漢検1級模擬試験倉庫

1級初合格までの道のり

昨日に引き続き、アンケートの第二弾を実施してみました。

内容は、「何回目の受検で漢検1級に初合格したか?」というものです。
ツイッターは4択までしか選択肢が作れないので、2つのツイートに分けて8つの選択肢で質問しました。

結果は「続きを読む」をクリックしてご覧ください。



アンケートのツイートはこちらです。


2つのグラフの総票数が異なるので、このままではよく分からないと思います。

両方をあわせて集計すると以下の通りです。

初合格までの受検回数

おおよその平均を計算すると約5.2回でした。
(複数に跨る範囲は平均値を使い、「15回以上」の方は「15回」として計算しています。)

最頻値は「3回目」です。
(かなり低いと思われますが、4回目または5回目も最頻値になる可能性はあります。)
1回目と2回目の受検で何となくの難易度を摑んで3回目に合格する、というパターンの方が最も多いという感じでしょうか。

とはいえ、約半数は4回以上かかっていて、初受検からも年単位の期間を費やしていることになります。
特に、10回以上不合格になっても諦めずに挑戦を続けて合格を掴み取られる方も決して少なくはありません。
皆さんのその熱意には本当に頭が下がりますし、長年の努力を想像するだけで胸に迫るものがありますね。

前回のアンケートと合わせると、漢検1級合格の大変さがよく分かる結果となりました。
初合格を目指す方にとっては、厳しい現実を突きつけられたように感じられたかもしれませんね…。

ただ、初合格までの道のりが長かった方も多くいらっしゃるということで、不合格が続いていても、決して諦める必要が無いということは、分かっていただけたと思います。
焦らず無理の無いペースで、学習を続けて行っていただきたいと思っています。

今回も、あまりの厳しさに受検を断念される方が出ないことを祈っています。

最後に、今回もご回答いただいた皆さん、どうもありがとうございました。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad