漢検1級模擬試験倉庫

常用大見出し語表から 書き取り問題その3

書き取り問題(選択形式)です。
前半は短文で(諺を含む)、後半は長文で出題します。

語群(1~5):[いっぱんかしゃくせいかちゅうせきやくじ]

1.病褥に臥し()に親しむ日を過ごす。

2.彼は組織の()たるべき逸材である。

3.著書から偉人の生涯の()を窺う。

4.修身()の道に勤しむ。

5.彼の筆誅は()する処が無かった。

<ヒントの表示(1~5)>

語群(6~10):[おうしかたいそうこうどうよくらいめい]

6.このたび百両の金子紛失の件、とにもかくにも、そちたちの()、その場に居合わせながら大金の紛失に気附かざりしとは、察するところ、意地汚く酒を過ごし、大酔に及んだがためと思われる。(太宰治「新釈諸国噺」より)

7.しかし、光秀が信長に反いたのは、平生の鬱憤を晴らすと同時に、あわよくば天下を取ろうとする大志が、あったに違いない。秀吉が、信長の()を機会に信長の子孫を立てずに自分で天下を取ったのを、光秀はもっと積極的に、自分の私憤を晴らすと同時に、天下を志したに違いない。(菊池寛「山崎合戦」より)

8.大正五年七月九日先生の訃いまだ公にせられざるに先立ち馬場孤蝶君悲報を二、三の親友に伝う。余()として車を先生が白金の邸に走らするに一片の香煙既に寂寞として霊柩のほとりに漂えるのみ。(永井荷風「書かでもの記」より)

9.旅路のなさけなき事、風吹き荒み熱砂顔にぶつかる時眼を閉(ふさ)ぎてあゆめば、邪見の喇叭気を注(つ)けろがらがらの馬車に胆ちぢみあがり、雨降り切(しき)りては新道のさくれ石足を嚙むに生爪を剝がし悩むを()の車夫法外の価(ね)を貪り、尚も並木で五割酒銭(さかて)は天下の法だとゆする、仇もなさけも一日限りの、人情は薄き掛け蒲団に襟首さむく、待遇(もてなし)は冷ややかな平の内に蒟蒻黒し。(幸田露伴「風流仏」より)

10.実隆の交遊広く、()の僻陬まで及んでおったことは、日本のはてから彼を尋ねて来る者の多かったのでも推すことができる。薩摩からは、前にもちょっと述べた僧珠全が、一度は宗祇により、一度は宗碩と同道して、実隆に面謁したのみでなく、同国人吉田若狭守位清という者からは、和歌の合点を依頼してきた。(原勝郎「東山時代における一縉紳の生活」より)

<ヒントの表示(6~10)>



<解答の表示>


関連記事

コメント

親しみたくない

こんにちは

「薬餌に親しむ」って表現をするんですね~

「親しむ」って、楽しいイメージがありますけど、これは親しみたくないですね~

加齢と共に調子のいい日が減っていき、身体は痛むし、服薬が必要だし、とほほです。

space+さんは身体に悪いもの(酒・たばこなど)も喫まないし、まだまだお若いですから心配無いですね~

出題ありがとうございました。

  • 2020/07/10(金) 09:49:04 |
  • URL |
  • rikuroku #-
  • [ 編集 ]

健康的な生活習慣に親しむ

rikurokuさん、コメントありがとうございます。

確かに病気の意味だと、「親しむ」という言葉のイメージには合わないですね。
辞書の意味としては「なじむ」という意味に該当しますが、他の例は「読書に親しむ」「自然に親しむ」などで、マイナスイメージの言葉は他に見つかりませんでした。

年齢による衰えは、私も徐々には感じていますよ(苦笑)
幸い大きなトラブルは無いので、そういう段階から予防に努めておかなければとは思っています。
コロナのことがあって、普段から健康に気を付けることの大切さに改めて気付かされましたね。

rikurokuさんもお体をいたわってお過ごしください。
特に、二日酔いに親しむのはやめましょう(笑)

こちらこそありがとうございました😊

  • 2020/07/10(金) 11:31:24 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する