漢検1級模擬試験倉庫

リピーター向け模擬試験その1(記事版)

「リピーター向け模擬試験その1」の問題と解答です。(ヒントはありません。)
問題文などは省略しておりますので、形式等にご注意ください。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。



(一)
1.前途に艱窘多くして活計立たず。
2.颶風田疇を襲いて陰霾を生ず。
3.一意摶心に考して秘鑰を攫む。
4.上帝に昭事し、多福を聿懐す。
5.弘誓の船の到れるが如く感佩す。
6.遽かに寤めて溲溺の泄るるを免る。
7.培塿の上、松柏を植えず。
8.狭斜青楼に遊ぶ蕩児を訶咄す。
9.烝庶紫陌に萃如として蝟集す。
10.簡牘に土地の鬮分の結果を記す。
11.蔡を居き、節を山にし、に藻す。
12.戟槊を掉いて榾柮を拆裂す。
13.寒士は裘褐を衣、粢糲を喰う。
14.驍将指麾して亡慮十万の士卒を動かす。
15.湯熨を以て微恙を痊やす。
16.梵砌の鴨脚樹には惟蜩蛻ある耳。
17.灯檠の火は幢幢として揺る。
18.衛音は趨数として志を煩しくす。
19.彭殤を斉しくするは妄作たり。
20.河頭蕪穢なりて莨尾艸も多く蕃れり。
----------------------------
21.何とも狡辛い男である。
22.琉璃の、琥珀濃し。
23.犯人は倒けつびつ逃げて行った。
24.え物を吹く愚かさを笑う。
25.浪費癖が祟って遂にが詰まった。
26.景伯載を負い、萊門にる。
27.梁簀を張り立て魚を捕る。
28.館の古風を存ぜる燭台を仰ぎ見る。
29.童は川で水嬲りして遊ぶ。
30.誰か謂う宋遠しと、曽ち朝をえず。
 
(二)
1.松茸のホウロク蒸しを食す。
2.文章内のエンジを取り除く。
3.俗世を避けてワビ住まいする。
4.ネツフクシャにより温度が伝わる。
5.仏像の眉間のビャクゴウが光る。
6.学生がオイを負って都に集まる。
7.平和な世となり、民は皆に安んずる。
8.スケンゾメきの客を追い払う。
9.彼女の態度の急変をイブカしんだ。
10.リョウリョウと喇叭の音が響いた。
11.深い憎しみでシチショウまで祟る。
12.ソモウ織物で紳士服を仕立てる。
13.相手の鼻っ柱をし折るつもりだ。
14.イッシュの香を拈って故人を弔す。
15.強く搔いてミミズバれが出来る。
16.二つの記述はテイゴし矛盾している。
17.日は正にテイゴで、犬も昼寝している。
18.相手にだけ伝えようとテイゴする。
----------------------------
19.水際にマテの穴が点在する。
20.山道の両側にスギの木が並ぶ。
 
(三)
1.行為や判断の基準となる模範。
2.物事の終わり。転じて、追い出される。
3.車馬の通行が多くて混み合うこと。
4.天子に意見などを申し上げること。
5.絶妙な音楽や詩歌のたとえ。
 
きかん、こくげき、しんらい、ふそう、
へんじゅう、ぼんてんこく、もこう、りゅうがん
 
(四)
問1
1.(   )長蛇
2.(   )紅閨
3.(   )穣田
4.(   )野語
5.(   )兼道
6.老驥(   )
7.破邪(   )
8.玉石(   )
9.和羹(   )
10.解衣(   )
 
あんばい、えんえん、けんしょう、しんや、すいしょく、
すいちょう、せいとう、どうき、とんてい、ふくれき
 
問2
1.本質を見抜くことが大事である。
2.つまらない者を重用する。
3.人が多く集まって密集している。
4.宮中。皇室。
5.文字の誤り。
 
三豕渡河、以杙為楹、求漿得酒、牝牡驪黄
瓊葩綉葉、竹苑椒房、管窺蠡測、門巷塡隘
 
(五)
1.天蛾
2.拉丁
3.覇王樹
4.甲矢
5.鼓子花
6.行狭
7.水松
8.外持
9.姫莎草
10.神籬
 
(六)
ア 1.仄陋 … 2.仄しい
イ 3.勒兵 … 4.勒める
ウ 5.馴行 … 6.馴い
エ 7.脩眉 … 8.脩い
オ 9.湛湎 … 10.湛む
 
(七)
1.捷利
2.頽齢
3.恭謙
4.出獄
5.藪井竹庵
 
6.啜泣
7.幫間
8.抛擲
9.赤面
10.叡聞
 
きえん、ききょ、きょまん、こくしゅ、じゅろう、
たんがん、てんちょう、はいじく、まっしゃ、ようし
 
(八)
1.之を東隅に失いソウユに収む。
2.ギュウテイ鶏を烹る。
3.近くて見えぬはマツゲ
4.シュウシの化。
5.霜を履みてケンピョウ至る。
6.バイサン渇を休む。
7.王臣ケンケン躬の故にあらず。
8.伯氏壎を吹き仲氏を吹く。
9.ユウメイ境を異にする。
10.リンユの独覚。
 
(九)
 頼襄曰く、「我が国の基を成せるは、深く且つ遠しと謂うべきか。神武より以前は得て知ること莫し、蓋し神明の胤を以て、1.ルイヨウ徳を積み、西偏に在りと雖も、2.カジ望みを属し、而して之を此に発する爾(のみ)。抑、草昧の世、雄長3.キジの時に当たり、能く一挙にして海内を定め、海内帖然として以て千万年の業を開く。天錫勇智、4.グンリンに首出するに非ざるよりは、焉んぞ能く此くの如くならん。ア.して神武と曰うはイ.なり。」
 旧志に称す、『帝徳明達豁如』と。帝新たに諸県を得。而して之が首長を置く、皆疇昔の兵を抗し、刃を反しし者、ウ.りて之を用いる、変更する所無し。其の恩に感じ、力を民にエ.し、民も亦之に便安せしこと知る可きなり。且つ夫敵帥のオ.冢嗣を以て而して既に其の降を納るれば、則ち之に5.カンカを授け、委するに環衛の任を以てして疑わず。所謂6.セキシンを人の腹中に推す者に非ずや然りと雖も郊畿を総領し、宮外の兵を典(つかさど)る者は、乃ち勲旧を用い、内衛と相制すること、猶彼の漢の群国の兵を以て宮を衛り、京輔の兵を以て城を衛り、唐の元従禁軍をして出でて渭南に屯せしめしが如し、業を創め統を垂るる者の為す所、7.フセツを合するが如し。亦以て明達の一端を見る可し。後世の庸主カ.に親疎に因り、私かにキ.形迹を存し、天下の心を服し而して祻患(こかん)の萌すを制する能わず。皆此に達せざるなり。
 或る人曰く「神武、封建を以て制を為す。天智に至り、之を革む」と。襄曰く、「然らず、吾神武東征の議を観るに、言える在り、曰く『四方未だ我が治に帰せず、遂に邑に首有り、君有り、以て相8.リョウレキせしむ』と。此くの如き者は、神武の患うる所にして征して之を蕩一する所以なり。然して後、之が首長を命ずるに、新たにク.する者あり、其の故に因りて之を用いる者有り、大和を以て之を推すに、其の他皆然らん。
 然りと雖も、政、天造に任せ、甚だ明制無きは、知る可きなり。而して其の後漸く既に弛廃因襲す。故に天智脩めて之をケ.め、大いに司牧の制考課9.チュッチョクの法を定めらる。蓋し神武の志を成して、以て範を百王にコ.すなり。然らずんば、天智の英武を以てすと雖も、而も10.ソソウの制を革め、開国以還既に成るの勢いを変じ、人の国を滅ぼし、人の世を絶つこと、其の幾千万なるを知らず。是一朝にして能くすべきか」、曰く、「能わざるなり」。(頼山陽「日本政記」より)



<解答の表示>

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する