漢検1級模擬試験倉庫

リピーター向け模擬試験その1

通常の模試作りに少し疲れてしまったので(笑)、また変則的な模試を作ってみました。
「チャンレンジャー向け」「ビギナー向け」に続く「~向け」第三弾ということで、「リピーター向け模擬試験」を公開します。

内容は、タイトルからも想像される通り、通常よりも難易度の高い模擬試験です。
具体的には、通常模試に比べて難問割合が2倍程度になったような難易度を想定しています。
実力に自信のある方に、挑戦していただければと思います。

注意点は通常の模試と基本的に同じですので、割愛させていただきます。
ただし、文章題は「青空文庫」ではなく、「国立国会図書館デジタルコレクション」で見つけたものを使用しました。

「リピーター向け模擬試験その1」(問題/ヒント/解答)は、コチラ↓からダウンロードできます。

http://ux.getuploader.com/spaceplus01/

また、公開から時間が経っていて見つけられないときのために、「リピーター向け模擬試験その1・」の検索結果画面をリンクしておきます。→コチラ

今回の模試の点数にあまり意味はないと思います。
問題自体を楽しんでいただければ幸いです。

今回の外字使用部分はコチラ↓(解答が含まれる場合もあるのでご注意ください。)

<「リピーター向け模擬試験その1」の外字使用部分の表示>


関連記事

コメント

難しい!

出題ありがとうございます!

早速解かせていただきました。
23/34/6/28/2/9/14/16/25
→157点 でした。

音読みの読みわけは本試験を凌駕する難易度ですね...
四字熟語の3番は初見でしたm(_ _)m
ほとんど対策してない当て字が難しくて大量失点(笑)
対類は推測で書けそうなものが多かっただけに、6失点した自分の力の未熟さや推測力の菲才さを思い知らされました。

全体を通して、解いていて楽しい試験でした。
次回作も翹望しております!

よろしくお願い致します。

挑戦ありがとうございます

熊谷葵さん、挑戦およびコメントありがとうございます。

全体的に難問を鏤めましたが、未対策の部分以外はしっかりと点数を取られたようで流石ですね。
特に音訓の高得点は素晴らしいと思います。

四字熟語の3は準1級配当からの出題でした。
準1級四字熟語の対策をしていないと難問でしたね。

対類は、この難易度で7割は上出来だと思います。
答えを見ると「あ~」と思うものでも、なかなか推測するのは難しいですね💦

楽しんでいただけたようで、嬉しい限りです。
次回作は、文章題に適した文章が見つからずに頓挫している状況ですが(苦笑)、作りたい気持ちはあるので、良いものが見つかり次第取り掛かりたいと思っています。

どうもありがとうございました😊

  • 2020/02/29(土) 12:29:57 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

解きました‼️
118/200でした。
まぁ、100点以上目指してたので満足です…

四字熟語意味10/10と文章題読み9/10以外はあまり高いとは言えないけど😅

対類の選択肢「こくしゅ」を見て、医者を意味する国手しか思い浮かびませんでした。
それで、問題の方の対類を見たところ、医者に関する言葉がなさそうだったので、消去法の結果、見たことない四字熟語の対義語として答えたら正解でした。

本当は意味分かって解きたかったですが…

  • 2020/02/29(土) 20:18:22 |
  • URL |
  • インスピ #-
  • [ 編集 ]

素晴らしい推測ですね

インスピさん、挑戦およびコメントありがとうございます。

やはり難易度は高かったようですが、基本的な範囲は6割程度だと思いますので、出来るはずの問題は解けているのではないでしょうか…?
四字の意味問題もかなり複雑に出題していますので、満点は素晴らしいと思います。

「こくしゅ」の推測の仕方も理想的ではないでしょうか。
対類は問題側からの推測も語群側からの推測も重要ですね。

難問に積極的に挑んでいただいて、ありがとうございました。
良い結果だと思いますので、今後も自信を持って学習を進めていただければと思います😊

  • 2020/02/29(土) 20:47:42 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

こんばんは。

読み16
書き22
語選択4
四字熟語書き10
意味8
当て字5
一字訓5
対類4
故事8
文章書き8
読み8
の98点でした。

報告はしていませんでしたが、先日の本試験前の模試も100点くらいでした。

難易度の高さに、しゅうしゅうブログさんを思い出しました・・

「ちゅっちょく」は一瞬、書けるだろうかと心配になりましたが、
定番問題なだけあり、普通に覚えていて安心しました。

たまに書かないと、忘却曲線で忘れ去りそうなので、適度に挑戦させていいただきたいと思います。
出題ありがとうございました。

  • 2020/02/29(土) 22:28:04 |
  • URL |
  • まさ #f67BpHN6
  • [ 編集 ]

R1-3より若干難しい...?

19/34/8/24/3/8/14/14/20 計144

音読みで7問も落としたのが結構ショックです...
対類は2「夭死」、4「寿牢」...
見た目のインパクトよりは解きやすい印象だったのでこのミスが痛かったです(7は初見)
読みを鍛えたいと思います、作問ありがとうございました🙇‍♂️

コロナウイルスの影響で学校が休校になり多少時間が出来たので4作目の自作模試を作成するかもしれません。その際はまた添削の程宜しくお願いします🙇‍♂️

  • 2020/02/29(土) 23:45:01 |
  • URL |
  • Starbucks #-
  • [ 編集 ]

難問続き…

まささん、挑戦およびコメントありがとうございます。

やはり難易度が高かったようですが、直前模試も同様に難しかったんですね💦
難易度の調整があまり上手くいっていないようで、申し訳ありません…。
実力のあるリピーターさんが多くて感覚が麻痺しているのかもしれませんね…。

挑戦していただいた方の多くがsyuusyuu模試に言及されますが、難問を出すと苦戦の思い出(?)が蘇ってくるのでしょうか…?(笑)

私も出題に偏っているせいで、定番問題でパッと思い出せないことが増えてきました。
かなりの量の漢字は目にしているはずなのですが、それでも不十分なので、書く練習の重要性が身に染みて分かります。

最近は難易度の高い問題ばかりになってしまっているかもしれませんが、適宜取り入れていただければ幸いです。
こちらこそどうもありがとうございました🙇

  • 2020/03/01(日) 00:12:55 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

読み分けの深追いは注意です

Starbucksさん、挑戦およびコメントありがとうございます。

点数を拝見すると、他の方と同様、全体的に苦戦されたようですね。
本試験よりもグッと難しい内容にしたかったのですが、R1-3が難しすぎたせいで、差が「若干」になってしまいましたか(苦笑)

音読みは読み分けのややこしいものを多く入れました。
本試験ではここまで難化することはありませんが、難化させようと思えばまだまだ難化させられるということですね…。

対類は組み合わせは比較的分かった方が多いようですが、そこからの推測がかなり難しかったでしょうか。
ちなみに、7は正解させる気の無い問題です(笑)

読み分けは辞典によってバラつきがあり、読み分ける必要のないとされるものも多いと思いますので、その点は十分お気を付けください。
syuusyuuブログを参考にすれば、主要な辞典での読みが比較されているので、判断がつきやすいかと思います。

コロナの影響でできた時間を有効に使う姿勢はとても素晴らしいと思います。
チェックに関しては、私で良ければ、いつでもお気軽にお申し付けください。

どうもありがとうございました😊

  • 2020/03/01(日) 00:32:09 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

下記の全部を不正解と見做したら138

みみずばれみ → 螾?

まて → 虫+聖?

キョマン → 踞慢?

ルイヨウ → 累奕?

  • 2020/03/01(日) 08:55:21 |
  • URL |
  • ロシア人 #-
  • [ 編集 ]

正誤の微妙な問題

ロシア人さん、挑戦およびコメントありがとうございます。

「みみず」を「螾」と書くのは正解が妥当だと思いますが、一般的な書き方ではないので、断言は難しいですね…。

「蟶」の右側は「聖」でも認められると思いますが、今回は「国字」の指定ですので、残念ながら正解にはなりません。

「踞慢」は調べると中国語のサイトが出ますので、正解の可能性はあると思いますが、日本の何らかの辞典に載っているかどうかでしょうか…。

「累奕」という表記はありませんし、「奕」に「ヨウ」という読みは無いので、残念ながら正解にはならないと思います。

今回の内容で7割が取れるのは素晴らしいですね。
自信を持って学習を進めていただければと思います。

どうもありがとうございました😊

  • 2020/03/01(日) 10:48:02 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

ありがとうございました。

確かに、蟶は国字でもなければ、奕にヨウの読みもないですね。完全に間違っていました。

しかし、それとは別に貴殿にお尋ねしたいことがあります:

さきほどから妻(日本人)ととある議論が生じましたので、日本語に詳しい人の意見を訊きたいです:

状況:

Aさん → (貴方が煩い) → Bさん
Aさん → (貴方は煩い) → Bさん

それぞれ、『が』と『は』によって、どのような意味合いになりますか?

それぞれの場合に於いて具体体に誰にとって煩く感じる状況が発生していますか?

おりいってよろしくおねがいします

  • 2020/03/01(日) 18:38:05 |
  • URL |
  • ロシア人 #-
  • [ 編集 ]

「が」と「は」の違い

「が」と「は」のニュアンスはとても難しいですよね💦
私も論理的(?)に理解できている訳ではありませんので、飽くまで感覚的なことを中心に書かせていただきます。

・Aさん → (貴方が煩い) → Bさん

これはAさんが、Bさんに向かって、「貴方が煩い」と言っているという解釈で宜しいでしょうか。

この場合は、「貴方」が強調された言い方のような印象があります。
「煩いのは、(他の誰かではなく)貴方ですよ」という感じですね。

具体例を挙げると、

Bさん「煩いのは誰?」
Aさん「貴方が煩い」

といった感じでしょうか。

前提があった上での発言だと感じるので、(何の暗黙の了解も無い状態で)会話の最初に「貴方が煩い」を発した場合には違和感があります。

(ただし、他にも煩い人がいる場合には、

Aさん「貴方は煩い。加えて、Cさんも煩い」

とも、

Aさん「貴方が煩い。加えて、Cさんも煩い」

とも言えると思います。

前者は最初からCさんにも言及するつもりがあった場合で、後者は後からCさんに関して付け加えた場合という感じです。
恐らくこの場合の「は」は"対比"としての意味で、下で説明している「は」とは使い方が違うのかもしれません。)

・Aさん → (貴方は煩い) → Bさん

こちらは、逆にどちらかというと「煩い」が強調されていると感じます。
具体例を挙げるなら、

Bさん「僕のダメなところは?」
Aさん「貴方は煩い」

という感じですね。
単独で使う場合は、こちらが自然だと思います。

以上が、「貴方(が/は)煩い」の解釈ですが、いずれもBさんが騒ぐなどしてAさんが困惑している状況だと思います。

ただし、例えば「貴方が煩いと感じています」という言葉なら、
「(私は)『貴方が煩い』と感じています」と
「貴方が『(私は)煩い』と感じています」の2通りの解釈ができ、状況が変わってきます。
これは「が」を「は」に変えても同様です。

この2通りの解釈があるので、上の「が/は」の使い方によって、一方の解釈が合ったり合わなかったりすることがあります。

文章1
私が寝ているときに、太郎は「静かにしてくれ!」と声を荒らげた。
煩いと感じていた。


主語が無くて少し変な文章ですが、この場合は「私」が「彼=太郎」に対して煩いと感じていると解釈できます。

文章2
私が寝ているときに、太郎は「静かにしてくれ!」と声を荒らげた。
煩いと感じていた。


この場合も1と同じ解釈ができないわけではありませんが、「彼=太郎」が「周りの誰か」に対して煩いと感じているとも解釈できます。

こういった場合には少々ややこしいですね…。

長くなってしまいましたが、以上です。
ご質問の答えになっているでしょうか…?
最初の説明の通り、基本的には「が/は」は、「貴方」と「煩い」のどちらを強調するかの違いと考えるのが分かりやすいかと思います。

専門家ではないので、誤りがあったら申し訳ありません。
もしご不明の点がありましたら、またご質問いただければと思います。

  • 2020/03/01(日) 21:14:53 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2020/03/01(日) 23:06:40 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

お久しぶりです

挑戦およびコメントありがとうございます。
入院されていたとのことで驚きました。
厄介なウイルスも流行っていることですし、くれぐれもお体をお大事になさってください。

試験は少し苦戦されたようですが、それでも8割獲得は流石ですね。

「溲溺」ですが、「溲」に「シ」音が無いので、残念ながら正解とはならないと思います。
そのような読みがどこかの辞典にあれば別ですが…。

長文に関しては、原文がどれかが分からないのですが💦、「日本政記」に関する書籍を幾つかピックアップして調べてみました。

・「帖然」
調べた範囲では全てこの通りなので、間違いではないと思われます。
「落ち着きやすんぜるさま」と説明しているものも、「首を垂れるさま」と説明しているものもありますが、前者は「平和な状態」、後者は「皆が畏れ従う状態」という解釈のようですね。

・「冢師」
「冢師」「冢嗣」「家嗣」の3つの表記が見られました💦
「冢師」としている書籍でも「国君の世子をいう」という説明がついているので、恐らくは「冢嗣」が正しく、他は誤植と思われます。
問題の難易度等に影響は無いと思いますが、後程、試験の問題も変更しておきたいと思います。

・「祻患」
殆ど「祻患」でしたが、一つだけ「禍患」としている書籍がありました。
ただし、フリガナは「こかん」となっているので、恐らくは誤植でしょう。
意味は「祻」も「禍」と同じです。

「日本政記」の内容に関して、お詳しいようですね。
漢文を読み下したのではなく、読み下された文章を出題に利用しただけですよ(笑)
続きを利用する予定でしたが、読み進めていってもなかなか出題に適した部分が見つからないので、どうすべきか悩んでいるところです。

楽しんでいただけて良かったです。
どうもありがとうございました🙇

  • 2020/03/02(月) 00:44:24 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2020/03/02(月) 04:13:56 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

『は・が』の説明ありがとうございました。

基本的に、長くに亘る様々な形の日本語学習乃至大学の論文執筆口座にを通してその点について多少の造詣を蓄えてきたつもりでいるのですが、自分の最初の質問にあるような前後の文脈なしの構文構造で考えると混乱してしまいます。

下の太郎の事例はわかりやすかったです。

  • 2020/03/02(月) 06:06:11 |
  • URL |
  • ロシア人 #-
  • [ 編集 ]

非公開コメントしてくださった方へ

お気遣いいただきありがとうございます。

  • 2020/03/02(月) 09:35:15 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

使い分けの難しさ

ロシア人さん、上の説明でご理解いただけたでしょうか…?
日本語について深く学ばれているようなので、私を含め感覚的に捉えている日本人よりも、ロシア人さんの方がお詳しい部分も多くありそうですね。

確かに、前後の情報があるかないかで理解のしやすさは変わりそうですね。
日本人にとっては、例えば英文法の「a」と「the」の使い分けが難しく感じるのですが、これも短文の時の方が混乱しやすいので、「は」と「が」の使い分けの難しさも何となく理解ができます。

返信後も様々な例を考えていましたが、単純に考えられない例外もありそうですね。
時間があれば日本語のこういった分野も深く学んでみたいものです。
ご質問いただき、どうもありがとうございました🙇

  • 2020/03/02(月) 09:59:00 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

グッドジョブ連発!(喜)

こんにちは

リピータ向け模擬試験その1の結果詳細です。

29/36/8/30/10/10/18/20/27
188点


全体としては、「リピーター向け」と銘打ってくださったことにより、慎重に取り組むことができ、またspace+さんの癖(?)のようなものが何となくわかっているのか(具体的にわかっているわけではありません)、僕にとっては相性の良い問題だと感じました。

(一)
チャレンジする前から、ここは“読み分け”が多数来るであろうと予測していましたので慎重に考えることができ、うまく対応できました。

グッドジョブは28
「ふる/いにしえ」と「ふり/ならわし」の組み合わせを考えて、最もしっくりくるものを選びました。

誤答は30 むか-えず

(二)
グッドジョブは8と11
8は“ぞめき”はすぐ出て、「すけん??」
文章から“ひやかし”っぽい意味?“見るだけ~”から推測しました。

11は“ずっと”みたいな意味だよな~「シチ」はすぐ思いつき「ショウ」捻りだしました~
space+さんの文章が上手いのです!

誤答は17.丁午 18.鼎語

(三)
グッドジョブは2
語群の中で異質な「ぼんてんこく」は使われるだろうな~と判断。なら2しかない。

仏語かな~?と「梵天」確定 「国/刻」で悩み正解(笑)
調べたら仏語じゃなかった(汗)

誤答は4.附奏

(四)(五)は特に迷うものはありませんでした。

(六)6.は偶然正解

(七)残ったのが4.7
グッドジョブは4.「じゅ」よく出た!

誤答は7.末者 これは想像では無理だな~

(八)迷うものありませんでした。

(九)全体的にグッドジョブ!
自分でもよく意味が取れたと思います。

誤答は4.群林 エ.な-し

「群倫」ネットでも出てこないのですが、どこに載っていますでしょうか?

とても楽しかったです。
復習する余裕が無かったのであらためて咀嚼したいと思います。

出題ありがとうございました。
その2楽しみにしています。

  • 2020/03/02(月) 12:11:56 |
  • URL |
  • rikuroku #-
  • [ 編集 ]

素晴らしい推測力

rikurokuさん、挑戦およびコメントありがとうございます。

もう少しで190点という、素晴らしい結果ですね😊
極力本試験と同様な出題を心がけていますが、癖は読まれているかもしれませんね(苦笑)

細かく触れてくださったので、解説も兼ねて、こちらも細かく書きたいと思います。

「古風」の組み合わせは広く考えたんですね💦
「風」の表外訓は複数ありますが、連語となるのは「ふり」ぐらいだと思います。
「崇える」は常用かつ第二版の訓で、辞典では「お(わる)」の形であることからも超難問でした。

意味から「素見」を推測されたのは流石です。
「騒く」≒「素見す」という意味は、私もこの語を見て初めて知りました。

こちらも推測されたんですね。
金色夜叉に「七生まで貫一さんを怨みますよ」という使用例があり、こういったものを参考に文章を作りました。
「七生報国」という四字熟語もあるようです。

「亭午」は対類でも出したことがありますが、このように書き取り形式になるとまた難問になりますね…。
「低語」は「低語(ささや)く」という当て方もするようです。

「梵天国」は確かに異質ですね(笑)
とはいえ、正しい漢字を当てられるのは凄すぎですよ💦

「敷奏」は忘れた頃にやってくる…?^^;
https://twitter.com/kanjirakuraku/status/897276016569196544

「出」⇔「入」という当たり前の対義なのですが、「ジュ」音になっていることで、絞り出すのに苦労されたと思います。
「末社」は流石に推測では無理ですね(笑)

「群倫」は辞典には無いと思いますので、推測問題のつもりで出しました。
容易ではないと思いますが、文意から「群を抜く」「比倫を絶する」という意味合いが取れるかどうかだと思います。

全体を通してみると物凄い推測力を発揮されていますね。

楽しんでいただけて良かったです。
こちらこそありがとうございました。
その2はまだ先のことになると思いますので、気長にお待ちいただければ幸いです🙇

  • 2020/03/02(月) 13:35:33 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する