漢検1級模擬試験倉庫

夏の終わり

二週間ごとに書いている個人的な計画の記事です。

今回は、記事の最後に、最近ツイッターで出題した問題を纏めています。

興味のある方のみコチラ↓



◇作業中

(特になし)

◇計画中

・記事問題作成
・「ランダムミニ模試」に問題追加
・ビギナー向け模試その2


次の本試験まで、残り8週です。
問題作成も、残すところ直前1ヶ月分の記事のみ。
スローペースながらも、それなりに順調に進めています。



(余談)
漸く暑さも一段落しましたね。
猛暑から抜け出せたとはいえ、夏の疲れがまだ残っている状態だと思います。
皆さん、引き続き体調には十分お気を付けください。

今回もこちらに書くネタを考えていましたが、深刻なテーマであまりに暗くなりそうだったので、急遽ボツにしました(笑)
最後に、ツイッター問題を纏めて、今回の記事を終えたいと思います🙇


<解答の表示>



<解答の表示>



<解答の表示>



<解答の表示>



<解答の表示>




次のうち、仲間外れはどれでしょう?

① 酷吏
② 象胥
③ 舌人
④ 通事


<解答の表示>

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2019/08/26(月) 07:29:23 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

ことわざ3

こんにちは。コメントありがとうございます。

今回もリンクを中心に回答させていただきます。
今回のものは調べにくいものが多かったので、直接の答えになっていないものもあります🙇

https://blog.goo.ne.jp/miyabikohboh/e/707d618198a7cb5c8316b0c41054c84c
https://www.kanjipedia.jp/kotoba/0006452600
https://blogs.yahoo.co.jp/asakakunituko/38001527.html
http://luckystarsnake.jp/blog-entry-2988.html
https://www.mslifer.com/kotowaza/4427.html

「秦庭の哭」
春秋時代、楚の申包胥が秦に援軍を求めにいき、秦の宮殿の庭の垣にすがって七日間声をあげて泣き、ついに援軍を得た故事。また、転じて、人に援助をたのむことのたとえ。

「瓦合の卒」
こわれたかわらが雑然として集まっているように、統一のない役にたたない兵隊たち。

「至善に止(とど)まる」
人は、最高の善にとどまってそれを保ちつづけるのが理想だ。

以下、二つがよくわかりませんでしたが…

「民は三に生ず」
元の文章を調べましたが、文自体の意味は「人は父・師・君の三人のおかげで生きられる」ということだと思います。
「従って、それぞれに義を尽くすのが人の道である」という話に繋がっているようです。

「渡江の楫」
中国語の訳になりますが、「晋代、北伐に向かう祖逖が長江を渡る船で、楫をたたいて誓いを立てた故事」という感じでしょうか…?
断片的な情報で確実ではないですが、「出征の際の誓辞」という意味もあるようです。

以上です。
殆どがかなりハイレベルな内容だと思いますので、似たような基本問題と混乱しないようご注意ください。

ありがとうございました。
このコメントに対する返信は必要ありませんので、また何かあればお気軽にご質問いただければと思います😊

  • 2019/08/26(月) 13:50:28 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する