漢検1級模擬試験倉庫

勘違いしやすい漢字 その3

勘違いしやすい漢字 その2」の続きです。

11.「叡」「壑」
叡壑

「一」ばかり注意している気がしますが…(汗)
ちなみに私は、これらの字を書くときに「トワー」と頭の中で言います(笑)
さらに、「壽」を含む「躊」「籌」「禱」「疇」「濤」「檮」「擣」「儔」を書くときは、「士」の後に「フェー」と言います(笑)

(追記)「濬」も同じ形です。

12.「蚌」
蚌

勘違いというより、横棒の本数が分からなくなったりする…かな?
「蜂」から「夂(ふゆがしら)」を除いたもの、と思えば間違えることは無いでしょう。
音読みは「蜂」と共通して「ホウ」がありますが、「蚌」は「ボウ」で覚えておけば問題ないと思います。

13.「楔」「禊」「挈」
楔禊挈

「楔」「禊」の旁(つくり)は「契」の旧字体です。
また、新字体のせいでややこしくなっているパターンですね…。
「挈」に関しても同じですが、これに関しては以前の記事でも触れたように、横線の書く向きがフォントによって違います。
いずれにせよ、「縦棒が貫く」という点は変わりません。

(追記)「齧」も同じ形です。


14.「茣」「蜈」
茣蜈

「呉」では「一」「八」となっているところが、「大」になっています。
「大」となった形の「吳」は「呉」の旧字体のようですが、漢検漢字辞典には載っていません。

15.「蟀」
蟀

頂いたコメントを参考にさせていただきました^^
「率」とは、四つの点の向きが異なっています。
これも「率」の旧字体のようですが、漢検漢字辞典には無いです。
ただし、正楷書体では「虫率」と表されているので、「率」の形で正解になる可能性もあるかも…?
ちなみに、「角川漢和中辞典」だと、左の二点は「率」と同じ向きで、右の二点は「蟀」と同じ向きになっています…何じゃこりゃ(笑)
まあ、標準字体で書くのが無難でしょう。

ついでなので、似たような例を挙げておきます。
「沛」「霈」の「市」のように見える部分は、「市」とは違い縦棒を一画で貫いて書くのが本来の字体です。(画数もその通りになっています。)
しかし、正楷書体や教科書体など「市」のように離して書かれているフォントが、ハッキリ分かるだけでも数種類あります。
ここまでくると、漢検さんの主義はどうあれ許容せざるを得ないような気もしますが(苦笑)、「絶対に貫いているもの以外認めない!」という方針かもしれないので、貫いて書くに越したことは無いです^^;

これらの字について、漢検関連書籍の中で、許容されるかどうかの基準を見つけられた方は、コメントで教えていただけると助かります。


旧字体関連のものが多いですね。
旧字体一覧を見てみたら、他にも念のために触れておいた方が良さそうなものが沢山見つかりました(苦笑)
どんどん出していきたいと思います。

「その4」に続きます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

追加のお願い

私がごく最近まで勘違いしていたものがあります。

28-1で出題のあった「泥濘」
ずっと目が横になったものと思ってました。皿ですよね

チャレンジャーの為にどこかで追加をお願いいたします。

  • 2016/09/23(金) 18:59:23 |
  • URL |
  • rikuroku #-
  • [ 編集 ]

了解です

追加情報ありがとうございます。
結構な量を予定していますが、「寧」関連は気付いていませんでした(汗)
おそらく、「濘」「獰」「檸」「嚀」の4つですね。
「その4」はほぼ書き終わったので、「その5」に載せたいと思います。

「獰」も最近出たような…と思ったら、あの「胴欲」事件でした(笑)出ていないですね^^;

また何かあればよろしくお願いします。

  • 2016/09/23(金) 19:54:27 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

字体について

いろいろ調べていたんですが、漢検さんのページに 「字種・字体について。1級および準1級の解答は、『漢検要覧 1/準1級対応』(公益財団法人 日本漢字能力検定協会発行)に示す「標準字体」「許容字体」「旧字体一覧表」による」とあったのを発見したので、試験では一応これに載ってる字体じゃないとダメですよーということなんですかねー?よくわかりませんが(笑
そうなると、違うフォントで表示されたのを覚えてしまっていて、それを書いたら不正解になってしまう可能性があるかもしれませんね。ややこしいです。
ちなみに漢検要覧 は持っていませんが漢字必携(2009年)には「蟀」の許容字体で率はありませんでした。一応ご報告まででした。
(ついでにですが、必携では柿(かき)は市が離れていますが、沛は離れていませんでした。一応採点基準ということでしょうか(笑)造次顚沛がなんだか強敵に見えてきました(汗))

  • 2016/09/23(金) 21:05:32 |
  • URL |
  • asatori #LTBvYwDU
  • [ 編集 ]

どこまで気にするか…

色々と調べていただいてありがとうございます。

私も以前漢検さんのHPを見て、「『標準字体』『許容字体』『旧字体一覧表』による」だけじゃ分からん!と憤慨しました(笑)
まあ、私も要覧を持っていないのでそもそもが分からないんですが(汗)

ただ、「×になった理由が分からない」という声は聞くものの、「~と書いたせいで×になった」という声はそこまで多くない気がするので、「細かな字体/字形の違い」よりも「パーツがきちんと認識できる字かどうか」という点を見ているのではないかと思っています。(要するに乱雑だとダメという感じです。)
以前紹介した「手書き」に関する文書でも、そんな感じのスタンスでしたし。

フォントの問題は特に今の時代は無視できない気がします。
特に、「正楷書体」「教科書体」と言った「いかにも正しそうな」名前のフォントで字形が異なることが多いですからね(苦笑)

やはり、「蟀」を「率」で書くのは危険かもしれませんね…情報ありがとうございます。
縦に貫くのは「沛」「霈」だけで、「霈」を書かなきゃいけない場面は無いと思うので、「沛」だけ気を付けていれば大丈夫だと思います^^
逆に、「柿(かき)」を貫いてしまうと「杮(こけら・配当外)」ですから、「柿(かき)」は貫いてはいけません^^;

ありがとうございました。

…ん?読み返したら、どう書けばいいのか分からなくなるようなコメントになってしまいました(汗)
「標準字体」「許容字体」はチェックすべきですが、あまり神経質にならないように、という感じです。

  • 2016/09/23(金) 22:13:50 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad