漢検1級模擬試験倉庫

類義語難問 その2

プロフィール画像に適した素材が見つからなかったので、
このブログのマスコットをドット絵で作ってみました。
絵心が無くてもそれなりものが作れるドット絵はいいですね。
思っていたより良い感じに仕上がったと思います(自画自賛)
名前は現在考え中。このままだと、「ひぐま君」になっちゃいます(笑)

さて、前回同様、模試でボツになった類義語問題を出題します。
今回は、前回よりも難しいかもしれませんが、
漢検辞典に記載がある熟語を徹底的に調べている人なら少しはできそうです。
個人的に面白いと感じた言葉がいくつかあるので、
全く分からないという人も、答えを見てみることをお勧めします。



1.徘徊 2.冉冉 3.鼎鉉 4.瓠犀 5.焠掌

語群:[こうし、しい、しんいん、せいふん、れいいん]


6.首鼠 7.応対 8.天井 9.刀布 10.貂寺

語群:[あと、いい、かんがん、しゅうさく、しょうじん]


解答はコチラ↓


1.徙倚
徙倚:たちもとおること。漢検辞典の「徙」の項目に記載有り。
(cf.徙移:移ること。移動。移徙。)

2.浸淫
冉冉:段々行き進んで移り変わる様子。徐々に浸していくさま。漢検辞典の大見出し語。
浸淫:次第にしみ込むこと。徐々に進行すること。漢検辞典の「淫」の項目に記載有り。

3.令尹
鼎鉉:大臣。宰相。漢検辞典の「鉉」の項目に記載有り。

4.皓歯
瓠犀:ひさごの種。美人の整った歯の白く美しい喩え。漢検辞典の「瓠」の項目に記載有り。

5.齏粉
焠掌:(掌を焼くような)辛さに耐えて努めること。漢検辞典の「焠」の項目に記載有り。
齏粉:身を粉にして働くこと。漢検辞典の大見出し語。

6.依違
首鼠:態度が決まらないこと。首鼠両端。
依違:(依るようで依らず、違うようで違わず)曖昧な態度をとること。漢検辞典の「違」の項目に記載有り。

7.酬酢/酬醋
酬酢/酬醋:(「酬」は主人が客に杯を返す、「酢」「醋」は客が主人に杯を返す意で、)主客互いに杯のやりとりをすること。転じて、応対。漢検辞典の「酢」「醋」の項目に記載有り。

8.承塵
承塵:天井。また、塵除けのために上に張った布や筵。広辞苑に記載有り。

9.阿堵
刀布:古代中国の刀銭と布銭。銭。広辞苑に記載あり。

10.宦官
貂寺:(貂の尾の飾りのついた冠をつけたことから、)宦官のこと。「寺」は「侍」の意。


(解説にある熟語の意味は一部です。)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

難しい~~~

チャレンジさせていただきました
4/10
まともにわかったのは、3と4と9だけ
10は何となく勘です。

ありがとうございました!

  • 2016/07/18(月) 16:42:51 |
  • URL |
  • rikuroku #-
  • [ 編集 ]

挑戦ありがとうございます

やはり、前回より難問でしたね。

問題の語が難しい問題と、解答の語が難しい問題がありますが、前者を全て正解されているのは、漢字の意味をしっかり理解されている証拠だと思います。
ちなみに、「酬酢/酬醋」はrikurokuさんのツイートで勉強させていただきました(感謝)

こちらこそありがとうございましたv-472
これから暑い日が続きそうです。どうぞご自愛ください。

  • 2016/07/18(月) 17:27:30 |
  • URL |
  • spaceplusKK #nuV3bpMk
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad