漢検1級模擬試験倉庫

R1-3の平均点について

本試験R1-3の正式結果が昨日発送され、届いた方もいらっしゃるようです。
皆さんの結果はいかがだったでしょうか…?

今回の平均点について感じたことを書きましたが、長くなったため折りたたみました。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください。



まず、今回の平均点の合計は約87.8点でした………低いですね💦
漢検の草創期(?)を除けば、恐らく過去最低点を更新していると思われます。
平均が低いからと言って必ずしも合格率が低いとは限りませんが、いつもながらここまで難化させる理由がよく分かりませんね…。

とりあえず、ここ最近のデータとの比較を見てみましょう。

平均点データ(H29~R1)
(※過去5回平均=H30-1~R1-2の平均点)

前回の点数と比較してみると、「(一)読み」「(三)語選択」を除く全ての分野で難化していることが分かります。
また、過去5回平均と比較しても、易化しているといえる分野は一つも無く、今回の異様な難易度がハッキリしますね…。

次に、読み問題と書き問題に分けてみると、以下のようになります。
(ここでは便宜上、読み問題=1点問題、書き問題=2点問題としています。)

読み書き別平均点データ(H29~R1)

こうしてみると、読み問題は平均的な難易度であることが分かるので、難化の大きな要因は書き問題にあるということですね。

では、以下で、書き問題の分野を一つ一つ見てみましょう。
まず、全体の書き問題の平均正解率の比較は以下の通りです。

書き問題の平均正解率(H29~R1)

正解率の高いものから順に触れていきます。

(四)四字熟語・問2

過去には今回より正解率の低かった回もありましたが、ここ数年では最低の正解率となりました。
以前はややこしいダミーの影響が大きかったと思われますが、今回は漢検四字熟語辞典にないものの影響が少なからずあったと思います。
ただ、勘で選択して当てられる場合もある分野なので、思ったほど正解率は下がらなかったという印象もありますね。

(二)書き取り

平均的な難易度だったと言えると思います。
ただし、簡単な問題と難しい問題の二極化が進んでいる印象があるので、平均点だけでは何とも言えない部分もありますね…。

(九)文章題書き取り

H29年度のようなことにはなっておらず、出題が落ち着いてきていると感じます。
こちらも多少二極化している印象ですが、ある程度実力を測ることは出来ていて、適した出題と言えるのではないでしょうか。

(四)四字熟語・問1

まさかこの分野の平均が、文章題書き取りを下回る日が来るとは思いませんでした…。
常用四字熟語の出題が増えているとはいえ、点数が低すぎると感じます。
過去問と1級配当四字熟語だけで8割は取れるはずなのですが、何か他に難しい要素があったのでしょうか…?

(八)故事ことわざ

選択形式でないにもかかわらず、難易度が大きく変動するのはなぜなのでしょうか(苦笑)
難易度の調整が上手くいっていないという印象は拭えませんね…。

少し話が逸れますが、最近は「烏鳶」「坐殺」「未萌」と、準1級漢字を含む出題が少し目立ってきている気がします。
「細腰」の出題文にも準1級漢字を含む「楚王」があるので、今後準1級ことわざにも気を付ける必要があるかもしれませんね。

(三)語選択

4割に届いていませんが、これでも今年度最も易しい難易度です(笑)
異常が続いてそれが普通になってしまった感じですね…。

(七)対類

大方の予想通り(?)大きく点数を下げました。
実力のある方でも大きく失点しているので、当然といえば当然ですね。

過去に2割を切ったのは、H29-3の文章書き、H30-3とR1-2の語選択の3回で、今回が4回目です。
グラフを見ていただくと分かりやすいかと思いますが、過去3回に関しては、次の回で易化していますね。
流石に漢検さんも、平均点2割以下は適切な難易度ではないと思っているのでしょう。

従って、次回の対類も少なからず易化するのではないかと予想されます。
あまり今回の難易度に振り回されないようにしたいですね。



長くなりましたが、今回の平均点に関しては以上です。
平均点がここまで低いとなると、合格率も低くなると予想されますが、どうなるでしょうか…?
公表はまだまだ先のことですので、気長に待ちたいと思います。

最近の状況を見ていると、次回の試験がコロナウイルスの影響で予定通り実施されない可能性がやや高まっていると感じます。
その点が心配ではありますが、いずれにせよ次に向けて学習を進めるしかありませんね。
今回残念ながら思うような点数が取れなかった方も、一つ一つ対策を進めて、力を貯めて行っていただければと思います。
関連記事

