漢検1級模擬試験倉庫

(かんけんいっきゅうもぎしけんそうこ):漢検ブログの一。模擬試験を作成,公開している。略称,模試倉庫。

勘違いしやすい漢字 その6

勘違いしやすい漢字 その5」の続きです。
今回は、旧字体関連のものを画像なしで一気に書きたいと思います。
恐らく、既に気を付けられているものばかりでしょうから、説明も軽めです。

26.「襖」「燠」「澳」「懊」

「奥」の旧字体「奧」を含むものです。
「米」の上に「ノ」が入ります。

27.「簧」「黌」「曠」「壙」「纊」「礦」

「黄」の旧字体「黃」を含むものです。
「黄」より一画多いです。
「マダレ」のついている「廣」は「広」の旧字体。

似たようなものでは、以下のようなものがあります。

・「難」「漢」「嘆」⇔「艱」「歎」「灘」「攤」「儺」
・「勤」「謹」⇔「僅」「槿」「饉」「懃」「覲」「瑾」
(「菫(すみれ)」はちょっと形が違うので含めませんでした。)

少なくとも、「歎」「灘」「僅」は許容されます。

28.「摶」「囀」「甎」「磚」「蟪」

「専」「恵」の旧字体「專」「惠」を含むものです。
「虫」の下部分のようになっています。
「蓴」は「ム」になっていますが、標準字体は上のものと同じです。
ちなみに、「伝」「転」「団」の旧字体「傳」「轉」「團」にも「專」が含まれています。
恐らく「專(セン)」の音の影響で、音読みは全部「ン」で終わっています。

「摶(タン/セン)」と「搏(ハク)」はよく似ていますが、この辺りの話を「その5」のコメント欄でしています。
2つをよく混乱してしまう、という方は参考にしてください。

29.「屠」「賭」「儲」「堵」「箸」「薯」「藷」「睹」「躇」「奢」「楮」「闍」「赭」「覩」「瀦」「偖」

「者」の旧字体「者」を含むものです。
「日」の右上に点が付いています。
少なくとも、「屠」「賭」「儲」「堵」「箸」「薯」「藷」は「者」でも許容されるようです。
ちなみに、常用でないもので標準字体が「者」となるのは、「猪」「曙」「渚」がありました。
ただし点を付けてしまっても、旧字として許容されます。

「嗅」は点無しのものも手書きの例として出ているのですが、辞典には許容字体として載っていません。
このことから、許容字体に無くても、点無しが許容される可能性はありそうですが…どうなんでしょうか?

30.「錆」「鯖」「瀞」「猜」「睛」「凊」「倩」「蜻」「菁」「鶄」

「青」の旧字体「靑」を含むものです。
「月」が「円」になっています。
少なくとも、「錆」「鯖」「瀞」は「青」でも許容されます。
常用でないものでは「靖」だけが標準字体で「青」と書きますが、これも「靑」で旧字扱いですね。

31.「牌」「稗」「睥」「俾」「婢」「脾」「痺」「裨」「髀」「鵯」「顰」

「卑」の旧字体「卑」を含むものです。
縦線が貫いて「ノ」の合わさり、一画少なくなっています。
少なくとも、「牌」「稗」は「卑」でも許容されます。
常用漢字では「卑」「碑」しかなく、旧字体の形でも許容されるので、全部旧字型で統一する手もあります。

32.「捗」「瀕」「陟」「騭」「顰」「嚬」「蘋」「擯」「繽」「嬪」「鬢」「殯」「檳」

「歩」「賓」の旧字体「步」「賓」を含むものです。
少なくとも、「捗」「瀕」は「歩」でも許容されます。
ちなみに、「少」「省」「歩」「賓」の縦棒のハネは無くても許容されるようなので、上に挙げたものもハネは気にしなくて良さそうです。

33.「靂」「瀝」「櫪」「癧」

「歴」の旧字体「歷」を含むものです。
二つの「木」が「禾」になっています。

34.「歉」「慊」「賺」「蒹」「簾」「蠊」

「兼」の点の向きが変わり、縦線が上まで貫いたものが含まれています。
「嫌」「鎌」「廉」の旧字体も同じ形を含むのですが、「兼」の旧字体は漢検辞典では上の点が「八」になったものです。
(漢字辞典により採用している旧字が異なるようです。)
少なくとも、「簾」は「兼」でも許容されます。

35.「訥」「衲」「吶」「肭」「蜹」

「内」の旧字体を含むものです。
「人(ひと)」ではなく、「入(はいる)」です。
「丙」の形の「鞆」「陋」「炳」は、全て「人(ひと)」と表示されますが、標準字体は全て「入(はいる)」です。

似たものでいうと、「全」があります。

・「全」「栓」⇔「銓」「詮」「筌」「痊」

少なくとも、「銓」は「全」でも許容されます。
まあこれは、手書きだと殆ど見分けられないので気にする必要はないでしょう。


「パトラッシュ…疲れたろ…。僕も疲れたんだ。」

…てな訳で、まだ触れたい漢字はありますが、今回でとりあえずこのシリーズは一旦終了です。
残りは28-2の試験後に、気が向いたらやります。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

たいへんありがたいです

29
>ただし点を付けてしまっても、旧字として許容されます。

つけるかつけないか迷うことがあったので、全部付けてもいいのは安心しました。

32
>ハネは無くても許容されるようなので、上に挙げたものもハネは気にしなくて良さそうです。

逆に全部ハネさせてもいいという事でしょうか?

大変助かりました。
ありがとうございます。

  • 2016/09/27(火) 18:48:40 |
  • URL |
  • rikuroku #-
  • [ 編集 ]

チェック漏れが心配…

rikurokuさん、コメントありがとうございます。

・「者」の点…旧字体がOKなのは助かりますよね。特に、「曙」に点を付けてしまうことが多く、辞典を買うまでは間違いになると思っていました(苦笑)念のため、常用も調べましたが、(チェック漏れが無ければ)全部点を付けても大丈夫そうです。

・「歩」「賓」のハネ…標準字体は全部ハネているかと思ったら、「賓」関連はハネていなかったですね(汗)
「賓」の手書き例はハネているものが一つ目に載っていて、学校でもハネている字体で教えているのではないかと思います。なので、1級漢字も恐らく大丈夫でしょう。
また、記憶があやふやではありますが、27-2で出題された「双鬢」をハネて書いて正解になったと思います。(rikurokuさんも正解されたのでは?)

こちらこそありがとうございました。

  • 2016/09/27(火) 20:34:47 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

勘違いしやすい漢字

復習でこちらを見ていて、以前に勘違いしていたものを思い出しました。
貴ブログを見ている人に参考になればと思い・・・今更ですが・・・

「榔」「螂」
「郎」に「ノ」が付きますよね。
「檳榔」の書きはでないと思いますが、「蟷螂」は出る可能性があるかな~と思いましたのでコメントしておきます。

  • 2016/10/11(火) 18:47:46 |
  • URL |
  • rikuroku #-
  • [ 編集 ]

まだまだありますね

確かに勘違いしやすそうですね…全く思いつきませんでした。
辞典を確認したところ、「榔」は「ノ」が無いものも許容されるようですが、「螂」は「蜋」しか異体字が無いので、気を付けた方が良さそうです。

私も復習中にいくつか混乱しそうなものを見つけたので、それらに「螂」も合わせて、もう一つ記事を書こうと思います。
報告していただいてありがとうございました。

  • 2016/10/11(火) 19:55:36 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad