漢検1級模擬試験倉庫

漢字ハネハネ選手権

頂いたコメントをきっかけに、「漢字ハネハネ選手権」を急遽開催することにしました。
「羽」または「羽」を含む漢字の「ハネ(撥ね)」が、字やフォントによって、どう変化するかに注目です。

エントリーする漢字は以下の通り。

①「翕」 ②「戳」 ③「擢」 ④「翫」 ⑤「習」 ⑥「翠」 ⑦「翼」

また、チェックするフォントは以下の順です。

「HGPゴシックM」「HGP教科書体」「HGP創英角ゴシックUB」「HGS明朝B」
「HGSゴシックM」「MSゴシック」「MS明朝」「HGP行書体」

(記事を書き終わった後に気付きましたが、「HGPゴシックM」と「HGSゴシックM」は同じ結果なので、どちらか省くべきでした(汗))

ハネているものを赤字で、「ヨヨ」に変化しているものを青字で、それ以外を黒字で表示しています。

①「翕」
翕

全部ハネています。
「羽」「羽」の下に何も無いもの、および、繞(にょう)の一部が下にあるだけのものは、どのフォントでもハネるようです。
cf.「翊」「鶲」「煽」「翅」「翔」「翁」…

②「戳」
戳

「HGP行書体」を除き、全てハネていません。
「羽」の下に繞以外のものがあるときは、基本的にはハネないようです。
cf.「醪」「褶」…

③「擢」
擢

こちらも「HGP行書体」を除き、全てハネていませんが、異体字の「擢󠄀」になるものもあるようです。
ちなみに、「MS(P)ゴシック」「MS(P)明朝」「メイリオ」で、「擢」(羽)「擢󠄀」(ヨヨ)の両方の表示ができました。

④「翫」
翫

バラバラ…(汗)
「MSゴシック」で「羽」となる字で、ここまで「ハネる/ハネない」のバラつきがあるのはこれだけでしょうか。
また、「羽」のものと「羽」のものが両方とも複数あるのもこれだけですね。
なぜか、他の字では全てハネている「HGP行書体」で、これだけはハネていません(笑)

⑤「習」 ⑥「翠」 ⑦「翼」
習
翠
翼

「羽」の下に繞以外のものがあるときは、バラバラなようです。
しかも、三つともパターンが違っていますね(汗)
ちなみに、「翌」は「習」と同じでした。

ハネ以外の部分に注目すると、「HGP行書体」は「羽」の漢字も「羽」の形になっているようです。

「漢字ペディア」では、「メイリオ」というフォントで表示されていると思いますが、①⑤⑥⑦はハネていて、②③④はハネていません。
(漢検漢字辞典第二版のフォントは「メイリオ」では無いですが、①~⑦の「ハネる/ハネない」は一致しています。)
「メイリオ」の法則は比較的分かりやすく、
A.「羽」の場合はハネる。…例:「翔」「翠」
B.「羽」の下に何も無い、又は繞(ニョウ)の一部が下にあるものはハネる。…例:「翊」「鶲」「煽」「翅」
C.「羽」の下に繞(ニョウ)以外のものがあるとハネない。…例:「擢」「褶」「謬」
となっているようです。
(全てをチェック出来てはいないと思うので、例外を見つけた場合是非教えてください。)
上で見てきた通り、「ハネ」をそこまで気にしなくても良いのかもしれませんが、迷った場合は、この法則で書けば良い…かな?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad