は推測したいところ…。
「暢」は「暢(の)びる」意ですが、これは推測は厳しいでしょう…^^;
ちなみに「衍」は「衍(はびこ)る」意です。

9「刊校≒刪定(さんてい)」
「刪定」は語選択の過去問。
「刊校」の意が分かりづらかったかも…?
「刊(けず)る」「刪(けず)る」で何とか推測したいところ…。

10「無頼漢≒棍徒(こんと)」
一つぐらい以前の模試で出したものを…ということで「棍徒」を出しましたが、国語辞典に掲載の無い語なので、出題されないそうです。
対類は一つ問題を変えると、他の問題にも影響することがあるため、申し訳ありませんが、そのまま出題させていただきました。
「棍徒」の意味だけ抑えておいてください<(_ _)>

(八)故事・成語・諺
1「鬼のカクラン(霍乱)。」
2「シュクスイ(菽水)の歓。」
4「五寸の鍵カイコウ(開闔)を制す。」
5「カンポウ(管鮑)の交わり。」
7「アツウン(遏雲)の曲。」
10「甘瓜クテイ(苦蔕)を抱く。」

これらは過去問。

3「両葉去らずんばフカ(斧柯)を用うるに至る。」
過去問でなかったとしても四字熟語「毫毛斧柯」から推測したいところ。

6「初めのササヤ(囁/聶/私語)き後のどよめき。」
「囁く」「呟く」「嘶く」「呻く」「喚く」「吐く」「吹く」「咳く」「咲く」
口偏の漢字の送り仮名に「く」が多いように感じるのは気のせいでしょうか…?

8「ナメクジ(蛞蝓)の江戸行き。」
「蛞蝓に塩」が過去問。

9「火を乞うはスイ(燧)を取るに若かず。」
以前の模試でも出題しました。
「人に頼るより自分で努力しろ」とはなかなか厳しいお言葉…。
私なら「人をどんどん頼れ、その分頼られる存在になれ」と言いたい。(←はい、カッコつけた~(笑))

(九)文章題
牧野富太郎「植物記」からの出題でしたが、前半を「その20」で使用し、後半を今回使用しました。

ア「頃日(けいじつ/きょうじつ)」
つい最近、似た語を出題したような…^^;

1「用事フクソウ(輻輳/輻湊)」
意味は捉えやすかったと思います。
「輻輳/輻湊」は過去問ですね。

2「ゼンダク(然諾)の義務」
一行目の「ハイかしこまりました」が「然諾」ですね^^
「然」で始まる音熟語はあまり無いので印象的です。

3「ヨウ(俑)を作った人」
「俑を作る」は漢検辞典に載っています。
「作俑」の形で以前の模試で出した記憶があります。

4「花がツボ(蕾/莟)める」
模試公開記事にも追記した通り、出題が良くありませんでした。
この文章では「蕾/莟」と「窄」の判断が付きにくいですので、「窄」と書いた場合も正解としておいてください。

イ「闌(たけなわ)」
書きの過去問だったでしょうか…?

ウ「翕然(きゅうぜん)」
過去問です。

エ「宛(あたか)も」
過去問の「エンとして~」の書き問題に比べれば簡単でしょう。

オ「蓆(むしろ)」
草冠の無い「席」も「むしろ」。
ちなみに、文章の(中略)部分には、「ツボはかの源氏の桐壺のツボと同様まずは庭の事だと思っていればよい。」とあるのですが、確かに漢検辞典の「壺」の項目には「⑤宮殿の部屋。または中庭。『桐(きり)―』」とあり、勉強になりました^^

5「フカ(浮華/浮花)な移り気」
「浮華」は漢検辞典では「うわべははなやかに見えるが、実質が伴わないこと。」とあり、少し意味が合わないような気がしますが、「軽佻浮薄」の項目に「(類)軽佻浮華」とあり、この意味だと思うとしっくり来るのではないでしょうか…?

6「テイテイ(亭亭)と直上した」
これが今回最大の難問だったでしょうか…。
一応大見出し語で、国語辞典にも載っているのですが、畳語は意味を覚えられる気がしないんですよね…^^;

カ「修稈(しゅうかん)」
もしかしたら、筆者の造語だったかも…(汗)
ただ、読みはそう難しくなかったと思います。
「竹」の話なので、「修」は「⑤ながい。ながさ。『修竹』」(漢検辞典)の意、「稈」は「稲・竹などの、中空になっている茎。」(デジタル大辞泉)の意だと思われます。

キ「嫋(たお/しな)やか」
女偏の漢字に「やか」の送り仮名が付くものは何となく混乱しそうですが、第一版の訓読みに限れば、「嫋(たお)やか」「婀(たお)やか」「嫺(みやび)やか」だけのようです。

ク「榧(かや)」
読みでも書きでも過去に出題されています。

7「コッショ(忽諸)に附してはならず」
1級漢字を含まないものを出題しすぎたかもしれません…。
「諸」は助辞ですが、他には過去問の「居諸」の元になった四字熟語「日居月諸」の「諸」もそうです。

8「ケゲン(怪訝)な眼」
最近「訝(いぶか)る」を出題したばかりでしたね。

ケ「瞠(みは)る」
文章のこの部分のタイトルが「二、三の春花品騭」だったので、出来れば「品騭」の読みを出題したかったです(笑)
答え:ひんしつ

9「書物をトガイ(蠹害)する」
「蠹魚(しみ)」の話なので、この答えしか当てはまりませんね^^;
まさか、シミに同情する人がいるとは…(笑)

コ「聊(いささ)か」
「聊」は意味が色々ありますが、大見出しの「聊爾」「聊頼」「無聊」 は全部対応する意味が違うんですね…。

10「書物のダイセン(題簽)」
読みでは最近出題されましたね。



あ~、終わった~\(^o^)/
やたらとどうでもいいことで嵩増しした気がします(苦笑)

試験直前なので、変なことを書いてしまっていないか心配です…。
不備、質問などありましたら、遠慮なくコメントしてください<(_ _)>

来週の試験で、皆さんが無事受検できることを、また、普段通りの実力を発揮されることを心より願っております。


さて、最後に本試験後の模試のお知らせです。
2週空いて、2/18(土)に「ミニ模試その4」、2/25(土)に通常の「模擬試験その29」の公開を予定しております。
随分と先ではありますが、挑戦お待ちしております(^^)/
関連記事
スポンサーサイト

コメント

模試の感想の追加です

「俑を作る」…漢字ペディアで確認しました。
そのまま入力して検索で出てきたので、とても印象に残りました。

(七)対類の勘違いですが、
嘉尚→「長生き」(「尚歯」あたりと勘違いしていたようでした…でもこれは敬老の意味ですね。いろいろ複雑に勘違いしていたようです(汗))
蕃衍→「さすらう」(播遷の播の番のところと蕃の番のところと似ているところがあったので、これだと決め付けてしまったようですね…たぶん)
萍泛→「???」
と考えてしまっていたようです。
「藉口」
コメント欄のおかげで覚えておりました。
(rikurokuさんのコメントだったでしょうか)
コメント欄もかなり勉強になっております。

故事諺問題の「囁」
耳の下のところが出るのと出ないのとあるような気がしますが、
ここはけっこう大事なところでしょうか?

さらに感想を追加してしまいました。
模試ありがとうございました。

  • 2017/01/29(日) 21:26:30 |
  • URL |
  • asatori #LTBvYwDU
  • [ 編集 ]

「耳」寄り情報

asatoriさん、コメントありがとうございます。

・「俑を作る」…青空文庫で検索したところ、それなりに使用例がありますね。音読み一字の書き取りは難しいことが多いので、気を付けたいところです。
・「嘉尚」…なんとなく意味が捉えづらいのは、よく分かります。「嘉(よみ)する」「尚(たっと)ぶ」なので、そのまんまの意味と言えなくもないはずなんですが…(-ω-;)ウーン
・「藉口」…私もrikurokuさんのコメントで覚えました(笑)

「囁」の「耳」ですが、左下だけ「出ない」ものが表示されるのが一般的ですよね。
基本的に、「耳」の右に何か(旁のようなもの)があるときには出ないように書かれるようです。
ただ、以前のコメントでも触れた「常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)(案)」によると、正誤には影響しないものと思われます。

該当ページのPDFをいつものuploaderにupしておきました。
http://ux.getuploader.com/spaceplus01/

間違ってダウンロードしてしまった人が「何これ?」となりそうなので(笑)、ダウンロードパスワードを付けておきました。
ダウンロードパスワードは「p56」です。(該当ページ番号)

追加で感想をコメントしていただいて、とても嬉しいです^^
こちらこそありがとうございました。

(追記20170202)PDFをuploaderから削除しました。
下のコメントに、元の「常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)(案)」のPDFのあるページがリンクされていますので、気になるという方は、そちらを参考にしてください。

  • 2017/01/29(日) 22:20:54 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

びっくりの5画目

ま、まさか、「耳」の5画目が出ても出なくてもよいとは…
びっくりでした(汗)
囁の耳のところは一応左下のだけ邪魔にならないように出ないのかな…と覚えていましたが、あまり気にしなくてよかったんですね。
その他、「耳」の付く漢字に関しても(これまで通りに書こうとは思いますが)あまり気にしなくてもよかったんですね~。
大変参考になりました。ありがとうございました。

  • 2017/01/29(日) 23:07:00 |
  • URL |
  • asatori #LTBvYwDU
  • [ 編集 ]

確かに邪魔かも…(笑)

確かに「邪魔にならないように」という理由で出さないようになったのかもしれませんね^^;
私も、書き分けていたので、調べてみて驚きました(笑)
こちらこそありがとうございました。

  • 2017/01/29(日) 23:16:07 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

ちょっと気になったので

資料を拝見して、耳の5画目が出ても出なくてもよい(驚)…とコメントしましたが、もしかしたら小学校の書き取りのテストとかでは間違いになるかも…とちょっと気になってしまったので、追加してコメントさせていただきました。もしかしたらこちらを見ている方が「間違いにされた!」とかあったら申し訳ないような気がしたので…コメントがしつこくなってしまいました(汗)失礼いたしました。
とりあえず学校で習うような漢字に関しては、手元の教科書通りに書き取りをする…ということでOKでしょうか?

(すみません、さらに追加の追加で、耳のつく1級の漢字ですと「聳」でしょうか…これもやはりどちらでも可ということだったでしょうか?すみません、ちょっとこれも気になってしまいました)

  • 2017/01/30(月) 13:18:13 |
  • URL |
  • asatori #LTBvYwDU
  • [ 編集 ]

正誤について

asatoriさん、すみません、説明が不十分でしたね。

http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/2016022902.html

こちらにも記載のある通り、「常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)(案)」は、
「近年,手書き文字と印刷文字の表し方に習慣に基づく違いがあることが理解されにくくなっている。
また,文字の細部に必要以上の注意が向けられ,正誤が決められる傾向が生じている。」

ということに対して、出されたものです。

漢字カフェの記述を借りると、

漢字の書き取りテストを受けたら、「ここははねてはいけません」とか「この点はこちら向きに打ちましょう」、「ここははらいましょう」など細かい部分ばかり指摘されてバツにされた。

「令」という字を手書きしたときに最後の2画を「マ」のように書いたら、印刷された文字と同じ形で書くようにと言われてしまった。

これらは、漢字の「字体」と「字形」についての誤解が生んだ問題といえます。


とあります。

要するに「耳」の例をメインにしてまとめると、

・現状として、学校のテスト等において、「聞」「恥」などで「耳」を突き抜けた場合に×にしてしまう先生がいる。
・実際は、「耳」の突き抜ける、突き抜けないは、「字体」ではなく「字形」の違いとみなされ、正誤判定に関わる部分とするべきではない。
・このような事態を重く見たために文化庁が指針として、上記の報告を出した。

ということですので、「耳」の付くどの漢字に関しても、突き抜ける、突き抜けないといったことで不正解にされた場合、(そういった採点基準であることを徹底して告知した場合を除き、)「妥当ではない採点」だということです。

現在、「正誤判定」について、上の報告の内容を抜粋した記事を作成中です。
今日中には完成予定ですので、よろしければそちらも参考にしてください。

  • 2017/01/30(月) 13:57:30 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad