漢検1級模擬試験倉庫

復習模擬試験その5(記事版)

「復習模擬試験その5」の問題と解答です。(ヒントはありません。)
問題文などは省略しておりますので、形式等にご注意ください。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。



(一)
1.巫覡が舞い、神の声を聴く。
2.昇進のために上司に佞諂する。
3.垣籬の隙から猫が双眸を光らせる。
4.綾羅錦繡を纏い、金齏玉膾を食む。
5.梵閣の蹲踞にて盥漱する者有り。
6.侘しき孤衾の夜、閨牖の月に喞つ。
7.沓の子を打ったように蜑戸が立ち並ぶ。
8.乖歪邪僻の耳に箴諫は入らず。
9.山々が嵌巉と聳える。
10.輻の輳轂するが如く鉄道網が敷かれる。
11.熊掌も亦我が欲する所なり
12.飴漿の零るる処、蟻蠢爾として聚まる。
13.乱獲による種の殄殲を防ぐ。
14.自ら恥ず、櫟樗遠器に非ざるを。
15.波激しく沸き立ちて滂湃たり。
16.君子に徽猷有らば小人与に属さん
17.毳冕を冠り、四方の山川を祀る。
18.時は既に夬月に至る。
19.群臣をして習肄せしむ。
20.楞木朽ちて大廈将に傾頽せんとす。
----------------------------
21.飛鳥の摯(う)つや其の首をす。
22.を刻む音が厨に響く。
23.最初の案にぶ案は出なかった。
24.朝にして食らわずば、昼にしてう。
25.世を良くめた賢君として知られる。
26.藺筵を展べて讌飲を楽しむ。
27.我近海を掠め、我海岸にす。
28.山を駆けるの如く生きる。
29.己をりて他を眷みず。
30.燕王令を下して師をす。
 
(二)
1.慌ててミダシナみを整える。
2.晴れ渡ったソウキュウを仰ぎ見る。
3.エキレイが流行しないよう感染を防ぐ。
4.朝日でヤマヒダの陰影が際立つ。
5.ショウユウの名演技に観客が沸き立つ。
6.センタイ類は陰湿な環境を好む。
7.書生がケンデンを耕す生活を夢見る。
8.キュウサンの如き拍手が起きる。
9.要所をヤクして戦闘を優位に導く。
10.二つの予定がち合った。
11.ハンゴウで米を炊く。
12.上手く逃げオオせるとは限らない。
13.徳を以て後進をテイセイする。
14.テイセイ礼を欠かさず孝道を尽くす。
15.風紀を乱すテイセイを取り締まる。
16.一部にはツトに知られていた事実だ。
17.高島田のツトが乱れる。
18.藁のツトに入った納豆を買
----------------------------
19.わがたつソマに墨染の袖。
20.カザリ師に弟子入りする。
 
(三)
1.意見に賛成し、味方すること。
2.分不相応なおごり。贅沢。
3.高僧のそば。転じて、高僧の敬称。
4.平穏無事であること。
5.証明のよりどころとすること。
 
かさ、げいか、こうごう、こうねい、
さたん、しい、せんめい、ひょうきょ
 
(四)
問1
1.(   )淫佚
2.(   )長蛇
3.(   )北暢
4.(   )買牛
5.(   )右顧
6.多銭(   )
7.阿諛(   )
8.離群(   )
9.海底(   )
10.懸崖(   )
 
けいだつ、さっきょ、さべん、しゃし、ぜんこ、
なんこう、ばいけん、ほうし、ろうげつ、ろくば
 
問2
1.万物の生滅変化。
2.乱臣や悪臣のたとえ。
3.後のことを考えず、目先の利益に走る。
4.老人のこと。
5.こじつけて、もっともらしく言うこと。
 
伏寇在側、天門開闔、死生契闊荊棘叢裏、
蒼蠅驥尾郢書燕説、頭童歯豁飲鴆止渇
 
(五)
1.胡桃
2.雨虎
3.狐臭
4.望潮
5.及己
6.繡眼児
7.仙人帽
8.山白竹
9.鬼頭魚
10.海州常山
 
(六)
ア 1.仆偃 … 2.仆れる
イ 3.歛丐 … 4.歛む
ウ 5.啐醴 … 6.啐める
エ 7.機譎 … 8.譎る
オ 9.荐仍 … 10.仍なる
 
(七)
1.新語
2.離婚
3.轟酔
4.庸俗
5.卑官
 
6.含糊
7.勝敗
8.姚冶
9.赤心
10.早世
 
あだ、えいしゅ、かしゅ、しゅそ、しゅんぼう、
しんしん、たんかん、ちゅうよう、とうげん、びくん
 
(八)
1.ヤスリと薬の飲み違い。
2.陰陽をショウリ
3.君を視ることエッキに如かず。
4.インジュを解く。
5.功名をチクハクに垂る。
6.リョウバン鳳逸の士。
7.イッキに十たび起つ。
8.両豆耳を塞げばライテイを聞かず。
9.厳家にカンリョなく、慈母に敗子あり。
10.心腹をユシャ
 
(九)
A 二葉亭氏の訳筆の妙は今更1.ショウヨウする必要を視ない。「あひびき」の一小篇にしたところが、ただの翻訳ではなくて、寧ろ二葉亭自身の創作よりも以上に、真実の創作である。またそれだけ力が籠もっている。よくこなれた俗語の適切なる使いぶりと、よく曲げて嫋やかにア.んで弾力性に富んだ句法とが、互に絡みあって洗練されて新文体を創めた二葉亭氏の労力は非常なものであったろう。氏の2.テンピンは最もよくその訳筆に於いて窺われる。(蒲原有明「『あひびき』に就て」より)
 
B 今や国家実に多事、内治に外交に、英雄の大手腕を要するもの、什佰にして足らず。而も出処進退其の機宜一髪を誤らば、彼の薄志弱行の徒と、其の軌を一にし、其の笑いを後世にイ.さんのみ。豈寸行隻言も、慎重厳戒せざるべけんや、須らく持長守久の策を運らし、力めて、人心を3.シュウランせよ。人心の帰する所、天命の向かう所には、大機自ら投ずべし。その大機に会し、大4.ケイリンを行い、大抱負を伸べて、根本的革進を企図するも、未だ遅しとなさざるにあらずや。5.コウコウの児敢えてウ.吻喙を容るるの要なきを知る、知って猶且つ是をいう、是深く天下の為にエ.つところあればなり。(清水紫琴「誰が罪」より)
 
C 平氏が胸中の6.セイチクは実にかくの如くなりし也。しかも、機急なるに及んで法皇は窃かに平氏を去り山門に上りて源軍の中に投じ給いぬ。百事、悉く、齟齬す、平氏は遂に主上を擁して天涯に走れり。7.スイカは、揺々として西に向かい、オ.霓旌は翻々として悲風に動く、嗚呼、「昨日は東関の下に轡をならべて十万余騎、今日は西海の波に纜を解きて七千余人、保元の昔は春の花と栄えしかども、寿永の今は、秋の紅葉と落ちはてぬ。」然り、平氏は、遂に、久しく予期せられたる没落の悲運に遭遇したり。…(中略)…
 加うるに此の時に当たりて西海に走れる平軍は、四国の健児をカ.いて、瀬戸内海の天塹に拠り、羽林のキ.鸞輿を擁するもの実に十万余人。赤旗将に八島の天に燃えんとす。平氏は、真に海濤の勇士なりき。(芥川龍之介「木曾義仲論」より)
 
D 彼等は時によっては怖れて控え目にしつつ身体が萎縮(すく)んだように成って居る程物に臆する習慣がある。然し恁(こ)うして8.サイハイのみがク.まれば殆ど別人である。饂飩がケ.きて茶碗が乱雑に投げ出だされた時夜の遅いことに無頓着な彼等はそれから暫く止めどもなく雑談に耽った。彼等は遂に自分の村落(むら)に野合の夫婦が幾組あるかということをさえ数え出した。そっちからもこっらからも其が数えられた。勿論畢(しま)いには配偶の欠けたものまで9.ルシされた。(長塚節「土」より)
 
E 我が国の獅子舞については、かなり詳細なる研究が発表されている。文献学的の10.ケイサとしては「筠庭(いんてい)雑考」に載せたもの、民俗学的のコ.考覈としては「郷土研究」に収めたもの、舞踊史的の観点に立脚したものでは「近代舞踊史論」における記事を主なるものとして、この他多きに苦しむほど存しているのである。(中山太郎「獅子舞雑考」)



<解答の表示>

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する