漢検1級模擬試験倉庫

文章題書き取り問題その8

火曜日にもお伝えした通り、金曜日も「文章題書き取り問題」を出題します。
火曜日よりも難易度は高くなっておりますので、ご注意ください。



文章題書き取り問題(選択形式)です。

語群(1~5):[こうぎょこりょふれいほうらつれんびん]

◇仕えの女腹から出た定明は、父の歿後、母の許すところとなり引き取られて育ったが、異常な野性と、(1.)の気性は経之とはまるで違った性格をひらいて見せた。動物にたいする(2.)の欠乏は勿論、仕えの女たちへのしばしばの乱行もそうなら、碗をもって酒食らうことも殆ど町方破落戸とえらぶところがなかった。…(中略)…
 定明は自分の生い立ちを知ることと、彼自身の放蕩無頼とはよく調和されているほど、反省も(3.)もしなかった。肉体にくいこんでいる母のあおぐろい血は、彼に何のわざわいを見せつけるのか、彼はひまさえあれば、北のやかたで飲酒にふけっていた。
(室生犀星「野に臥す者」より)

◇人々は尾州藩の方から伝達された左の掲示の前に立った。
「公方様、御(4.)御座遊ばされ候ところ、御養生かなわせられず、去る二十日卯の上刻、大坂表において(5.)遊ばされ候。かねて仰せ出だされ候通り、一橋中納言殿どの御相続遊ばされ、去る二十日より上様と称し奉るべき旨、大坂表において仰せ出だされ候。」
(島崎藤村「夜明け前」より)

<ヒントの表示(1~5)>

語群(6~10):[かいようこうぞうざんきしょういとうろ]

◇縁側の前には、葡萄棚があって、斜坂の紅葉や稚樹を透かして、渋谷方面の林だの丘だの水車だのが一目に眺められた。…(中略)…そこに――このさびしい丘の上の家に、かれは、お信さんにわかれた後の恋の(6.)を医していたのであった。(田山花袋「丘の上の家」より)

◇古従(よ)り(7.)者古今一世の人物にあらざれば、衆賢の批評に当たる者あらず。計らずも拙老先年の行為に於いて御議論数百言御指摘、実に(8.)に堪えず、御深志忝く存じ候。
 (9.)は我に存す、毀誉は他人の主張、我に与らず我に関せずと存じ候。各人へ御示し御座候とも毛頭異存之無く候。…(中略)…
 拙、此の程より所労平臥中、筆を採るに懶く、乱筆御(10.)を蒙り度く候。
(勝海舟「瘠我慢の説」より)

<ヒントの表示(6~10)>



<解答の表示>


関連記事

コメント

やった~

こんにちは

火曜日より難しいとのことでしたのでドキドキしていました。

文章の相性が良かったです!

週末はなるべく時間をとって数学やります!

漢字は貴ブログの出題と、ツイッターで出題される問題しか出来ていません・・
大丈夫なのだろうか・・・
でも数学間に合わないし・・・

出来る限りやるしかありませんね。
ありがとうございました。

  • 2019/05/24(金) 10:37:07 |
  • URL |
  • rikuroku #-
  • [ 編集 ]

漢字は完璧ですね

rikurokuさん、コメントありがとうございます。
全問正解、流石です👏

漢字の方は何の問題も無いと思いますが、殆ど準備無しで受けるのは不安かもしれませんね…。
流石に焦らなければ大崩れはしないはずですので、多少のど忘れは仕方がないと開き直っていれば大丈夫なのではないでしょうか。

その分(?)数学には力を入れたいところですね。
こちらも残り一ヶ月を切った頃だと思いますが、焦らず1つ1つ進めていってください。

こちらこそありがとうございました(^^)/

  • 2019/05/24(金) 11:29:41 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad