漢検1級模擬試験倉庫

大見出し語表から 語選択問題その11

※2016年10月19日の記事のリニューアルです。
記事の最後に「関連訓読み問題」を追加しております。
(「続きを読む」をクリックしてご覧ください。)



語選択問題です。

1.贈り物をたずさえて訪ねること。
2.動作がすばやく、気性がきつくて強いこと。
3.涙が、とめどなく流れ落ちるさま。また、星や月の光が、きらめくさま。
4.往来が激しいこと。縦横に行き交うこと。
5.死者を弔い哀悼の意を表すために、故人の生前の功業を数え上げて述べた歌や言葉。しのびうた。

語群:[せんせんそうぼうたいきひょうかん
 へいもんぼうごらんかんるいし]

6.サルの別称。
7.ポンプ。
8.その人に親しく接して影響を受け、感化されること。
9.蟻塚。また、小さな山。
10.心をゆるやかにすること。心をのびのびさせること。

語群:[かんたくきゅうてつけいせつしょくとう
 じょちょうしんしゃそこうちょうとん]

<ヒントの表示>




<解答の表示>





(関連訓読み問題)
登場した大見出し語に対応する訓読みをお答えください。
(「◇」をクリックすると解答が表示されます。)

聘う
悍い
悍し


喞ぐ
垤(に躓く)
舒やか

「*」のついたものは、漢検漢字辞典第一版に無く、第二版で追加された読みで、主に熟語の理解のために出題しております。
マイナーなものも含まれると思われますので、ご注意ください。
関連記事

コメント

聘門

門を訪れるから
「聘門」としてしまいそうですね~

コメントすることにより、しっかり”牢記”します。

昨日過去問(一)を書きに転換する復習をしている中で、
「穹窿」出てきました。

ちゃんと生の上に「一」書けましたよ
ありがとうございます!

  • 2016/10/19(水) 10:19:10 |
  • URL |
  • rikuroku #-
  • [ 編集 ]

「佩服」します^^

rikurokuさん、コメントありがとうございます。

「門」「問」は確かにややこしいです…小学校か中学校でも、「訪問」を「訪門」、「専門」を「専問」と書かないよう注意を受けた気がします(笑)

訪ねる意味では、「叩門」以外は「問」でしょうか…?
これは「門を叩く」で"着席"タイプですが、「訪問」「聘問」は「訪(と)う」「聘(と)う」「問う」なので、"岩石"タイプのようですね。

よくよく考えると、「人」を「聘(と)う」または「家」に「聘う」が正しくて、「門」に「聘(と)う」はおかしいような気も…^^;
「門」だけ訪ねて帰ってしまったら、「仁和寺にある法師」みたいですよね(笑)

私も最近「穹窿」を書きましたが、何度書いても、「一」に意識が行き過ぎて、文字のバランスが崩れてしまいます(苦笑)

こちらこそありがとうございました。

  • 2016/10/19(水) 12:23:17 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

牢記、佩服・・・

お二人とも、しっかり、自家薬籠中のものにしていますね(笑)
こうやって、お互いにブログを行き来して切磋していると、ますます、向上しますね(笑)
私もときどき、この大見出し項目の問題で復習&訓練しています。ありがとうございます。

  • 2016/10/19(水) 20:28:21 |
  • URL |
  • syuusyuu #8PXT0swg
  • [ 編集 ]

「憶持」の意味にズレ(-_-;)

syuusyuu師匠、コメントありがとうございます。
大見出し語問題にも挑戦していただいて、大変光栄です。

貴ブログの記事はいつも新たな発見があって、とても勉強になっています。
ところで、「憶持」という語を見つけました。
ネットの辞典では「心に念じて思いとどめること。常に念頭に置いて忘れないこと。」という意味があったので、「牢記」「佩服」の類義語候補かと思ったのですが、広辞苑だと「心に念じ、信仰すること」とあり、意味が随分違いました(汗)
意外と「憶」「覚」などを含む熟語で「忘れないで覚えておく」意のものが見つからないので、本来の漢字のニュアンスとは違うのかもしれませんね…。

こちらこそありがとうございました。

  • 2016/10/19(水) 21:49:25 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad