漢検1級模擬試験倉庫

大見出し語表の複数読みについて その4(ネ列)

大見出し語表の複数読みについて その3(ヌ列)」の続きです。

今回は「ネ列」(ネ-33~ネ-49)です。



読みが異なる漢字を赤字で示しています。

・ネ-33:輩」(さいはい/せいはい)

「儕」の音読みは「サイ」「セイ」の2つです。
「サイ」が漢音、「セイ」が慣用音のようですが、いくつか熟語を調べてみても「サイ」だったり「セイ」だったりしますね…。
どちらかというと「サイ」の読みが多い印象ですが、あまり気にしなくても良さそうです。

・ネ-34:刑」(たくけい/たっけい)

「磔」の音読みは「タク」のみで、「たっけい」は(広義の)促音便ですね。
ちなみに、私は「たっけい」で覚えてしまったせいで、「磔」の付く熟語を「タツ」で読んでしまったことがあります(苦笑)
きっちり、「タク」で覚えておきましょう^^;

・ネ-35:記」(さっき/とうき)

「箚」の音読みは「サツ」「トウ」の2つです。
「サツ」は慣用音のようですが、熟語を調べたところ「サツ」音で読んでいるものばかりですね。
「サツ」で覚えておいて問題は無さそうです。

・ネ-36:「烏(うじゃく/うしゃく)

「鵲」の音読みは「ジャク」のみしか漢検辞典には載っていませんので、「ジャク」で覚えると良いでしょう。
(本来は「ジャク」が慣用音、「シャク」が漢音のようです。)

・ネ-37:怪訝(かいが/けげん)

「怪」の音読みは「カイ」「ケ」の2つです。
「ケ」で読むものは「怪訝」の他、「怪我(けが)」「怪鳥(けちょう)」「怪異(けい)」「怪顚(けでん)」「勿怪/物怪(もっけ)」「変怪(へんげ)」が見つかりました。
このうち、重要なのは「勿怪/物怪(もっけ)」ぐらいですね。
基本的には勿論「カイ」で読みます。

「訝」の音読みは「ガ」「ゲン」の2つです。
「ゲン」音を載せていない漢字辞典もあるので、もし「訝」の付く熟語が出題されたら、「ガ」で読むと良いと思います。
漢検辞典に載っている「訝賓(がひん)」を覚えておく方が良いかもしれませんね。

・ネ-38:乱」(ぶんらん/びんらん)

「紊」の音読みは「ブン」「ビン」の2つです。
「紊乱」の項目にあるように「びんらん」は慣用読みです。
漢字辞典の熟語の中には「ブン」読みしか載せていないものもありますので、「ブン」音で覚えるのが無難でしょう。

・ネ-39:然」(ぼうぜん/もうぜん)

「惘」の音読みは「ボウ」「モウ」の2つです。
「ボウ」をメインに書いている辞典と「モウ」をメインに書いている辞典があるようですね…。
下つき熟語の場合「ボウ」で見つかるので、「ボウ」で覚えた方がいいでしょうか…?
漢検辞典に載っている熟語は「惘然(ぼうぜん/もうぜん)」「惘惘(もうもう/ぼうぼう)」だけですし、どちらでも覚えても問題ないような気もします。
いずれにせよ、そこまで重要な漢字では無いですので、(「惘(あき)れる」の読み以外は)あまり気にしなくてよいでしょう。

・ネ-40:冠」(けいかん/かいかん)

「挂」の音読みは「ケイ」「カイ」の2つです。
「挂冠」の項目に「『カイカン』の慣用読み」とあるように、「ケイ」は慣用音ですが、「ケイ」で読む熟語がほとんどのようですね。
どちらでも正解になりそうですが、28-2では対類で「挂冠」が「けいかん」で出題されていますし、「ケイ」で覚えておくと良いでしょう。

・ネ-41:箜篌(こうこう/くご)

「箜」の音読みは「コウ」「ク」の2つ、「篌」の音読みは「コウ」「ゴ」の2つです。
「箜篌」以外に出題されそうな熟語は無さそうなので、どちらかの読みが分かっていれば良いと思います。

ちなみに、「篌」の字はこの形で書いてはいけません。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

・ネ-42:「熱(ねっとう/ねつどう)

「鬧」の音読みは「トウ」「ドウ」の2つです。
「ドウ」音しか載せていない辞典もありますが、漢検辞典は「トウ」をメインにしていますね。
どちらでも良いと思いますが、迷ったら漢検辞典に合わせて「トウ」で。

・ネ-43:睹」(ぎゃくと/げきと)

「逆」の音読みは「ギャク」「ゲキ」の2つです。
勿論「ギャク」が基本ではありますが、「逆旅(げきりょ)」「逆鱗(げきりん)」などの語もありますね。
「ゲキ」が漢音なので、ちょっとややこしい…。

・ネ-44:月」(こうげつ/きょうげつ)

「皎」の音読みは「キョウ」「コウ」の2つです。
「コウ」は慣用音で、「キョウ」のみしか載せていない辞典もあります。
「コウ」で不正解にはならない気もしますが、「キョウ」で覚える方が無難だと思います。

・ネ-45:「簒(さんし/さんしい)

「弑」の音読みは「シ」「シイ」の2つです。
「シ」がメインの辞典と「シイ」がメインの辞典があります。
どちらでも良いと思いますが、「シイ」の方がレアな読みで覚えやすいでしょうか…?

・ネ-46:垢膩(こうじ/くに)

「垢」の音読みは「コウ」「ク」の2つです。
「ク」で読むものを探したところ、
「無垢(むく)」「垢穢(くえ)」「業垢(ごうく)」「罪垢(ざいく)」「三垢(さんく)」「心垢(しんく)」「離垢(りく)」「六垢(ろっく)」
が見つかりました。
これらは仏語で、「垢」は「けがれ」を意味しているようです。
勿論、基本的には「コウ」で読みます。

「膩」の音読みは「ジ」「ニ」の2つです。
「ニ」で読むものは殆ど無いので、「ジ」音で覚えてください。

・ネ-47:骨」(けんこつ/かんこつ)

「顴」の音読みは「ケン」「カン」の2つです。
「ケン」のみの辞典もあるので、「ケン」で覚えた方が良いでしょう。

・ネ-48:呶呶(どど/どうどう)

「呶」の音読みは「ド」「ドウ」の2つです。
「ドウ」のみの辞典もありますが、慣用音「ド」が浸透している感じもしますね…。
重要な語は「呶呶」ぐらいでしょうから、分かりやすい「ド」でいいかもしれませんね。

・ネ-49:婪」(どんらん/とんらん/たんらん)

「貪」の音読みは「ドン」「タン」の2つです。
「貪着(とんじゃく)」「貪瞋痴(とんじんち)」と言った大見出し語がありますが、「トン」音は載っていないので、学習の優先順位は下げても良いでしょう。
デジタル大辞泉に「ドン」音で載っている二字熟語は、ほぼ全て「タン」音での読みが漢字辞典等で見つかりました。
よって、知らない熟語の場合、「タン」音で読んでおけば問題無さそうです。
ただし、「慳貪(けんどん)」だけは恐らく「ドン」としか読まないと思いますのでご注意ください。


今回はいつにも増して微妙がものが多く、あまり重要でない漢字ばかりを取り上げてしまったかもしれません(汗)
微妙なものはあまり気にしすぎることの無いようお願いします<(_ _)>
次回が最終回なので、最後までこのまま進めるつもりですが、重要なものに限って書けば良かったと少し後悔しています(苦笑)

ところで、調べていて感じたのは「慣用音にも色々ある」ということ…。
大きく分けて、次の3パターン。

①漢字辞典でもメインで扱っているもの
②漢字辞典ではあまり使用例が無いが、国語辞典ではよく使用されているもの
③国語辞典でも特定の語にしか使用されていないもの

さらに、漢字辞典、国語辞典を複数調べることで、「慣用音」の浸透レベルが細かく分けられそうです。

正直、②の慣用音が困るんですよね…^^;
まあ、出題する漢検さんも、「出題しにくいな~」と困っていたりするのかもしれませんけど(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad