漢検1級模擬試験倉庫

28-1について

漢検辞典初版をゲットしました^^
とりあえず、「その4」「その5」を確認したところ、
初版に無い読みでの出題がいくつか見つかりました(泣)
意外と初版は訓読みが少ないという印象ですね。
第二版の訓、たくさん覚えたのになぁ…(苦笑)

さてさて、今更という感じではありますが、少し28-1の本試験の話をしたいと思います。
といっても、問題を見た訳では無いので、みなさんのブログやコメントを見ての感想です。



・難易度の変動に関して

27-2や27-3が易化し、28-1が難化したので、
「難易度を一定にするつもりはないのか」という批判があるようですが、
模試作りをしている人間からすると、そこは大目に見てあげてほしい所です(笑)
何度も言っているように、難易度調整は本当に難しいですから…(汗)

・「賛襄」について

「賛襄」…いずれ模試で出題しようと思っていた言葉です。
本試験で先に出されてしまうと、出題し辛くなるので、少しショックを受けました(苦笑)
(実は、「鰆・椹」「居諸」も出題しようと思ってストックしていました(泣))

数年前から注目していたので、難問と言われていることに驚きました。
ネットの辞書だと「襄」のつく熟語がこれくらいしか見つからないので、
ネットを学習に利用している人向けの問題だったのかも…?

・出題形式の変更について

こちらは更にショックでした(大笑)
理由は説明しなくてもいいですよね(苦笑)

ちなみに、キリのいい「その11」から新たな形式にしようと思っています。



さて、感じたことはこれくらいでしょうか…。

ちなみに現在、28-2を受検するかどうか迷っています。
思っていたより、弊ブログをご覧の方が増えてきているので、
自分は受検せず、受検される方のための記事を出すことに集中するのもアリかなと思っています。
どうしよっかなぁ~(迷)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad