漢検1級模擬試験倉庫

(かんけんいっきゅうもぎしけんそうこ):漢検ブログの一。模擬試験を作成,公開している。略称,模試倉庫。

謎解き その5

いや~台風凄かった…(汗)
こちらはピークを過ぎましたが、これから接近する地域の方は十分にお気を付けください。

さて、本試験が近づくと出す暇も無さそうなので、今のうちに謎解き記事を一つ。
海岸を歩くカップルが見つけたものとは…?



海岸をデート中のマサキ君とナギちゃん。

マサキ「名も知らぬ遠き島より流れ寄る木片三つ~♪」
ナギ「えっ、突然歌い出したかと思ったら、何その歌詞?(笑)それって、本当は『椰子の実一つ~♪』でしょ?」
マサキ「ははっ、そうなんだけど、ほら、これ見て」

三つの木片

ナギ「あっ、本当だ木片三つ…流れてきたのかな?…ん?何か書いてある?」
マサキ「うん。漢字に、カタカナ…これはアルファベットかな?」
ナギ「何かの暗号?『ノクー』は読めるけど、『イタティー(イ田T)』???あと一つは全く読めない」

暫く考え込む二人。

マサキ「あっ、何か分かったかも…これは、アレアレの一部だったんじゃないかな?」

さて、マサキ君は何か分かったようですが、この三つの木片は一体何を表しているのでしょうか?
(マサキ君の言う通り、答えから二通りの解釈が出来ます。)


ヒント1:木片の端の部分をよく見ると、何かに気付くかもしれません。


ヒント2:答えは漢字1字です。


ヒント3:「ノク-」、「イ田T」、「|大亅」の順番に木片を縦に並べてみると…?

コタエはこちら↓



木片の上辺や下辺を見ると、凹凸の一致しそうなところがあると思います。
(画像を回転させたときに大きさが変化してしまったので、恐らくピッタリとは一致しませんが…(苦笑))

凹凸を合わせてみると、「ノク-」「イ田T」「|大亅」の順番に並んで、以下のようになります。

衡

「衡」の字が現れました。

よって、正解は「衡」でした。
いくつかの読みがありますが、モノの名前としては、「くびき」「はかり」と読めます。
マサキ君の言う、「アレアレの一部」とは、「くびきはかりの一部」ということでした。



さて…謎は解けましたか?
ちなみに、「木片」→「木ヘン」→「木偏(きへん)」ということで、二人の名前を木偏の漢字「柾(まさき)」「梛(なぎ)」から取りました^^

漢検ブログなので念のため…問題文に出てきた「椰(やし)」と「梛(なぎ)」は似ているので気を付けましょう。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad