漢検1級模擬試験倉庫

漢音と呉音のパターン

漢字の音読みと一口に言っても、「呉音」「漢音」「唐音」「慣用音」…と様々あってややこしいですね。
そこまで理解はしていないのですが、基本的には「漢音」で読んでおけばOKの場合が多いと思います。
(勿論、例外は沢山あります。)

とはいえ、何が「漢音」かを一つ一つ覚えるのも大変なので、ある程度の手がかりがあると便利ですよね。
そこで手がかりとして、「漢音」と「呉音」のパターンでよく見られるものを、思いつく限り挙げてみようと思います。

ネットで探せば分かりやすいサイトが見つかりそうなものですが、こういうのは自分で探すのが楽しいものなので(笑)、私個人のメモのような形で書かせていただきます。
専門的に正しいことを知りたい場合には、検索するなどして調べていただければと思います。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。



以下、「ヂ」=「ジ」、「ヅ」=「ズ」と考えます。
歴史的に見れば「呉音→漢音」の順で書くべきだと思いますが、漢音を重視する観点から「漢音→呉音」の順で書いています。
ここでは、漢音と呉音は「Wiktionary」を参考にしています。

◇頭音の変化

・「B/M」型
(漢音がB音から始まり、呉音がM音から始まる)

<例>
幕:バク/マク
万:バン/マン
未:ビ/ミ
猫:ビョウ/ミョウ
武:ブ/ム
望:ボウ/モウ

・「D/N」型
(漢音がD音から始まり、呉音がN音から始まる)

<例>
内:ダイ/ナイ
而:ジ(ヂ)/ニ
女:ジョ(ヂョ)/ニョ
粘:デン/ネン

・「清/濁」型
(漢音が清音から始まり、呉音が濁音から始まる)

<例>
拾:シュウ/ジュウ
道:トウ/ドウ
伴:ハン/バン
貧:ヒン/ビン
伏:フク/ブク
駢:ヘン/ベン

◇脚音の変化

A.漢音が直音、呉音が拗音で始まるパターン

・「エイ/ヨウ」型
(漢音が「ei」で終わり、呉音が「you」で終わる)

<例>
影:エイ/ヨウ
京:ケイ/キョウ
性:セイ/ショウ
丁:テイ/チョウ
兵:ヘイ/ヒョウ
命:メイ/ミョウ
令:レイ/リョウ

加えて、呉音が頭音が濁る場合もあり
形:ケイ/ギョウ
静:セイ/ジョウ
病:ヘイ/ビョウ

・「エキ/ヤク」型
(漢音が「eki」で終わり、呉音が「yaku」で終わる)

<例>
役:エキ/ヤク
逆:ゲキ/ギャク
尺:セキ/シャク
嫡:テキ/チャク
歴:レキ/リャク

加えて、呉音が頭音が濁る場合もあり
寂:セキ/ジャク
闢:ヘキ/ビャク

・「アク/ヤク」型
(漢音が「aku」で終わり、呉音が「yaku」で終わる)

<例>
客:カク/キャク
百:ハク/ヒャク

加えて、呉音が頭音が濁る場合もあり
白:ハク/ビャク

B.漢音が拗音、呉音が直音で始まるパターン

・「ヨ(?)/オ(?)」型
(漢音が「yo(?)」で終わり、呉音が「o(?)」で終わる)

<例>
挙:キョ/コ
御:ギョ/ゴ
興:キョウ/コウ
仰:ギョウ/ゴウ
初:ショ/ソ
装:ショウ/ソウ
触:ショク/ソク
呂:リョ/ロ
糧:リョウ/ロウ
緑:リョク/ロク

加えて、呉音が頭音が濁る場合もあり
極:キョク/ゴク
続:ショク/ゾク

・「ユウ/ウ」型
(漢音が「yuu」で終わり、呉音が「u」で終わる)

<例>
有:ユウ/ウ
九:キュウ/ク
州:シュウ/ス
留:リュウ/ル

加えて、呉音が頭音が濁る場合もあり
求:キュウ/グ
厨:チュウ/ズ(ヅ)

・「ヨク/イキ」型
(漢音が「yoku」で終わり、呉音が「iki」で終わる)

<例>
色:ショク/シキ
力:リョク/リキ

加えて、呉音が頭音が濁る場合もあり
直:チョク/ジキ(ヂキ)

C.その他のパターン

・「ツ/チ」型
(漢音が「ツ」で終わり、呉音が「チ」で終わる)

<例>
八:ハツ/ハチ
逸:イツ/イチ
吉:キツ/キチ
七:シツ/シチ
律:リツ/リチ
越:エツ/エチ
血:ケツ/ケチ
節:セツ/セチ

加えて、呉音が頭音が濁る場合もあり
達:タツ/ダチ

・「オウ/ウ」型
(漢音が「ou」で終わり、呉音が「u」で終わる)

<例>
句:コウ/ク
腫:ショウ/シュ
僂:ロウ/ル

加えて、呉音が頭音が濁る場合もあり
弘:コウ/グ
頭:トウ/ズ(ヅ)
奉:ホウ/ブ
頌:ショウ/ジュ

・「エイ/アイ」型
(漢音が「ei」で終わり、呉音が「ai」で終わる)

<例>
済:セイ/サイ
帝:テイ/タイ
礼:レイ/ライ

加えて、呉音が頭音が濁る場合もあり
弟:テイ/ダイ

・「イン/オン」型
(漢音が「in」で終わり、呉音が「on」で終わる)

<例>
音:イン/オン
金:キン/コン
品:ヒン/ホン

加えて、呉音が頭音が濁る場合もあり
勤:キン/ゴン

・「アン/エン」型
(漢音が「an」で終わり、呉音が「en」で終わる)

<例>
簡:カン/ケン
眼:ガン/ゲン
山:サン/セン

加えて、呉音が頭音が濁る場合もあり
患:カン/ゲン

・「エン/オン」型
(漢音が「en」で終わり、呉音が「on」で終わる)

<例>
怨:エン/オン
献:ケン/コン
言:ゲン/ゴン

加えて、呉音が頭音が濁る場合もあり
権:ケン/ゴン

◇その他

・「二重変化」型

<例>
米:ベイ/マイ (「B/M」+「エイ/アイ」)
矛:ボウ/ム (「B/M」+「オウ/ウ」)

・「イ/ユイ」 <例>遺、唯、惟

・「カ/ケ」 <例>化、仮、家

・「カイ/エ」 <例>会、回、壊

・「カイ/ケ」 <例>怪、芥、懈

・「サ/シャ」 <例>砂、叉、紗

・「シュ/ス」 <例>主、須、朱

・「ハン/ボン」 <例>煩、凡、犯

・「ホ/フ(ブ)」 <例>布、補、歩



音を伸ばしたり短くしたりする変化も併せることで、あてはまる場合もあります。
例えば、「庫(コ/ク)」なら…
→(伸ばして)→コウ→(「オウ/ウ」の変化で)→
「奴(ド/ヌ)」なら…
→(伸ばして)→ドウ→(「D/N」の変化で)→ノウ→(「オウ/ウ」の変化で)→

他にも色んなパターンがありそうです。
何か気づいたことがあれば、追記するかもしれません。

歴史的仮名遣いで考えれば、違った纏め方もできるかもしれませんね。
また、同じ音符を持つ漢字を合わせて考えれば、違った見方もできそうです。

記事は以上です。
繰り返しになりますが、専門的なことはよく分かっておりませんので、鵜吞みにはしないようお願いします。
関連記事

コメント

・・勉強になりもうした。

碧水会で中国の方に伺ったところ「読み」は今なお変化しとるようです。漢詩でも韻を踏んでいる箇所が現代人には「?」なんということもあるとか。

そちらの気候はいかがですか。
三寒四温の時節ももうすぐでしょうか。

  • 2019/02/17(日) 10:05:39 |
  • URL |
  • ボクちゃん #7mio2xcs
  • [ 編集 ]

読みの変化

ボクちゃん先生、コメントありがとうございます。

中国では漢字の読みに、色んな変化があるんですね。
ひらがなのような純粋(?)な表音文字が無いことも影響しているのでしょうか…?
韻が分からなくなってしまうのは残念な感じもしますね。

こちらは大して寒くもならず、比較的過ごしやすい日が続いています。
来週からは気温が急に上がるようですので、体調の変化にはお気を付けください。
どうもありがとうございました。

  • 2019/02/17(日) 11:29:59 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する