漢検1級模擬試験倉庫

勘違いしやすい漢字 その5

勘違いしやすい漢字 その4」の続きです。

21.「徭」「鷂」
徭鷂

念のため二か所指摘しておきます。
まず、上は「夕」ではなく、「炙」の上部分と同じです。
そして、下は、「缶」です。
「揺」「遥」「謡」などの旁(つくり)の元の形ですが、それを参考に書くと、「ノ」を忘れてしまいそうです。

22.「濘」「獰」「檸」「嚀」
濘獰檸嚀

コメントでリクエストしていただきました^^
「寧」の「罒」(目を倒した形)のところが、「皿」になっています。
「寧」の旧字体ですが、漢検漢字辞典には載っていません。
下の横棒は、画面で文字が小さいと「丁」の横棒と重なって全く見えませんね(苦笑)
「目」を「皿」のようにして見ないといけないですね / ゜皿゜) (←口も皿にしてどうする)

23.「豁」「瞎」
豁瞎

縦線が横線を貫いて、口の近くまで届いています。
「瞎」の旁が、「害」の旧字体で、三つの横線のうち一番上が「ノ」になっています。
「豁」も標準字体は「ノ」になっているので、この二つの字は「害」の旧字体で書いた方が良いかもしれません。

「縦線が貫いて口の近くまで届く」ということで言えば、「告」「周」の旧字体もそうです。
「告」関連では、「梏」「鵠」「靠」「窖」「誥」「慥」「晧」が貫いています。
常用漢字でないものの中で「皓」だけは「告」の形ですが、貫いても旧字として許容されます。
「周」関連では、「綢」「稠」「惆」「雕」「蜩」「簓」が貫いています。
常用漢字でないものの中で「凋」「鯛」だけは「周」の形ですが、「凋」は貫いたものが標準字体で、「鯛」も貫いたものは旧字扱いで許容されます。

これらは、もしかしたら全て許容範囲かもしれませんが、常用漢字でないものは貫いておけば確実に正解扱いです。
(調べていませんが、常用漢字も旧字扱いになって正解かもしれません。)

24.「ヨ」
ヨ

「ヨ」の真ん中の横線が右の縦線を貫くかどうか、色んなパターンを挙げたいと思います。

・「蕁」「潯」⇔「尋」
・「轌」「艝」⇔「雪」
・「帚」「箒」⇔「掃」「帰」「婦」
・「彗」⇔「慧」
・「駸」⇔「侵」「浸」「寝」


右は「慧」以外常用漢字です。
「鱈」は「ヨ」と表示されますが、標準字体は貫いています。
もしかしたら、これらも許容範囲かもしれません…。

逆向きのものも挙げておきます。

・「謔」「瘧」⇔「虐」

25.「赧」
赧

「服」「報」の旁(つくり)に似ていますが、ハネではなく横線で閉じます。


書いているうちに、どこまで気にすべきかが分からなくなってきました…。
もしかしたら、混乱するだけの記事を書いてしまっているかもしれません。
「~と書いて正解/不正解になった」などの情報があれば、コメントしていただけると助かります。
また、許容字体の見落とし等あればビシビシ指摘してください<(_ _)>

う~ん…とりあえず、「その6」に続きます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ややこしい漢字

摶と搏が似ているのでよく間違えます。うっかり右上の点を書いたり書かなかったりするのも注意したいです。「博」の感覚で点をつけたくなります(笑

  • 2016/09/26(月) 12:23:03 |
  • URL |
  • asatori #LTBvYwDU
  • [ 編集 ]

音読みがヒントかも

確かに似ていますね。
実は後の記事で取り上げようと思っていましたが、「勘違いしやすい漢字」シリーズが思ったより時間がかかってしまっているので、「似ている」系はボツになりました(苦笑)
代わりに、ここで解説しておきます。

まず、「摶(タン/セン)」の旁は「専」の旧字体「專」で、含まれる漢字の音読みは「ン」で終わるものばかりです。
(「專」については「その6」でも触れます。)

一方、「搏(ハク)」の旁の「尃」は、「甫」+「寸」なので、「甫(ホ/フ)」の音から、含む漢字の音読みは「ハ行」または「バ行」となるものばかりです。
例を挙げておくと、一級だと、他に「傅(フ)」「榑(フ)」「溥(フ)」「賻(フ)」「膊(ハク)」、
常用漢字だと「専」に点を打ったものに変化していますが、「博(ハク/バク)」「縛(バク)」「薄(ハク)」「簿(ボ)」です。

ということで、「ハ行」または「バ行」には点を打ち、それ以外は打たないと覚えておけば、(常用漢字も含め)大丈夫でしょう。

あっ、勿論「寸」には点を打ってください(笑)

  • 2016/09/26(月) 13:38:09 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad