漢検1級模擬試験倉庫

準1級熟語対策 語選択問題その3

「準1級熟語対策」シリーズの語選択問題です。(詳しくはコチラ



語選択問題です。

1.君主の世継ぎ。皇太子。
2.詩文の添削。
3.陸と海とから兵糧を運ぶこと。
4.財産を使い果たすこと。
5.度重なること。

語群:[かくがたんできちょしてんそう
 とうじんとれつふせいるじ]

6.天子がお忍びで出かけること。
7.みだらな俗曲。
8.国をひらきはじめること。
9.ねんごろで手厚いこと。
10.学問や芸術における指導的団体。

語群:[えいらんえんしゅつかんりんいんせきじゅ
 ちょうこくていせいゆうあくりょうじょ]

<ヒントの表示>




<解答の表示>


関連記事

コメント

当たった!

おはようございます。

3.この言葉は知らなかったけど当たりました~
意味からすると歴史小説なんかに普通に出てきそうだけどな~
知らなかったな~

まあ「てん」はこれだろう。「そう」で船関係は~~~これか!?みたいな感じです。

「てん」に陸上運送の意味があるのを初めて知りました。
考えたこと無かったけど「運転」もそういう意味かな~

勉強になりました。
ありがとうございました。

  • 2019/04/24(水) 09:34:12 |
  • URL |
  • rikuroku #-
  • [ 編集 ]

「転」の意味

rikurokuさん、コメントありがとうございます。
今週はノーミス続きで絶好調ですね!

「転漕」の使用例は青空文庫には1つしか見つかりませんでしたが、あの武将が敵に塩を"転漕"していました(笑)

「転」の「陸上輸送」という意味は私も驚きましたが、この字単独でその意味を載せている辞典は見つかりませんでした。
もしかしたら、「転漕」という熟語の中での意味なのかもしれません。
「運転」も、機械を働かせる「運転」の意味が先で、それを乗り物にも当てはめた使い方ではないでしょうか…?

気になるので、後でもう少し調べてみたいと思います。
こちらこそありがとうございました。

  • 2019/04/24(水) 11:23:20 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad