漢検1級模擬試験倉庫

熟字訓・当て字書き取り問題 その2

熟字訓・当て字の書き取り問題です。

1.ソヨカゼが風鈴を僅かに揺らす。
2.カジ職人が刀を作る。
3.酒に酔ってヨロめき歩く。
4.茶寿のお祝いにヤシャゴも集まった。
5.タイマツで辺りを照らす。
6.金のワラジで尋ねる。
7.状況にフサワしい言葉を選ぶ。
8.美しい所作に思わずミトれる。
9.妊婦が激しいツワリに襲われる。
10.世に悪がハビコる。
11.大きなシメナワが掛かっている。
12.引く手アマタの人気者である。
13.イシコロを蹴飛ばして歩く。
14.マスラオ振りの和歌を味わう。
15.立ちっぱなしで足がムクむ。
16.チャブダイを囲んで団欒する。
17.思春期の子供がニキビを気にする。
18.ハシカが再び流行する。
19.カワラケで酒を飲み交わす。
20.リリしい顔つきをしている。



<解答の表示>


関連記事

コメント

戦風

こんにちは

なかなか難しいですね。
しょっぱな「そよかぜ」
そよぐ?戦ぐ?「戦風」
漢字に直したら明らかにおかしい(笑)
熟字訓なのを思い出して書き直し。

一文字ではなく熟字訓で考える訓練になります。

ありがとうございました。

  • 2019/02/28(木) 10:28:36 |
  • URL |
  • rikuroku #-
  • [ 編集 ]

パッと見「陣風」っぽいですね(笑)

rikurokuさん、コメントありがとうございます。

問題はランダムに並び替えて出題していますが、毎回しょっぱなが「ん?」となる問題になってしまっていますね(苦笑)

「微風」は広辞苑だと「戦ぐ風」という説明もあるので、「戦風」も強ち間違いではないかもしれませんね。
見た目のイメージがあまりに違うので、定着はしていないようですが💦

こちらこそありがとうございました(^^)/

  • 2019/02/28(木) 11:10:59 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する