漢検1級模擬試験倉庫

常用大見出し語表から 書き取り問題その8

書き取り問題(選択形式)です。
前半は短文で(諺を含む)、後半は長文で出題します。

語群(1~5):[きゅうごうきょほどうこうなんめんやくせき]

1.彼は父と()で五十歳である。

2.先生は()効無く身罷られた。

3.()して天下に聴く。

4.同志を()して一揆を図る。

5.彼は斯界に()を残した。

<ヒントの表示(1~5)>

語群(6~10):[しょうようぜんじょうばひつむじょうりくごう]

6.即ち従来の革命と申しまするものは尭舜は()でありましたが湯武以来は放伐というものがあり結局君主の徳が衰えて之を行なかったから民心が離反し、別に聡明英智の人間が起こって、そうして前代を倒して別に位号を正しくする訳であるが、礼楽制度は革命によりて変わるけれども天下を治むるの道は尭舜禹湯文武の道に相違ないので、革命の起こる様になるのは其の道が廃れたからで、之を新主が興すのである。(狩野直喜「支那人心の新傾向」より)

7.序戦二度の大捷に、蜀軍は大いに士気を昂げたばかりでなく、魏軍の豊かな装備や()武具などの戦利品も多く獲た。けれど、司馬懿の軍は、それきり容易にうごかなかった。(吉川英治「三国志 -五丈原の巻-」より)

8.破していわく、汝提宇子(でうす)、この段を説く事、ひとえに自縄自縛なり、まずDS(でうす)はいつくにも充ち満ちて在すと云うは、真如法性本分の天地に充塞し、()に遍満したる理を、聞きはつり云うかと覚えたり。(芥川龍之介「るしへる」より)

9.見ずや、上野の老杉は黙々として語らず訴えず、独りおのれの命数を知り()として枯死し行けり。無情の草木遥かに有情の人に優るところなからずや。(永井荷風「浮世絵の鑑賞」より)

10.礼法を無視して悪口雑言を濫用するは、確かに彼の大疵なり、粗暴矯激にして軌道を逸脱するの()は、亦固より彼の大欠陥なり。(鳥谷部春汀「明治人物月旦(抄)」より)

<ヒントの表示(6~10)>



<解答の表示>


関連記事

コメント

おはようございます!

今回も解かせていただきました。

「同甲」と「馬匹」を間違えました(汗

ヒツと読む漢字は少ない印象だったので、ひとつひとつ書き出してみたのですが、どれも雰囲気に合わず...

「馬匹」のほかに、「紙匹」なんて熟語もあるんですね~

毎度勉強になっておりますm(_ _)m

ご出題ありがとうございました!

  • 2020/08/14(金) 07:16:19 |
  • URL |
  • 熊谷葵 #-
  • [ 編集 ]

馬匹の匹

熊谷葵さん、コメントありがとうございます。

「馬匹」は似たような熟語が見当たりませんし、そもそも「匹」で終わる熟語もあまり多くないので、違和感があったでしょうか。
一般的に馬は「頭」で数えますしね…。

「紙匹」という言葉もあるんですね。
広辞苑以外では見当たりませんが、専門用語なのでしょうか…?
「匹」が反物の単位であることと関係がありそうな気がしますが、情報があまり得られませんでした…。

こちらこそ勉強になりました🙇
こちらこそありがとうございました😊

  • 2020/08/14(金) 10:22:23 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

DS?

DSでデウス(笑)

馬匹・・・《1匹、2匹と数えるところから》馬のこと。
紙匹・・・抄紙機・加工機上の、または巻き取ったままの、帯状の紙。
同甲=同年
亡状=無礼

  • 2020/08/14(金) 16:41:49 |
  • URL |
  • 黒森峰 #-
  • [ 編集 ]

興味深い表記

黒森峰さん、コメントありがとうございます。

「DS」を「でうす」と読ませるのは興味深いですね。

「紙匹」は熟語としては面白いですが、そこまで重要ではないと思いますので、深追いの無いようご注意ください。

どうもありがとうございました🙇

  • 2020/08/14(金) 18:39:32 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する