漢検1級模擬試験倉庫

リピーター向け模擬試験その2(記事版)

「リピーター向け模擬試験その2」の問題と解答です。(ヒントはありません。)
問題文などは省略しておりますので、形式等にご注意ください。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。



(一)
1.土木の功、赭堊の色、巧を遺す無し。
2.枹鼓を取ること急なれば其の身を忘る。
3.冷たい石龕の内に急に灯がともされた。
4.魯仲連は奇偉俶儻の画策を好む。
5.子敖に従いて来るは徒に餔啜するのみ。
6.修験者が列になって入峰する。
7.鶏鶩は堂壇に満ち、蛙黽は華池に游ぶ。
8.鶏鶩は堂壇に満ち、蛙黽は華池に游ぶ。
9.生、為人孱孱たる小丈夫のみ。
10.正に頂子に中り、兜牟桜絶えて傾く。
11.侵攻の勢いを無くし、交綏状態となる。
12.叩頭拝俛して窮状を哀訴す。
13.七日火食せず、藜羹せず。
14.掠笞数百、是を以て高祖を逃れしむ。
15.稟請には執行者の簽押を要す。
16.壱是に皆身を修むるを以て本と為す。
17.扶輿猗靡として、翕呷萃蔡たり。
18.扶輿猗靡として、翕呷萃蔡たり。
19.敬神家の矜式となり勤王の木鐸となる。
20.高懐衰薄を矯め、雅音哇咬を変ず。
----------------------------
21.其は巌に浪のぐが如く懸かれり。
22.神酒を注いだ陶坏を饌える。
23.敦としての若く、曠として谷の若し。
24.三王もぐべし、五帝も越ゆべし。
25.を愛し、之を養いて群を成す。
26.数烟塵に遇いて戎役にみ労れり。
27.宇陀の高城に鴫羂張る。
28.夙に興き、爾の所生をむる無かれ。
29.入口のに膝をついて応対する。
30.如し其の道ならば、以てると為さず。
 
(二)
1.音を立てて薪がぜる。
2.ミョウバンを消臭に用いる。
3.屹然として人のカフウに立つを好まず。
4.絶滅危惧種のタイマイを保護する。
5.モンドリ打って、崖を転げ落ちた。
6.直音とヨウオンが混じると言いにくい。
7.野菜を茹でてミゾレアえにする。
8.薬を飲んでテンカン発作を抑える。
9.シッポク料理で客をもてなす。
10.飛行機が大陸間をショウハする。
11.暗暗裏にネタバを合わす者がいる。
12.取引所にゲキタク売買の拍子木が響く。
13.ソウカクの頃に両親と死別した。
14.五濁悪世からのセンゼイを望む。
15.センゼイに帷幕を張り、籌策を運らす。
16.巫術やセンゼイを用いて政を行う。
17.年を取って手がシワシワになる。
18.木の枝がシワシワと曲がる。
----------------------------
19.お歳暮にカズノコを贈る。
20.セガレの無事をただ祈る。
 
(三)
1.寝室。または、妓楼。
2.地方長官。
3.秋風がものさびしく吹く。
4.貴人通行の際に声をかけて先払いする。
5.粗末な僧衣。
 
けいひつ、じゅんい、しょうしつ、じょくいん、
どうぼう、ふんぞうえ、ぼくしゅ、りょうしょう
 
(四)
問1
1.(   )喪気
2.(   )戴白
3.(   )在側
4.(   )浮木
5.(   )生珠
6.乾端(   )
7.随喜(   )
8.寸馬(   )
9.婉娩(   )
10.輿馬(   )
 
かいしん、かつごう、こんげい、すいちょう、ちょうじゅう、
とうじん、もうき、ふうち、ふくこう、ろうぼう
 
問2
1.下問を恥じない態度。
2.学問を教える所。
3.質素な家。
4.天子が政治に精励する。
5.成すべきことを全てやり尽くした。
 
不失錙銖伊尹負鼎、旰食宵衣、緇林杏壇、
能事畢矣、蓋瓦級甎、詢于芻蕘采椽不刮
 
(五)
1.煙火
2.戈壁
3.移徙
4.菜豆
5.退紅
6.部領
7.江浦草
8.御稜威
9.拶双魚
10.赤古里
 
(六)
ア 1.耕耨 … 2.耨る
イ 3.貰赦 … 4.貰す
ウ 5.浹旬 … 6.浹る
エ 7.稔聞 … 8.稔む
オ 9.朱殷 … 10.殷い
 
(七)
1.退位
2.進献
3.悪茶
4.入相
5.混同
 
6.一葦
7.幽境
8.受胎
9.野老
10.両儀
 
うそう、げんこう、けんべつ、しゅうばつ、しんめい、
とうきょく、にんよう、ほうめい、むばい、らいし
 
(八)
1.カンショの楽しみ。
2.刀下の鳥リンソウに交わる。
3.ショウスウ以て之を貫く。
4.大国を治むるはショウセンを烹るが若くす。
5.メンショウの譏り。
6.ロウオウを奉じて焦釜に沃ぐ。
7.越人の秦人のヒセキを視るが如し。
8.ヤチョにして介するもの。
9.利を争うことソウコウの如くにして其の掌を失う。
10.キコの間に相見ゆ。
 
(九)
A 林子平歴遊して還り家に在り。会(たまたま)兄の嘉膳、妻を喪うて未だ1.ヒンせず、明朝を以て葬らんとす。挙家ア.匆忙。時正に窮冬、寒気肌をイ.す。午夜のウ.、衆皆寝に就かんとす。而して子平在らず。衆之をエ.むれども得ず。偶嫂氏死体の臥床中に2.カンセイあり。嘉膳怪しみて衾をオ.けば、子平中に在り。嘉膳驚き且つ怒りて大いに之を𠮟す。子平徐(ゆる)やかに起ちて曰く、寒威堪えず、少しく嫂氏の衾を借るのみ。嫂氏既に死せり、俱に臥すも何の嫌あらん。兄猶何ぞ嫉妬するをカ.いんやと。嗚呼、奇謔。一歩誤れば則ち悪謔と為る。是子平にして可なり。他人の決して為すを許さざる者なり。(大田才次郎「新世語」より)
 
B 夫、四境七道の関所は、国の大禁を知らしめ、時の非常を誡めんが為なり。然るに、今3.ロウダンの利に依って、4.ショウコ往来の弊、年貢運送の煩ありとて、大津、葛葉の外は、悉く所々の新関を止めらる。また元亨元年の夏、大旱地を枯らして、5.デンプクの外百里の間、空しく赤土のみ有って、青苗なし。キ.餓殍野に満ちて、飢人地に倒る。この年銭三百を以て、粟一斗を買う。君遥かに天下の飢饉を聞き召して、朕不徳あらば、天予一人を罪すべし。黎民何の咎ありてか、この災いに遭えると、自ら帝徳の天に背ける事を歎き思し召して、6.アサガレイの供御を止められて、飢人窮民の施行に引かれけるこそ有り難けれ。これも猶万民の飢えを助くべきに非ずとて、検非違使の別当に仰せて、当時富祐の輩が、利倍の為に蓄え積める米穀を点検して、二条の町に仮屋を建てられ、検使自ら断って、ク.を定めて売らせらる。されば、商買共に利を得て、人皆九年の蓄えあるが如し。訴訟の人7.シュッタイの時、もし下情上に達せざる事もあらんとて、記録所へ出御成って、直に訴えを聞こし召し明らめ、理非を決断せられしかが、虞芮(ぐぜい)の訴え忽ちに停まって、刑鞭も朽ちはて、8.カンコも打つ人なかりけり。誠に理世安民の政、若し機巧に付いてこれを見れば、9.メイセイ亜聖の才とも称しつべし。惟恨むらくは、斉桓覇を行い、楚人弓をケ.れしに、叡慮少しき似たる事を。これ則ち草創は一天をコ.すと雖も、10.シュブンは三載を越えざる所以なり。(「太平記」より)



<解答の表示>

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する