漢検1級模擬試験倉庫

模擬試験その43(記事版)

「模擬試験その43」の問題と解答です。(ヒントはありません。)
問題文などは省略しておりますので、形式等にご注意ください。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。



(一)
1.巫覡の修祓により殃禍を禳う。
2.庖厨にて多くの婢妾がを拵える。
3.些些たる雲罅に皎き仙娥を見る。
4.矜恤の情極まりて啾啾と哀哭す。
5.眼前翳ること鬱乎たるの如し。
6.煤埃繽紛と舞い、満座の七竅に入る。
7.細瑕を厭うは釣鼇の客にあらず。
8.黄白を婪りて、讖術を以て騙取す。
9.毫楮を以て筆誅し、兵戟を遏めんとす。
10.知音の中夭を怛み、薤露の歌を贈る。
11.夕暉の影や漣猗の音に羇愁を感じる。
12.梵閣の隅に蘚むした石龕が立つ。
13.俘虜を訊鞫するも緘黙して語らず。
14.鴉鬢の少艾も軈て霜鬢の老媼となる。
15.人情澆薄にして、紛擾悖焉と起きたり。
16.なる社鼠を廟堂より排す。
17.宿雨崖崟に降り、飛泉となりて瀉下す。
18.驀進すれども道遐迥なれば至らず。
19.秕政を格さざれば孼い荐仍す。
20.酳酬を重ねて藹然と款語す。
----------------------------
21.己の智をりて他を蔑する勿れ。
22.追い詰められて自らを突く。
23.さずして疆界に着きぬ。
24.多くがの手紙であると判明した。
25.の如く人馬が頻繁に往来する。
26.性質の怜悧なることはかに候。
27.黒くたい豆を播く。
28.美しく絵付けされたを蒐集する。
29.田を作るに先ずを除くべし。
30.らわしの人の心やと言い罵れり。
 
(二)
1.有望な新人がスイセイの如く現れた。
2.被災地のガレキを撤去する。
3.聞きカジった知識を自慢げに話す。
4.放たれた砲弾がサクレツする。
5.杯のヨレキまで舐めて味わった。
6.試合は延長戦にモツれ込んだ。
7.両者シノギを削って実力を伸ばした。
8.栄養不足により骨ソショウ症を患う。
9.ノシを付けてお歳暮を贈る。
10.本音をトリに隠して胡麻を擂った。
11.指をクワえて待ってはいられない。
12.双方の話は契合し何のケイテイもない。
13.構ってほしくて駄々をねる。
14.不意のチンニュウ者に注目が集まった。
15.飛行機のソウジュウカンを握る。
16.コメビツの蓄えが底を突く。
17.火傷で出来たスイホウを針で潰す。
18.スイホウを焚き上げ、敵襲を知らせる。
----------------------------
19.彼女の我が儘がシャクの種である。
20.イスカの嘴の如く食い違う。
 
(三)
1.悪い物事が猛威をふるうこと。
2.村里。いなか。
3.物事の本質を見抜く能力。
4.職責を果たさず給料を取ること。
5.時期を得ず世に隠れた英雄のたとえ。
 
いっせきがん、しょうけつ、しろく、ぞうり、
ちつりょう、どうじゃく、びらん、りょこう
 
(四)
問1
1.(   )荊棘
2.(   )艶質
3.(   )落溷
4.(   )江雲
5.(   )執鋭
6.獅子(   )
7.哀糸(   )
8.嫗伏(   )
9.一望(   )
10.雕文(   )
 
いじゅ、けんし、ごうちく、こくる、ついいん、
どうだ、はくと、ひけん、むぎん、よういく
 
問2
1.咀嚼反芻無しに真の理解は得られない。
2.きな臭く緊迫した状況。
3.容姿の美しい者。特に、美少年。
4.無能の人をあざけっていう語。
5.友人や兄弟が仲良く睦まじいこと。
 
冢中枯骨、剣抜弩張、夜雨対牀擲果満車、
渾崙吞棗雪魄氷姿、頑迷固陋駟介旁旁
 
(五)
1.水鶏
2.糸葱
3.壁虎
4.裳層
5.翌檜
6.御内儀
7.蛇舅母
8.八仙花
9.繡眼児
10.七五三縄
 
(六)
ア 1.偃柝 … 2.偃せる
イ 3.歃血 … 4.歃る
ウ 5.遨怡 … 6.遨ぶ
エ 7.韜韞 … 8.韞める
オ 9.乖舛 … 10.舛く
 
(七)
1.晩暮
2.掣肘
3.庸俗
4.若僧
5.浄界
 
6.追従
7.擒縦
8.勅諚
9.消耗
10.雁帛
 
えど、がぎょ、けつじん、しゅんぼう、しんめい、
そうぎょ、てんゆ、ふえき、りんめい、ろうのう
 
(八)
1.同じ穴のムジナ
2.トウソ魚肉の際。
3.金のワラジで尋ねる。
4.セイショウ我意に任す。
5.グウ断えて糸連なる。
6.リョウチュウ葵菜に徙るを知らず。
7.猛虎の猶予するはホウタイの螫を致すに如かず。
8.トシャは藿(かく)を羹にす。
9.下種も三食ジョウロウも三食。
10.ハンカン苦肉の計。
 
(九)
A 室に、玉鳳は鈴を含み、金竜は香を吐けり。窓にア.くるもの列銭のイ.青瑣なり。素き柰(からなし)、朱き李、枝撓(たわわ)にしてウ.に入り、妓妾白碧、花を飾って楼上に坐す。其の宗室を会して、長夜の宴を張るに当たりては、金瓶、銀榼(ぎんこう)百余を陳ね、1.メノウのエ.酒盞、水晶の鉢、瑠璃の椀、琥珀の皿、いずれも工の奇なる中国未だ嘗てこれあらず、皆西域よりオ.す処。2.フコの内には蜀江の錦、呉均の綾、氷羅、罽氈(けいせん)、雪穀、越絹挙げて計うべからず。王、ここに於いて傲語して曰く、我恨むらくは石崇を見ざることを、石崇も亦然らんと。(泉鏡太郎「唐模様」より)
 
B 寤果たして寤か、寐果たして寐か、我是を疑う。深山夜に入りてカ.あり、人間昼に於いて声なき事多し。キ.むる時人真に寤めず、寐る時往々にして至楽の境にあり。身体四肢必ずしも人間の運作を示すにあらず、別に人間大いに施為するところあり。ひそかに思う、終に寤めざるもの真の寤か。終に寐せざるもの真の寐か。此の境に達するは人間の容易く企つる能わざるところなり。
 愛すべきものは夫故郷なるか、故郷には名状すべからざるチヤームの存するあり。風流3.ガカクを嘲るもの、邦家を知らざるの故を以て彼等をク.せんとする事多し。故郷は之邦家なり、多情多思の人の尤も邦家を愛するは何人か之を疑わん。孤剣提げ来りて以太利の義軍に投じ、一命を悪疫に委したるバイロン、我之を愛す。請う見よ、羅馬死して羅馬の遺骨を幾千万載に伝え、死して猶死せざる詩祖ホーマーを。邦家の事ケ.んぞ長舌弁士のみ能く知るところならんや、別に4.マンコウの悲慨を涵(たた)えて、生死悟明の淵に一生を憂うるものなからずとせんや。(北村透谷「富嶽の詩神を思ふ」より)
 
C かくして同日午後六時、まさしく欧州最北の岬端ノールカップに着す。即時上陸。コ.千仞の巌頭5.キツリツして頭上に懸かる。6.ジョウサクにたすけられて断崖十余町を7.じ、さらに峰頭一マイルを歩すれば茶店に達す。夏時、観光客の休憩にあつるものなり。その傍らに一碑あり、ここにて一望すれば北極までも眼中に入るべし。ただし、西北二方面は蒼溟茫々、いずれの所に尽くるを知らず。この地、北緯七十一度十一分に位し、実に欧州の極北なり。東方にはさらに一岬の突出せるを見る。しかして、後方の連山は白雪なお8.ガイガイたり。風光雄大、眺望9.ゼッカ、これに加うるに満目凄涼10.ショウサツの趣ありて、太古の海山に接するの思いあり。その壮快実に極まりなし。(井上円了「南半球五万哩」より)



<解答の表示>

関連記事

コメント

文章題!

模擬試験43挑戦しました。
(一)悖焉 はいえん ×
(二)操縦かん 管 ×
(四)ひけん執鋭 披剣 ×
(七)擒縦 ≒ 〇御 書けずに ×
   雁帛 ≒ 〇魚 書けずに ×
(八)セイショウ我意に任す 知らず×
(九)富賈 雅楽 縄柵 絶下 全て×
後はつまらない誤答です。
で、175点でした。
私には何と高得点!!
倉庫さんの模擬試験をさせていただいたおかげと感謝しています。
ありがとうございました。

  • 2018/12/24(月) 08:49:46 |
  • URL |
  • eccoty #-
  • [ 編集 ]

模擬試験 制作後記

模擬試験の制作後記 カテゴリーのなかにあったのですね~
嬉しくて1~27まで印刷して(ここで昼食の支度)沁み沁み読ませていただきました。spaceplus さんのドキドキ感がひしひしと伝わりました。こんなにご苦労なさって模試を制作なさっていることを知り、これから大見出し・分野別など集中して再挑戦します。感謝をこめて。

  • 2018/12/24(月) 09:04:31 |
  • URL |
  • eccoty #-
  • [ 編集 ]

重ねて感謝です

eccotyさん、挑戦およびコメントありがとうございます。
勿体ないミスもあったようですが、それでも素晴らしい得点ですね^^

・「駕御/駕馭」…意外に難問だったようですね。
1級熟語でも、下級字に書き換えられるものは盲点になりやすそうなので、今後チェックしてみたいと思います。

・「盛昌」…これはどうやら超難問のようですね💦
ただ、どちらの字も「さか(ん)」の読みなので、一度見ておけば覚えやすいものだと思います。

書かれている誤答の問題は、殆どが+αの範囲のものだと思いますので、より基礎的な範囲の対策が功を奏しているのを感じますね。
過去の拙模試を取り組んでいただいたことにも本当に感謝しております。

制作後記も読んでいただいて、恐縮です。
初期の頃の内容は、今見ると恥ずかしいものが多いですが💦、参考になれば幸いです。

こちらこそどうもありがとうございました😊

  • 2018/12/24(月) 10:42:19 |
  • URL |
  • spaceplusKK #hHfHWlpo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する