コメント

検定結果報告

 昨日、検定結果通知が来ました。173点でした。書き問題の「まじろぐ」は、「目動く」×。語選択8点、対類問題12でした。
 早速の問題分析ありがとうございます。大変参考になりました。当方も、ここまで平均点が下がるとは予想しませんでした。そのなかで、よく合格できたと思っています。貴ブログの各模擬試験、資料、問題集のおかげです。感謝感謝です。さらに驚いたのは、先週協会から「理事長賞あげる」という速達が届いたことです。この得点で受賞というのは、上位高得点者が、既に受賞されているリピーターの方々であり、その方々を省いていった結果でしょう。何か目標が、一気にホップ・ステップと二段階駆け上がってしまった感じです。肉離れ起こさないようにこれからはボチボチやっていこうと思います。今後ともご指導よろしくお願いします。

  • 2020/03/24(火) 10:09:52 |
  • URL |
  • のぶ #JqZ.p3JE
  • [ 編集 ]

理事長賞おめでとうございます

のぶさん、コメントありがとうございます。
今回の平均点を見る限りでは、過去最大の難易度だったようですが、余裕をもっての合格のようで、本当に素晴らしいですね。

「目動ぐ」は残念でしたが、妥当な判定でしょうか。

平均点の低い分野での点数の高さが、実力を示していますね。
弊ブログではそこまで対応できていたわけではありませんが、多少なりとも貢献できたとすれば、大変嬉しく思います。

初合格と同時に理事長賞受賞は快挙ですね!
勿論、受賞済みで対象から外れたリピーターさんは多いですが、今回の難易度や周りの情報を考えあわせれば、それでものぶさんはかなり上位に入っていると思われます。
少なくとも初合格を目指す受検者に限れば、1位か2位の結果だったわけですから、自信にしていただければと思います。

思いがけず受賞して、今後の選考対象からも外れてしまったので、目標となるものを見失ってしまった感じかもしれませんね(笑)
いずれにせよ楽しんで学習を続けていただきたいと思っています。

受賞、本当におめでとうございました。
こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします😊

  • 2020/03/24(火) 11:28:01 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

平均点

こんにちは。

昨日過去問集が発売になりまして、令和元年度3回分解きました。

取り敢えず、R1-3の結果ですが、115点でした。

故事ことわざだけ平均点を下回り、6点でした。

「坐殺」を「座殺」と書いてしまい×にしたのですが、やはり別解はないのでしょうか?

ちなみにR1-1は134点、
R1-2は139点でした。
去年はもう少しまともな点数だった気がするのですが…?^^;

年々記憶が薄れているのも点数が下がる要因とは思いますが、
徐々に問題が難しく、対策が取りづらいものが増えている気がします。
書き取り問題は三文字系が増えて、ハードでした。(臘八会は、臘がキチンと思い出せず×)

この状態だと、R2-1は中止の可能性もありそうですが、
過去問集だけは欠番にせずそのまま掲載して頂けると、解く楽しみが出来て個人的には有難いなと思います。

長くなりましてすみません。
ありがとうございました。

  • 2020/03/28(土) 10:32:45 |
  • URL |
  • まさ #f67BpHN6
  • [ 編集 ]

R1年度の難易度

まささん、コメントありがとうございます。
もうR1年度の3回分の試験に挑戦されたんですね。

やはり、R1-3の難易度が異常ですね…。
確かに、ことわざは難しかったと思います。

「座殺」は情報が得られないので、不正解とされても文句は言えませんね…。
正解の可能性もあるとは思いますが、そもそもの出題意図も分からないので、何とも言えません…。

総じて言えば、H30年度に比べてR1年度は難しかったと思います。
弊ブログの対策で取れる点数も、対策量が増えているにもかかわらず、増えないどころか減っているぐらいですからね…^^;

仰る通り、次回が中止になった場合に問題がどうなるかは気になりますね。
公開してしまう可能性もありそうですし、そのまま問題を持ち越す可能性もあるでしょうか…?
最悪R2年度全滅の可能性もあるので、そうなると問題集にも大きく影響しそうですね…。

問題集が出るのは、R1年度を振り返る良い機会になりますね。
こちらこそありがとうございました🙇

  • 2020/03/28(土) 12:19:46 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する