漢検1級模擬試験倉庫

H30-2試験データ

もう次の試験の直前ですが、前回H30-2の試験データが公表されました。
試験から108日で出されましたが、前回の110日より2日早い公表です。

気になる1級の合格率は7.4%でした。
過去の記事での「平均点は高めに出るが、合格率は伸び悩む」という予想は当たったと言えそうですが、その後合格報告を幾つかいただいていたので、ここまで合格率が伸びていないとは思わず、少し意外な結果でした。

平均点に関する記事では、一部の平均点から合格率を推測して「7.7%」と計算しましたが、データが少ない割には近い値になりましたね(笑)

ここ十数回分のデータは以下の通りです。

H22-1~H30-2データ

こうして合格率を見ると、易化すると10%を超え、難化すると5%台まで落ち、という状態を繰り返していたので、今回は難易度の調整が上手くいった回だったのかもしれませんね。

他のデータで気になったのは志願者数の低さです。
遡って調べてみると、HPにデータが出ている平成19年度以降で最低を記録しています。
第三回は志願者数が減りやすいので、次回は更に最低を更新してしまうかもしれませんね…。

一方で、前回に続いて棄権率が低めなのは朗報です。
それにより志願者数は最低でも、受検者数は最低になりませんでした。
インフルエンザが流行しているので、次回は上がってしまうかもしれませんが、今後も出来る限り低めに推移していってもらいたいものです。



十分低い合格率なので、普通に考えれば、次回の試験の難易度を上げる理由は無いと思いますが、果たしてどうなるのか、とても気になりますね。
どのような難易度であったとしても、1問1問集中して取り組むことに変わりはありませんので、受検される方には落ち着いて取り組んでいただきたいと思っています。
関連記事

コメント

新元号は?

こんにちは。

30-2は全体の問題が分からないため難易度掴めませんが、
難しめだったんですね。

今の自分なら、不合格になりそうです(^^;)

話変わりますが、
平成30年度出題の、過去問集の予約が開始されました。

これまで「平成◯◯年度版」とされていたのが、
「2019年度版」になっていました。

ついに、元号の使用を諦めることになったようです。

来年以降、新元号を冠するのかは謎ですが、
統一性がなくなるから、そのままかな?とも思います。

合格証書からも元号表記が消えそうな予感がしますが、
元号は割と好きなほうなので、採用してほしいなと思っています。

  • 2019/01/31(木) 13:09:01 |
  • URL |
  • まさ #f67BpHN6
  • [ 編集 ]

元号の危機?

まささん、コメントありがとうございます。
前回の試験は難しかったようですね。
問題を改めて見てみると、確かに簡単ではない感じもしました。

年度表記に関しては、漢検HPでも「2019年度」という言葉が使われていますね。
新たな元号が発表されないので仕方のないことではありますが、折角新たな元号になっても使われなくなってしまいそうで勿体ない感じもしますね。

元号表記でないとすると、今後の直前模試のタイトルなどにも影響してくるので、発表後にどうなるかはとても気になるところです。
好き嫌いは特にありませんが、新元号を採用して貰えた方が、私としては助かります(笑)

コメントどうもありがとうございました。

  • 2019/01/31(木) 13:52:24 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad