漢検1級模擬試験倉庫

復習模擬試験その4(記事版)

「復習模擬試験その4」の問題と解答です。(ヒントはありません。)
問題文などは省略しておりますので、形式等にご注意ください。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。



(一)
1.金銀を象嵌した瓔珞が朝暉に煌めく。
2.駿馬が聿皇として馳せる。
3.曩祖の倨慢が裔胄にまで累を及ぼす。
4.儲弐を懐孕せば更に寵幸を受くべし。
5.姑息な対応の積み重ねが咎殃を招く。
6.鷁舸泛泛として溟海に漂う。
7.流木が隈澳へ流れ込んだ。
8.帝に巾幗婦人の飾を贈る。
9.猊下の賜いし箴言を心中に鐫録せり。
10.人員を考績幽明し、魁首を甄抜す。
11.寒蜩樹に躋りて鳴けり。
12.膾炙と羊棗と孰れか美なる。
13.蓼虫葵菜に徙るを知らず。
14.嶮隘なる道を驀進する愚を譏笑す。
15.仁君は黎首の雍らぎたるを欣覩す。
16.胥吏丞掾に叙任せらるるを冀う。
17.宰相痼疾急変して薨去す。
18.尭舜は黴瘠し、禹は胼胝す。
19.宮室を卑くして力を溝洫に尽くす。
20.皇祚に莅臨して聖諭を渙発す。
----------------------------
21.麦稈で屋根を葺く。
22.椅子をめたが、早々に立ち去った。
23.悲惨と苦悩とのの下に繫がれる。
24.道に沿っての木が並ぶ。
25.礼にい世辞目なき才物たりしと見ゆ。
26.思えばわれはの石に砕けし欠片なり。
27.彼の説明はいかにもち信じがたい。
28.心らかに祈りを捧げる。
29.でも落ちたように一瞥もしない。
30.種種の術、くして究むべからず。
 
(二)
1.魏魏たる岩山をトウハンする。
2.何かがヒョウイしたように騒ぎ出した。
3.恋人たちがササヤき合っている。
4.口内のウシの有無を調べる。
5.山奥のヒナびた旅館に泊まる。
6.彼はヒョウキン者として知られる。
7.好きな歌の歌詞をソラんじる。
8.クンジョウ剤で殺虫する。
9.茄子のヘタを切り落とす。
10.ここを進出のキョウトウホとする。
11.コズルい作戦を立てる。
12.王は破門され、王位もチダツされた。
13.多数の案をフルイに掛けて候補を絞る。
14.ダカン紙幣の発行を取り止める。
15.タガネで金属を削る。
16.貴人がウンゲンベリの畳に座る。
17.数々の無礼に対し、カンジョを乞う。
18.童男カンジョに簡単な漢字を教える。
-----------------------------------
19.真っ赤なオドシの鎧を装着する。
20.彼の最後の舞台をシカと見届ける。
 
(三)
1.ほどこして救うこと。
2.同列のもの。たぐい。なかま。
3.泣き叫ぶこと。
4.こびへつらうこと。
5.身分に過ぎたことをすること。
 
ごうこく、じっこん、しんじゅつ、てんゆ、
ひりん、ほうらつ、ゆえつ、れんびん
 
(四)
問1
1.(   )附耳
2.(   )不朽
3.(   )巻舒
4.(   )迂遠
5.(   )相待
6.三世(   )
7.物論(   )
8.縞衣(   )
9.断章(   )
10.子墨(   )
 
いっさん、えいすい、えんきょく、かつもく、ききん、
ごうごう、しゅぎ、じょうそく、せいき、とごう
 
問2
1.親孝行をすることのたとえ。
2.常に身辺に注意し慎むべきである。
3.政界の最高幹部のこと。
4.天子が政務にいそしむこと。
5.身のほどをわきまえず、思い上がる。
 
三槐九棘、伏寇在側、伯兪泣杖、千金弊帚
宵衣旰食温凊定省、破戒無慙、高車駟馬
 
(五)
1.麦酒
2.紙撚
3.猟虎
4.水狗
5.茱萸
6.香具師
7.三角楓
8.六月雪
9.天糸瓜
10.玉環菜
 
(六)
ア 1.嬌娃 … 2.嬌かしい
イ 3.訶咄 … 4.訶る
ウ 5.脩迥 … 6.迥か
エ 7.惶怛 … 8.怛む
オ 9.稠縟 … 10.稠る
 
(七)
1.傭役
2.倹約
3.足蹠
4.詳緻
5.拓落
 
6.扶桑
7.展墓
8.鴻荒
9.軍勢
10.穎脱
 
かくしゅ、ぎょうそ、しょうきん、しりょ、すいこ、
せんきょう、そうたい、そほん、とうえい、ろちょう
 
(八)
1.ケンテキ岩を穿つ。
2.サイは投げられた。
3.羊頭を懸けてバホを売る。
4.チンヨウの影再び改まる。
5.後生畏るべし、来者い難し。
6.ショウを乞いて酒を得る。
7.年寄の言う事と牛のシリガイは外れない。
8.痛処にシンスイを下す。
9.キンカ一日の栄。
10.ホウロクの一倍。
 
(九)
A 嗚呼、先生は我が国の聖人なり。その碩徳偉業、宇宙にア.炳琅として内外幾多の新聞皆口を極めて讃称し、天下の人の熟知するところ、予が1.チョウチョウを要せず。…(中略)…
 予が新銭座の宅と先生の塾とは2.シセキにして、先生毎日のごとく出入せられ何事も打ち明け談ずるうち、イ.に幕政のウ.敗頽を嘆じける。(木村芥舟「瘠我慢の説 -福沢先生を憶う-」より)
 
B わが東京の市内に残りし古碑エ.断碣、その半ばは癸亥の歳の災禍に烏有となりぬ。山の手の寺院にあるもの、幸いにして3.ブバの災いを免かれしといえども、移り行く世の気運は永くオ.市廛繁華の間に金石の文字を存ぜしむべきや否や。…(中略)…
 4.レンコクの下巡邏を見ざること数日に及べり。市民各その欲する所をカ.にする事を得たりしかば、南岳白日衣をまとわず釣り竿を肩にして桜田門外に至りキ.を御溝(おほり)に垂れて連日鯉魚十数尾を獲て帰りしという。(永井荷風「礫川徜徉記」より)
 
C 記者が彼に於いて見たる人格には、胆識5.ユウマイ、覇気人を圧する大隈伯の英姿なく、聡敏闊達、才情円熟なる伊藤侯の風神なく、其の清癯(せいく)孤峭にして、6.ギヨウのク.端愨なる、其の弁論の直截7.メイセキにして而も謹厳なる、自ら是れ義人若くは愛国者の典型なり。…(中略)…
 顧みれば彼の出発点は軍人にして、中ごろ改革家と為り、国会論者と為り、政党の首領と為り、終には社会改良家と為りて、最も平和なる生涯に入る。是譬えば8.キュウタン変じて激流と為り、更に変じて静流と為り、而して後一碧洋々たる湖沼と為れるが如し。…(中略)…
 故に彼は一方に於いては藩閥を攻撃すると共に、一方に於いては又屢々衆議院の行為を非難したりき。前伊藤内閣の第四議会と衝突するや、紛争に始まりて紛争に終わり、九旬の会期唯怒罵ケ.忿恚の声を以て喧擾したるに過ぎざりき。是他なし、内閣は常に9.ケイチョウ驕傲にして責任を顧みず、常に10.コンリョウの袖下に隠れて衆議院を威嚇せんとするあり、衆議院は噪暴急激にして沈重なる思慮を欠き、動もすれば上奏権を仮りて内閣にコ.らんとするあり、其の行動両つながら極端に失して一点和協の意なければなり。(鳥谷部春汀「明治人物月旦(抄)」より)



<解答の表示>


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する