漢検1級模擬試験倉庫

常用大見出し語表から 書き取り問題その13

書き取り問題(選択形式)です。
前半は短文で(諺を含む)、後半は長文で出題します。

語群(1~5):[がいかんかいようしょうこうのうさいりゅうせつ]

1.()の儀により正式に婚約された。

2.山奥で荏苒と()している。

3.人の功罪は()の後に明確になる。

4.()の美男子に一目惚れする。

5.数々の無礼を御()ください。

<ヒントの表示(1~5)>

語群(6~10):[きざこうこていきんねんしりょくしゅ]

6.安場は歩きだした。そうして快然とうたいだした。
「ああ玉杯に花うけて、()に月の影やどし、治安の夢にふけりたる、栄華の巷低く見て……」
(佐藤紅緑「ああ玉杯に花うけて」より)

7.孝孺は此の愚庵先生第二子として生まれたり。天賦も厚く、()も厳なりしならん。幼にして精敏、双眸炯々として、日に書を読むこと寸に盈ち、文を為すに雄邁醇深なりしかば、郷人呼んで小韓子しとなせりという。(幸田露伴「運命」より)

8.吾が儕のこの新聞紙を発兌するや、まさに以て海内三千五百万の兄弟とともに共に向上の真理を講求して、以て国家に報効するあらんと欲せんとするなり。乃ち尋常紙上に記載する事件の首めにおいて次を逐うて我が儕の所見を叙述し、以てあまねく可否を()の君子に問わんとし、ここにその目を掲するに左の数項の外に出でず。(中江兆民「『東洋自由新聞』第一号社説」より)

9.怪しむ勿れ、彼が師を以て自ら居らざるを。彼の眼中師弟なし、ただ朋友あり、これ一は彼が()なお壮なるがため、一は学校といわんよりも同志者の結合というが如きためなるべしといえども、また彼が天性然るべきものあり。(10に続く)

10.滔々たる天下その師弟の間、厳として天地の如く、その弟子は鞠躬として()し、先生は茵に座し、見台に向かい、昂然として講ず。(徳富蘇峰「吉田松陰」より)

<ヒントの表示(6~10)>



<解答の表示>


関連記事

コメント

OK!!

こんにちは

今日は特に迷ったものも無し
絶好調です!!

出題ありがとうございました。
模試は直前模試までありませんよね??
催促ではありませんよ~
早くやりたくてうずうずしているのです~

  • 2020/09/18(金) 09:21:40 |
  • URL |
  • rikuroku #-
  • [ 編集 ]

更新忘れ💦

rikurokuさん、コメントありがとうございます。
今回も絶好調で素晴らしいですね。

次の模試は直前模試ですが、「公開予定」の欄を変えていませんでしたね🙏💦
一つ目の記事が出るまであと24日お待ちください🙇

こちらこそありがとうございました🙇

  • 2020/09/18(金) 10:51:17 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する